carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年10月31日

BMW 1 シリーズに最新ナビゲーションとiDrive を設定

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、BMW 1 シリーズ(5 ドア)、クーペ、カブリオレに最新のナビゲーション・システムとiDrive を設定し、価格据え置きで、全国のBMW 正規ディーラーにて、10月30日より発売開始。
BMW のエントリー・モデルとして2004 年に発売を開始したBMW 1 シリーズは、本年2月にクーペ、3 月にはカブリオレを追加し、ラインアップを充実させると共に、セグメント唯一の後輪駆動モデルとして、日本におけるプレミアム・コンパクト・セグメントを牽引しています。
今回、BMW 1 シリーズ用のナビゲーション・システムと新世代のコントロール・システムであ
るiDrive を一新し、操作性・視認性を飛躍的に向上させます(最新のナビゲーション・システ
ムとiDrive は、従来通り、BMW 130i(5 ドア)およびBMW 135i クーペに標準装備、その他
のモデルではオプション装備となります)。
【最新ナビゲーション・システム】
目的地入力、ルート設定、地図表示機能を拡張したナビゲーション・システムであり、従来の
システムに比べ、ドライバーからの視認性が飛躍的に向上しています。さらに新しい高解像
度画面は高いクオリティの画質を提供。
大型化された8.8 インチ・ワイド・コントロール・ディスプレイは、ダッシュボード上方に組み込
まれているため、運転中の視線の移動が最小限ですみ安全性を向上させていると共に、ダッ
シュボードと一体感のあるインテリア・デザインを実現。
また、この新型ナビゲーション・システムはミュージック・サーバーの機能もあわせもっており、
CD チェンジャーの容量をはるかに超え、ハードディスクに音楽CD 約220 枚分*を保存することができます(*: CD 1 枚あたり60 分で計算)。
【新型iDrive への変更。飛躍的に向上した操作性の実現】
2002年に現行BMW 7シリーズに初めて導入され、その斬新なコンセプトと優れた操作性で高い評価を得ている新世代の操作システムiDriveコントローラを人間工学的に最適化すると同時に、すばやく直感的にメニュー画面を呼び出すことができ、ブラインド操作が可能なダイレクト・メニュー・コントロール・ボタンをコントローラ周囲に設置しました。使用頻度の高い機能へダイレクトにジャンプできるこの機能により、さらに走行中のドライバーのための機能性と操作性を向上させています。
(BMW オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,970,000円〜5,600,000円
20081031_2.jpg
posted by Carmode at 18:45 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダ、欧州で開催される「JAPAN CAR」展に「マツダ ロードスター」を出展

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、11月1日から11月9日までパリの科学産業博物館「Cité des Sciences et de l’Industrie」で、さらに11月29日から2009年4月19日までロンドンの科学博物館「Science Museum」で開催される「JAPAN CAR」展へ、「マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)」の現行モデル1台を出展する。
「JAPAN CAR」展は、日本の文化や日本独自の優れたデザイン、技術を欧州で紹介することを目的に、「デザイン・プラットフォーム・ジャパン」などにより初めて開催されるデザイン展で、今回は日本車が題材に選ばれた。日本車の特徴となっている「小ささ」「環境」「移動する都市細胞」をテーマとし、日本の自動車メーカー7社と著名なアーティストの参加によって、合計14台の車両などが展示される。
(マツダ オフィシャルHP)
20081031_1.jpg
posted by Carmode at 18:44 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

新型軽自動車SUV「KIX(キックス)」を発売

日産自動車株式会社は、新型軽自動車SUV「KIX(キックス)」を、10月30日より全国一斉に発売する。
今回発売する「キックス」は、商品コンセプトを『Small but reliable partner』とし、あらゆるシーンでドライビングの楽しさを満喫でき、人生のフィールドをアクティブに広げる人たちが、快適で便利に使えるクルマを目指した。なお、「キックス」は、三菱自動車工業株式会社よりOEM供給を受けるモデルである。
<車両概要>
1.デザイン
●縦のラインとガンメタリック塗装でタフな顔つきを演出するフロントグリル
●ボリューム感のあるカラードバンパー
●燃料携行予備タンクをモチーフにした背面スペアタイヤハーフタイプハードカバー
●スポーティで洗練された印象のブラックモノトーンインテリア
●ブラック地にブルーのポイントをあしらったスポーティなシート地
●全6色のボディカラー
2.メカニズム
●2WDと4WD間の切り替えがトランスファーレバーで簡単に操作でき、高い走破性を可能にしたイージーセレクト4WD
●直列4気筒SOHC16バルブ4A30インタークーラーターボエンジン搭載
●ワイドトレッドとロングホイールベースによる直進安定性の高さと優れた乗り心地の実現
●フロントはストラット式、リヤは5リンクコイルスプリング式サスペンションを採用
●コンパクトボディと縦置きエンジンの採用により、最小回転半径4.8mの小回り性能を実現
3.快適性/実用性
●十分なロードクリアランス(アプローチアングル38°、デパーチャーアングル46°、最低地上高195mm)と大径15インチタイヤによる悪路走破性の高さ
●アイポイント地上高1399mmにより、大きな前方後方視界を確保した運転のしやすさ
●豊富な収納スペース
●便利で機能的なシートアレンジ&ラゲッジスペース
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,402,800円〜1,591,800円
20081030_1.jpg
posted by Carmode at 19:41 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型「フェアレディZ」の写真を公開

日産自動車株式会社は、12月に発表する新型「フェアレディZ」の写真を公開した。
「フェアレディZ」は1969年の発売以来、世界中で販売され、親しまれているスポーツカーである。同社は12月、6年ぶりに新型の「フェアレディZ」を発売する予定であるが、それに先立ち、エクステリア、インテリアの写真を公開した。
同時に、新型「フェアレディZ」の情報をお知らせする「新型フェアレディZ情報サイト」を立ち上げ、発表までの間、随時情報を更新していく。
「新型フェアレディZ情報サイト」のアドレスは以下の通り。
http://www.nissan.co.jp/Z/NEW/
なお、「フェアレディZ」は、海外では「370Z」として販売され、北米仕様については11月19日、ロサンゼルスオートショーでデビューする。
(ニッサン オフィシャルHP)
20081030_2_1.jpg 20081030_2_2.jpg 20081030_2_3.jpg
posted by Carmode at 19:39 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プレサージュ」「ラフェスタ」の仕様を向上

日産自動車株式会社は、「プレサージュ」「ラフェスタ」の仕様を向上し、11月1日より全国一斉に発売する。
今回の仕様向上では、一部グレードについて、人気装備や安全装備を標準設定し、装備の充実を図った。
<プレサージュ>
カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)装着車にETCユニットを標準設定とした。また、一部グレードにオプションで設定していたプラズマクラスターイオンフルオートエアコン、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム、SRSカーテンエアバッグシステムを全車標準装備とした。
<ラフェスタ>
「ハイウェイスター」グレードに、リモコンオートスライドドア(助手席側)、インテリジェントキー+エンジンイモビライザーを標準装備した。またカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)装着車にETCユニットを標準設定するとともに、運転席・助手席SRSカーテンエアバッグシステムを全車標準装備とした。
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,567,250円〜3,139,500円(プレサージュ)/ 1,905,750円〜2,535,750円(ラフェスタ)
20081030_3_1.jpg 20081030_3_2.jpg
posted by Carmode at 19:37 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニバン『デリカD:5』 特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を発売

三菱自動車は、『デリカD:5(ディーファイブ)』の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を10月30日(木)から全国の系列販売会社より発売する。
特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」商品概要
<エクステリア>
●「G-Navi package」をベースに、チタン調メッキを施した専用フロントグリル、メッキ仕様のドアハンドルやドアミラーを採用
●「地球」をイメージするデザインを取り入れた新エンブレムと、フランス・シャモニー地方の「地図」を取り入れた大型サイドデカールを装備
●ボディカラーは、「地球とのつながり」をテーマに、大自然の雄大さや爽快なイメージを表現した新色のライトブルーメタリックを採用。ラインナップは 2トーン3色(ライトブルーメタリック/ミディアムグレーマイカ、ウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック、クールシルバーメタリック/ミディアムグレーマイカ)とモノトーンが1色(ブラックマイカ)の合計4色を設定
<インテリア>
●室内は、インパネセンターパネルやグローブボックスなどに木目調パネルをふんだんに施し、さらに、専用の本木目&本革巻ステアリングホイールを採用
<機能・装備>
●簡単に最適なドライビングポジションを調整できる、便利なパワーシートを運転席に、また、シートをすばやく暖めるシートヒーターを運転席と助手席に標準装備
●バッテリー容量アップなどの寒冷地仕様、キャビン全体を速やかに暖めることが可能な速暖式リヤヒーター
●後席ドア両側に電動スライドドア
●夜間や霧中の視認性を高めて安全なドライビングをサポートするフォグランプ
●HDDナビゲーション(MMCS)と、簡単操作が可能なタッチパネル方式の地上デジタルTVチューナー
●料金履歴がナビゲーションのディスプレイで確認できる、機能的なビルトインETC
●携帯しているだけでドアの施錠・開錠やエンジン始動が可能なキーレスオペレーション システムを採用し、複数の方が運転する場合や緊急時を想定してキーレスオペレーションキーを2つ標準装備した。
●DVDプレーヤー内蔵の後席9インチワイド液晶ディスプレイをメーカーオプション設定
(三菱自動車 オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,060,750円〜3,386,250円
20081030_4_1.jpg 20081030_4_2.jpg
posted by Carmode at 19:35 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

特別仕様車 スバル レガシィ「Smart Selection」を発売

富士重工業は、スバル レガシィシリーズに特別仕様車「Smart Selection」を設定し、10月29日より全国スバル特約店を通じて発売する。
今回発売する「Smart Selection」は、レガシィ ツーリングワゴン/B4の「2.0i」、「2.5i」、「2.0GT」、および、アウトバック「2.5i」をベースに、スポーティな色調を持つ専用シート表皮を特別装備するとともに、一部の仕様装備を変更。また、全グレードに、ビルトインHDDナビゲーションを装備する「Smart Selection plus HDD Navi」をメーカー装着オプションで設定。
ツーリングワゴン/B4「2.0i Smart Selection」は、HIDロービームランプ、専用デザインのアルミホイール、濃色ガラスなどメーカー装着オプションや専用装備を充実。
ツーリングワゴン/B4「2.5i Smart Selection」、「2.0GT Smart Selection」、および、アウトバック「2.5i Smart Selection」は、一部の付加価値装備を変更することで、ベース車に対し価格をおさえた。
【ツーリングワゴン/B4 「2.0i Smart Selection」の主な特別装備】
●専用シート表皮
●HIDプロジェクターロービームランプ
●16インチアルミホイール(12本スポーク)
●運転席8ウェイパワーシート
●スポーツリフレックスメーター
●UVカット機能付き濃色ガラス
●クリアビューパック
【ツーリングワゴン/B4 「2.5i Smart Selection」、「2.0GT Smart Selection」、アウトバック 「2.5i Smart Selection」の主な仕様装備】
●専用シート表皮
●HIDプロジェクターロービームランプ
●運転席8ウェイパワーシート
●フルオートエアコン(クリーンフィルター付)
●エレクトロルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付)
●SI-DRIVE[SUBARU Intelligent Drive]
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,142,000円〜3,102,750円
20081029_2.jpg
posted by Carmode at 18:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別仕様車 スバル レガシィ「Premium Leather Limited」を発売

富士重工業は、スバル レガシィ シリーズに特別仕様車「Premium Leather Limited」を設定し、10月29日より全国スバル特約店を通じて発売する。
今回発売する「Premium Leather Limited」は、レガシィ ツーリングワゴン/B4「2.5i」、「2.0GT」、および、アウトバック「2.5i」、「2.5XT」をベースに、落ち着きのある色合いのブリックレッド(レンガ色)の専用本革シートを採用するとともに、ピラートリム、ルーフトリムをブラックで統一。そのほか、クロームモール付のサイドスカートやSRSサイド&SRSカーテンエアバッグを装備し、上質感を演出するとともに安心感を高めた。
また、全グレードに、専用オーディオ一体型HDDナビゲーションシステム、LEGACYマッキントッシュサウンドシステムをメーカー装着オプションで設定。
【レガシィ「Premium Leather Limited」の主な特別装備】
●ブリックレッドレザーシート(フロントシートヒーター付)
●ブラックインテリア(ピラートリム、ルーフトリム)
●アルミ調加飾付本革巻ATセレクトレバー
●アルミパッド付スポーツペダル[アクセル、ブレーキ、フットレスト]
●SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ
●助手席8ウェイパワーシート[前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング](ランバーサポート付)
●クロームモール付カラードサイドスカート
●17インチアルミホイール(ハイラスター塗装)
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,735,250円〜3,648,750円
20081029_1.jpg
posted by Carmode at 18:07 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

スマート フォーツー特別仕様車を限定発売

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、スマート フォーツーの特別仕様車「フォーツー クーペ エディション10」を、10月28日より全国のスマート正規販売店を通じ限定発売します。(全国限定 90台)
本特別仕様車はフォーツー クーペをベースに、パッケージオプション(12スポークアルミホイール、本革巻ステアリング&シフトノブ、フロントフォグランプ、電動調整ヒーテッド ドアミラー、グローブボックス、ラゲッジルームカバー)、コックピットクロック&レブカウンターのほか、専用スピーカーシステムや専用エンブレム(テールゲート、フューエルリッド)を装備し、スマートらしい個性と楽しさが溢れるモデルに仕上がっています。
さらに、ご購入者にはオリジナルのロゴを刻印したiPod nano (アップル社製:8G、ブラック)を、スマートの誕生10周年を記念した特別の映像を添えて進呈します。
(スマート オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,880,000円
20081028_2.jpg
posted by Carmode at 18:34 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カローラアクシオならびにカローラフィールダーをマイナーチェンジ

TOYOTAは、カローラアクシオならびにカローラフィールダーをマイナーチェンジし、全国のトヨタカローラ店を通じて、10月28日より発売した。
今回のマイナーチェンジでは、カローラアクシオならびにカローラフィールダーの内外装を変更したほか、リヤシートベルトバックルを自立式とすることで使用性を向上させている。また、一部グレードにおいて、一部装備を標準装備からオプション設定に変更するなど、お客様の選択肢を、より広げる装備設定とした。
<カローラアクシオ>
フロントグリル、 マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、リヤコンビネーションランプの意匠を変更するとともに、外板色にダークレッドマイカ、ブラックマイカなど新色3色を設定。また1.8Lエンジン搭載車では、冬季や冷房使用時に冷えやすい肩や腰、大腿部を効果的に温めることができる快適温熱シートを運転席に採用したほか、本革巻き4本スポークステアリングホイールへ木目調加飾を追加するなど、より上質感を演出している。さらに、装備をビジネスユースに絞り込んだ X“ビジネスパッケージ”を新設定している。
<カローラフィールダー>
フロントのグリル・バンパー・ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプの意匠を変更。さらにXとSの“AEROTOURER”では専用のフロントグリル・リヤコンビネーションランプを採用するとともにフロントスポイラーも変更し、一段とスポーティ感を強調した外観としている。また、外板色にゴールドマイカメタリック、ブロンズマイカメタリックなど新色3色を設定した。
あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施すとともに、フレンドマチック取付用専用車“タイプII”に操作性を向上させた新型専用運転席パワーシートを採用した。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,311,000円〜2,395,000円(カローラアクシオ)/ 1,511,000円〜2,257,500円(カローラフィールダー)
20081028_1_1.jpg 20081028_1_2.jpg
posted by Carmode at 18:32 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

メルセデス・ベンツ GLKクラス を発売

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデス・ベンツの新型プレミアムコンパクトSUV「GLKクラス」を導入し、10月24日より発売します。
メルセデス・ベンツ GLKクラスは、メルセデス・ベンツのSUVラインアップに新たに加わった、市街地走行からオフロードまで、ゆとりある優れた走行性を発揮する四輪駆動パワー トレインを、力強い個性的なデザインのコンパクトボディに凝縮した新型SUVモデルです。
【新型GLKクラスの主な特徴】
●力強く個性的なスクエアデザインのスタイリング
−スクエアなフォルムと、大型のスリーポインテッドスターを配した3フィンフロントグリルや大型エアインテークにより、精悍で存在感のあるフロントビュー、大型リアコンビネーションランプやスクエアタイプのツインクロームエグゾーストエンドによる、ダイナミックで安定感のあるリアデザイン
●市街地で高い機動性をもたらすコンパクトなボディサイズ
−市街地での取り回しのよさ、駐車の容易性をもたらす、4,530mmという短い全長と見切りの良いスクエアデザイン
−乗用車並みの乗降性と荷物の出し入れを容易にする、SUVとしては低めに設定された全高。低重心による安定したコーナリング性能を実現。
●快適なオンロード性能と走破性の高いオフロード性能を両立するシャーシとパワートレイン
−最高出力231馬力/最大トルク300N・mを発生する3.0リッターV型6気筒エンジンを搭載。メルセデス独自の電子制御7速オートマティックトランスミッション7G-TRONICとの組み合わせにより、優れた燃費効率とスムーズな加速、ゆとりある走行性能を実現。
−前後サスペンションには、走行状況に応じて減衰特性が変化する「セレク ティブダンピングシステム」や、車速に応じてステアリング操作トルクを調節する「パラメーターステアリング(車速感応式パワーステアリング)」を装備し、俊敏性と快適性という相反する走りの性能を高次元に両立した、革新の「AGILITY CONTROL(アジリティコントロール)」を採用。
−フルタイム4WDシステム「4MATIC」を採用(前後トルク配分45:55)するとともに、4ESP(4エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)や4ETS(4エレクトロニック・トラクション・システム)によりタイヤの空転や横滑りなどを制御し、さまざまな路面状況において優れた走行安定性と、オフロードでの高い トラクション性能を実現。
●メルセデスの基本的価値である安全性・快適性・機能性の充実
−メルセデス・ベンツが体系化した包括的安全コンセプト「PRO-SAFE(プロセーフ)」を採用。事故を未然に防ぐESP®やブレーキアシストをはじめ、 危険な状況を察知するとただちに乗員保護の措置をとるPRE-SAFE(プレセーフ)、新装備SRSニーバッグを含む9つのエアバッグやベルトフォース リミッター付シートベルトテンショナー、NECK PROアクティブヘッドレストなど、最高レベルの安全装備を採用
−あらゆる走行状態でヘッドライトの照射をコントロールし、最良の視界を 確保する3つの機能を備えた可変式ヘッドライトシステム「インテリジェントライトシステム」を標準装備。
−緊急ブレーキ時にブレーキライトが点滅し、後続車両に急減速・停車を 知らせるアダプティブブレーキライトを装備
−HDDナビゲーション、地上デジタル放送対応テレビ、音楽CDを録音するミュージックレジスターやBluetooth対応携帯電話ハンズフリー機能などを統合したCOMANDシステムを装備
−最大積載容量1,550リットル(VDA測定方式による)と、2:1分割可倒式リアシートによる実用性の高いラゲッジルームを確保
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで6,750,000円
20081024_2.jpg
posted by Carmode at 18:26 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルセデス・ベンツ Mクラス を大幅改良

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、プレミアムSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)のパイオニア、「メルセデス・ベンツ Mクラス」を大幅改良し、10月24日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを 通じ発売します。
今回の改良では、外観のデザインを見直し、より精悍でダイナミックなスタイリングになりました。
内装は、パドルシフト付4スポークステアリングホイールを採用、またセンターコンソールにはHDDナビゲーション、地上デジタル放送(12セグ)対応テレビ、音楽CDを録音するミュージックレジスター等を統合したCOMANDシステムを搭載し、利便性と機能性が大幅に向上しています。さらに、キーを携帯しているだけで、リモコン操作をすることなくドアの開錠/施錠、ボタンを押すだけでエンジン始動ができるキーレスゴーをML 550 4MATICおよびML 63 AMGに標準装備しました。(ML 350 4MATICはオプション設定)。
安全面では、メルセデス・ベンツが体系化した包括的安全コンセプト「PRO-SAFE (プロセーフ)」を採用。事故を未然に防ぐESP®やブレーキアシストをはじめ、危険な状況を察知するとただちに乗員保護の措置をとるPRE-SAFE(プレセーフ)、新装備SRSニーバッグを含む9つのエアバッグやベルトフォースリミッター付シートベルトテンショナー、NECK PROアクティブヘッドレストなど、最高レベルの安全装備を採用して います。緊急ブレーキ時にブレーキライトが点滅し、後続車両に急減速・停車を知らせるアダプティブブレーキライトも装備しています。
またMクラスのトップパフォーマンスモデルであるML 63 AMGも大きな改良が加えられています。フロント部デザインを見直しより迫力を増すとともに、クロームパーツを多用しラグジュアリーな演出をしています。さらにクラス最大級の21インチ5ツインスポークアルミ ホイールがサイドビューに圧倒的な存在感を与えています。
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで7,560,000円〜14,900,000円
20081024_1.jpg
posted by Carmode at 18:24 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

スバルインプレッサWRX STI「STI 20th ANNIVERSARY」を発売

富士重工業のモータースポーツ専門会社であるスバルテクニカインターナショナルは、同社創立20周年を記念し、スバルインプレッサWRX STIに独自の特別仕様を施した限定車「STI 20th ANNIVERSARY」を発表し、10月23日より全国スバル特約店を通じ発売する。
 「STI 20th ANNIVERSARY」は、インプレッサWRX STIをベースに、STIがこれまでのモータースポーツ活動やスポーツパーツ開発などで培ってきたノウハウを活かし、サスペンションなどシャシーのチューニングを中心に専用の仕様装備を施したカスタマイズモデルである。
6月に発売された限定車「レガシィS402」のコンセプトを継承。特に、“曲がる楽しさ”にこだわり「匠のハンドリング」をテーマに開発した。専用の減衰特性を設定したサスペンションをはじめ、フレキシブルタワーバー、ピロボールタイプのリヤサスペンションリンクなどを採用するとともに、ブッシュ特性の変更に至るまで綿密なチューニングを実施。路面接地性に優れるベース車の素性を活かし、優れた旋回性とともに、しなやかな乗り味と粘り感を持つ走りを実現。
エクステリアには、専用のマットブラック塗装を施した大型ルーフスポイラー、STI製フロントアンダースポイラー、STI製18インチ鋳造アルミホイールを採用。また、インテリアには、チェリーレッドのステッチとSTIロゴをあしらった専用のRECARO社製バケットタイプフロントシート、STI製の本革巻シフトノブを装備。走りの機能性を高めるとともに、オーナーの所有感を満足させる演出を施した。
【インプレッサWRX STI 「STI 20th ANNIVERSARY」の特別装備】
●STI製チューニング・倒立式フロントストラット、STI製チューニング・スプリング
●STI製チューニング・リヤダンパー、STI製チューニング・スプリング
●STI製18インチ×8 1/2JJ鋳造アルミホイール&245/40R18タイヤ(ポテンザRE050A)
●STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク(ラテラルリンクフロント内側・ラテラルリンクリヤ内側)
●STI製フレキシブルタワーバー フロント
●STI製フレキシブルロアアームバー
●RECARO製バケットタイプフロントシート(STIロゴ黒刺繍、チェリーレッドステッチ入り)
●STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り)
●STI製本革巻MTシフトノブ(STIロゴ入り)
●アルミ製サイドシルプレート(STI 20th ANNIVERSARYロゴ入り)
●プレミアムアクセサリー:STI製本革アクセスキーカバー
●STI製フロントアンダースポイラー
●専用マットブラック塗装大型ルーフスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵)
●STI 20th ANNIVERSARY 専用エンブレム(リヤ)
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,126,500円(300台限定)
20081023_1.jpg
posted by Carmode at 21:21 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱自動車、『コルト』、『コルトプラス』を一部改良

三菱自動車は、コンパクトカーの『コルト』、コンパクトワゴンの『コルトプラス』に、新グレード「COOL Very(クール ベリー)」を設定するとともに、『コルトプラス』の2輪駆動車で、10・15モード燃料消費率を0.2km/L向上させるなど一部改良し、それぞれ10月23日(木)から全国の系列販売会社より発売する。
新グレードの「COOL Very」は、オートライトコントロールや、クリーンエアフィルター付オートエアコン等の機能や装備が充実したグレード「Very(ベリー)」に、タコメーターや視認性の良いハイコントラストメーター、本革巻きステアリングホイールを追加し、さらに、スタイリッシュなブラックインテリアを採用した。
尚、今回『コルト』のフロントデザインを『コルトプラス』と統一して、より上質な外観としたほか、一部のグレードで機能や装備を充実した。
一部改良内容
<エクステリア>
●『コルト』のフロントデザインを『コルトプラス』と統一
●「COOL Very」には、テールゲート下部に「COOL Very」専用バッジを採用
<インテリア>
●ブラックカラーのインテリアを新たに採用し、スタイリッシュな室内空間とした。(「COOL Very」)
<機能・装備>
●タコメーターと、視認性の良いハイコントラストメーターを新たに採用。(「COOL Very」)
●「1.5RX」に採用している上質な本革巻きステアリングホイールを標準装備。(「COOL Very」)
●スピーカーを4スピーカーとし、標準装備した。(「Very」「COOL Very」)
●ディスチャージヘッドライトを標準装備した。(「1.3RX」「1.5RX」)
●雨天時の視認性を高める親水&ヒーテッドドアミラーを標準装備した。(「Very」「COOL Very」)
<燃費向上>
●『コルトプラス』の2輪駆動車で、アイドル回転数の見直しとCVTのシフトパターンを変更することにより、10・15モード燃料消費率を0.2km/L向上させた。
これにより、平成22年度燃費基準15%を達成し、グリーン税制に適合した。
【『コルト』の2輪駆動車は平成22年度燃費基準20%を達成しており、グリーン税制に適合。(「1.5C」「Version-R」を除く)】
(三菱自動車 オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,249,500円〜1,984,500円(コルト)/1,407,000円〜1,764,000円(コルトプラス)
20081023_2_1.jpg 20081023_2_2.jpg
posted by Carmode at 21:19 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「フリーランダー2」の特別限定車を発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、エクステリアのスタイリングと装備を改良したフリーランダー2の特別限定車「HST」(限定25台)を2008年11月1日(土)より発売します。
今回の特別限定車「フリーランダー2 HST」は、2006年にレンジローバースポーツの特別限定車HSTバージョンをフリーランダー2にも設定したものです。
「フリーランダー2 HST」は、フリーランダー2 SEをベースにエクステリアにはHST専用キットを装着し、通常のモデルとは一目で違いが分かる、よりアグレッシブでダイナミックなスタイリングを実現しました。インテリアもHST専用のスポーティな印象に仕上げています。
<特別装備>
●HST専用 タングステン・フィニッシュ・グリル
●フルペイント・フロント/リア・アンダー・スポイラー
●フルペイント・サイド・シル・モールディング
●テールゲート・スポイラー
●ブライト・フィニッシュ・ツイン・エキゾースト・パイプ
●19インチ アロイホイール
●「HST」専用バッジ
●エボニーレザー&アルカンタラ・シート
●マトリックス・メタリック・トリム
●本革巻ステアリング・ホイール
<ボディカラー>
●サントリーニ・ブラック
●ゼルマット・シルバー
●ストーノウェイ・グレイ
(ランドローバー オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで5,700,000(限定25台)
20081023_3.jpg
posted by Carmode at 21:17 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィアット500に新たにスポーティーな2グレードを追加、販売を開始

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では、フィアット500に新たにスポーティーな2グレードを追加し、全国のフィアット正規ディーラーを通じて販売を開始します。今回販売が開始されるのは、1.4リットル直列4気筒DOHC16バルブエンジン搭載の、総排気量1,368cc、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション『デュアロジック』、3ドア、 右ハンドル仕様としたフィアット500 1.4 16V スポーツ (FIAT 500 1.4 16V SPORT) と、 その特別限定モデルであるフィアット500 1.4 16V スポーツ SS (FIAT 500 1.4 16V SPORT SS) の2車種です。
スポーツSSは10月25日(土)から、またスポーツは11月10日(月)からの販売開始となります。
今回販売が開始されるこれら2車種の最大の特徴は、『デュアロジック』のシフト操作をステアリング (レザーステアリング、オーディオコントローラー付) に装備されたパドルシフトによって行えることにあります。もはやハイパフォーマンスモデルには当たり前のように装備されるパドルシフトを『スポーツ』も装備したことによって、フィアット500のパフォーマンスを最大限に引き出しながらスポーツドライビングを楽しむことができます。
その他、『スポーツ』だけに与えられた装備は、リアルーフスポイラー、鮮やかなレッドにペイントされたブレーキキャリパー、『スポーツ』専用デザインのファブリックシートとメーターパネルなどが挙げられ、使い勝手の良さを損なうことなく、スポーツマインドを掻き立てるスポーティーな仕上がりとなっています。
また、これら2車種の相違点として『フィアット500 1.4 16V スポーツ』には15インチの、『フィアット500 1.4 16V スポーツ SS』には16インチの、それぞれ専用デザインのアロイホイールが与えられています。
さらに、特別限定車の『フィアット500 1.4 16V スポーツ SS』では、ボディーカラーに鮮やかなトロピカリア イエロー (509) を設定し、自由ではつらつとした仕様となっています。
(フィアット オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,430,000円 (フィアット500 1.4 16V スポーツ)/2,490,000円 (スポーツ SS 100台限定)
20081023_4.jpg
posted by Carmode at 21:15 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

スズキ、「マジャールスズキ社」製の新型コンパクトカー「スプラッシュ」を発売

スズキ株式会社は、新型コンパクトカー「スプラッシュ」を10月21日より発売する。
「スプラッシュ」は、ハンガリーの製造子会社である「マジャールスズキ社」で生産し、日本に輸入して発売するスズキ初の自社ブランドの輸入車である。2007年9月のフランクフルトモーターショーで発表し、2008年春より欧州各国で販売を開始しました。
「スプラッシュ」は、スイフトのプラットフォームを基に欧州で徹底した走りこみを行い、エンジン、車体、足回り、シートなどを開発。世界に通用するしっかりした走りと快適な乗り心地を目指した。さらに、充実した安全性能に加え、日本仕様には優れた燃費と力強く滑らかな走りを両立するCVT (自動無段変速機) を採用した。
また、走りと同様に欧州で作りこんだ若々しいスタイリングの外観デザインは、コンパクトでありながら背高の車体を生かした広々とした室内空間を実現し、乗りやすさと扱いやすさ、使い勝手の良さを兼ね備えている。加えて、シンプルでモダンな内装には、斬新かつカラフルなデザインを採用してドライブの楽しさを演出。自分の時間も友人・家族との外出も楽しみたい女性ユーザーやエントリーユーザーを中心ターゲットとした、様々なライフスタイル、シーンに対応するスマートでおしゃれなコンパクトカーである。
(スズキ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,239,000円
20081021.jpg
posted by Carmode at 17:35 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

(株)光岡自動車がNOUERA 6-02 (ヌエラ6-02) 「特別仕様車」 を発売

(株)光岡自動車は、台数限定の特別仕様車NOUERA 6-02(ヌエラ 6-02) 「スタイリッシュエディション」 と 「ナビエディション」 を2008年10月20日(月)より全国一斉発売します。
今回発売する「スタイリッシュエディション」「ナビエディション」は人気の高いオプションを標準装備にした台数限定の特別仕様車です。特別仕様内容は下記の通りです。限定台数はセダン・ワゴンそれぞれ20台です。
NOUERA 6-02(ヌエラ 6-02)は、コンパクトサイズでありながら、存在感・高級感を持ち、手作りならではの希少性と飽きのこないクルマとして1 台1 台大切にお届けしております。また、省エネと環境へも配慮した事で、より幅広いニーズへの対応を可能としたモデルです。
●車輌概要
≪ヌエラ6-02 セダン スタイリッシュエディション≫
◇特別装備品
・ウッド調パネル
・ウインカー付カラードドアミラー
≪ヌエラ6-02 ワゴン ナビエディション≫
◇特別装備品
・HDD ナビゲーションシステム (パナソニック製 40GB HDD )
(光岡自動車 オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,490,000円〜2,780,000円(スタイリッシュエディション)/ 2,510,000円〜2,740,000円(ナビエディション)
20081020_1.jpg20081020_2.jpg
posted by Carmode at 17:50 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

アルファ159とアルファ159スポーツワゴンの3.2リッターモデルにTI バージョンを新たに設定

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では、2008年11月1日(土)より、アルファ159と、ステーションワゴンのアルファ159スポーツワゴンそれぞれの3.2リッターモデルに、よりスポーティーな装備を充実させたTI バージョンを新たに設定し、全国のアルファ ロメオ正規ディーラーを通じて販売を開始します。
今回販売が開始されるのは、総排気量3,195cc、V型6気筒DOHC24バルブの直噴JTSエンジン搭載の、フルタイム4輪駆動『Q4』、シーケンシャルモード付6速電子制御式オートマチックトランスミッション『Q-トロニック』、右ハンドル仕様としたアルファ159 3.2 JTS Q4 Q-トロニック TI (Alfa 159 3.2 JTS Q4 Q-Tronic TI ) と、そのステーションワゴンモデルであるアルファ159スポーツワゴン3.2 JTS Q4 Q-トロニック TI (Alfa 159 Sportwagon 3.2 JTS Q4 Q-Tronic TI ) の2車種です。
アルファ159の3.2リッターモデルのTI バージョンは、従来のアルファ159 3.2 JTS Q4 Q-トロニック TI の装備や機能がアップデートされ、よりスポーティーで洗練された仕上がりとなりました。
今回販売が開始される両TI バージョンでは、従来のTI バージョンと同様、ローダウンタイプのスポーツサスペンションを装着し、235/40R19タイヤにTI 専用の19インチ・アロイ ホイールを組み合わせ、スポーティーな走りを実現しています。また、TI 専用のサイドスカート、鮮やかなレッド仕上げとしたブレーキキャリパー (フロントはブレンボ製) やアルミマット仕上げのヒーテッド電動ドアミラー、そしてTI 専用バッジなどが装着され、洗練されたエレガントなスタイリングの中にも、精悍でスポーティーなその特別な個性が主張されています。
(フィアット オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで5,650,000円(セダン)/ 5,830,000円(ステーションワゴン)
20081017.jpg
posted by Carmode at 18:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

オデッセイをフルモデルチェンジし発売

Hondaは、低床・低重心パッケージにより、低全高スタイルでミニバンを超越した走行性能を実現しながら、ゆとりの室内空間を持つとともに、マルチビューカメラシステムなどの先進・安全装備を搭載した新型「オデッセイ」を、10月17日(金)に発売する。また、福祉車両の「助手席リフトアップシート車」は11月13日(木)に発売する。
4代目となる新型オデッセイは、乗る人のこころをときめかせる「感性クオリティ」をコンセプトに「人とクルマの一体感」「全席の爽快感」「独自の存在感」を高次元で融合。見て、乗って、走って、あらゆるシーンで、人のこころに響く気持ちよさを目指して開発された。
2.4L DOHC i-VTECエンジンとトルクコンバーター付CVTにより、高い走行性能とクラストップの13.2km/Lの優れた燃費性能を両立している。さらにDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)の制御に加え、CVT、エアコンディショナーの作動を協調制御し、エンジン負荷を低減することで低燃費走行を支援する「ECONモード」を設定。環境意識の高まりによる低燃費走行への期待にも応えている。
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,590,000円〜3,610,000円
20081016_1.jpg
posted by Carmode at 18:24 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。