carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年11月10日

「エルグランド」の特別仕様車を発売

日産自動車株式会社は、「エルグランド」の特別仕様車「ハイウェイスター ブラックレザーナビエディション」ならびに「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」を、11月10日より全国一斉に発売する。
今回発売する特別仕様車「ハイウェイスター ブラックレザーナビエディション」は、「ハイウェイスター」のHDDナビゲーションシステムとダークシルバーエッジ付の黒本革・サプラーレ®シートなどを採用するモデルである。
また、レザー特別仕様車シリーズとして、シルバー、レッドに続き「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」を新たに設定した。本車両は、特別なエルグランドを演出することをコンセプトとしたモデルである。ダークブラウン色の本革・サプラーレ®シート、ブラッククオーツ調のインストパネル、電動カーテンなどを採用することにより、高級感溢れる特別仕様車とした。
なお、今回の特別仕様車発売と同時に、グレード体系および装備の一部見直しを行なった。
(日産自動車 オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,972,550円〜5,027,400円
20081110_1.jpg 20081110_2.jpg
posted by Carmode at 18:05 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

「ライフ」をフルモデルチェンジし発売

Hondaは、快適性と使いやすさを両立したパッケージに加え、軽自動車初のバックモニター付オーディオを標準装備とするなど、より運転のしやすさを向上させた新型「ライフ」を11月7日(金)に発売する。また、福祉車両の「助手席リフトアップシート車」は12月5日(金)に発売する。
新型「ライフ」は、生活の中で実感できる運転のしやすさと使い勝手のよさを追求した“デイリー・スマイル・テクノロジー”をコンセプトに、お客さんの立場に立って基本性能から改めて見直し、毎日を笑顔で過ごせる軽乗用車を目指し開発した。
バリエーションは、シンプル・モダンで実用的なGタイプ、軽快でスポーティなDIVAに加え、上品・上質でおしゃれなPASTELを新たに追加。
また、乗員の着座位置、衝突形態に幅広く対応する、世界初の運転席用i-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>を搭載するなど、高い安全性を実現している。
<だれもが楽に運転できること>
●大きなウインドウや細いピラーなどの採用による全方位360°良好視界
●軽自動車初のバックモニター付オーディオを標準装備
●駐車時の前後進を自動操舵とした進化型Hondaスマートパーキングアシストシステム
<快適さと使いやすさを極めたパッケージ>
●大人4人がゆったり座れる快適な室内空間
●視界のよさと乗降性を両立した運転席着座位置の設定
<機能性と心地よさを両立したインテリア>
●サイズと厚みを拡大し、柔らかな座り心地が体感できるリアシート
●アイテムごとに最適に配置した生活に役立つ多彩な収納
●お年寄りや子どもでも乗り降りしやすいセンターピラーグリップ
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで945,000円〜1,680,000円
20081106_1_1.jpg 20081106_1_2.jpg 20081106_1_3.jpg
posted by Carmode at 18:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シボレー、クロスオーバー・クーペコンセプト「GPiX」を発表

米ゼネラルモーターズ(以下「GM」)は、第25回サンパウロモーターショー(一般公開日:10/30〜11/9)においてクロスオーバー・クーペコンセプト、シボレー・GPiXを発表した。シボレー・GPiXはブラジルのGMデザイン部門が開発を担当。ブラジル・メルコスール(Mercosur:南米南部共同市場)地域におけるGMの新セグメント市場開拓の突破口として期待される。
GMラテンアメリカ・アフリカ・中東ゼネラルディレクター、カルロス・バーバは、「スポーティなデザインや優れた多用途性を持つシボレー・GPiXは、十分な最低地上高を確保するなど、おもな市場となる南米の地理的な特性に配慮した設計となっている」と語った。
シボレー・GPiXは、大胆なボディラインをはじめとするダイナミックで躍動感に満ちたスタイリングが特徴。シボレーの象徴であるゴールドのボウタイで彩られたフロントグリルをはじめ、LEDを備えたヘッドライトなど、華やかで個性的な演出を施している。車名の「GPiX」は、「Global Image(グローバル・イメージ)」を意識した造語で、「G」はグローバルを、「Pix」はpicture(絵)または「image(像)」を意味する。
(シボレー オフィシャルHP)
20081106_2.jpg
posted by Carmode at 18:03 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

スズキ、「エスクード」の特別限定車を発売

スズキ株式会社は、「エスクード」に特別限定車「2.4サロモン リミテッド」を設定し、全国1,000台限定で11月5日より発売する。
「エスクード 2.4サロモン リミテッド」は、フランスのスポーツ用品メーカー「サロモン」とタイアップし、電動サンルーフや撥水加工を施した専用シート表皮などを採用した、スキーやスノーボードなどウインタースポーツを楽しむユーザーを主なターゲットとした特別限定車である。
【2.4サロモン リミテッドの主な特別仕様・装備】
●電動サンルーフと、シルバー塗装を施したルーフレール
●専用フロントグリル[クロームメッキ]と、シルバーのフロントアンダースポイラー
●背もたれと座面に撥水加工を施した「SALOMON」ロゴ入りの消臭機能付専用シート表皮
●「SALOMON」ロゴ入りの専用フロントトレーマットと、リヤフロアマット
●左右フロントドアに「SALOMON」エンブレム、スペアタイヤハウジングに専用デカールを貼付
●軽量18インチアルミホイール
●ESP(R) を採用し、ヒルディセントコントロール、ヒルホールドコントロールを装備
●紺、黒、パールホワイト、グレーの全4色の車体色を設定
(スズキ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,362,500円
20081105_3.jpg
posted by Carmode at 17:55 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキ、「ジムニー」、「ジムニーシエラ」の特別仕様車を発売

スズキ株式会社は、「ジムニー」及び「ジムニーシエラ」に特別仕様車「ワイルドウインド」を設定し、11月5日から発売する。
「ワイルドウインド」は、アウトドアライフで快適に使える機能や装備を多数採用した特別仕様車である。
今回発売する「ワイルドウインド」は、防水機能を持つ人工皮革「ネオソフィール クオーレ(R) 」を使用した、黒地に鮮やかな赤色のアクセントが映える専用シートや、シートと色調を合わせた専用フロアマットなどのシックな印象の内装を採用。さらに、「ジムニー」は精悍な印象の専用フロントメッキグリル、「ジムニーシエラ」は個性的かつ力強い印象の専用フロントバンパーなどの外装を特長としている。
【ジムニー「ワイルドウインド」の主な特別仕様】
●専用フロントメッキグリル
●中央部にシルバー塗装を施した専用ルーフレール
●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
●フォグランプ、ガンメタリック塗装を施した専用アルミホイール、電動格納式ヒーテッドドアミラー
●左右フロントフェンダーに専用サイドエンブレムを採用
●「WILD WIND」ロゴ入りの専用スペアタイヤハウジング、専用フロアマット、専用ラゲッジトレーマット
●専用防水シート[WILD WINDロゴ入り]
●運転席・助手席シートヒーター
●レッドステッチ入りの本革巻ステアリングホイール
●カーボン調の専用センターガーニッシュとガンメタリック塗装の専用ATシフトノブ (AT車) 、専用ATシフトゲート (AT車)
●新色の濃紫「トワイライトパープルパール」を含む全4色の車体色を設定
【ジムニーシエラ「ワイルドウインド」の主な特別仕様】
●専用フロントバンパー
●ルーフレールの中央部にシルバー塗装を施した
●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
●左右フロントフェンダーに専用サイドエンブレム
●「WILD WIND」ロゴ入りの専用スペアタイヤハウジング、専用フロアマット、専用ラゲッジトレーマット
●専用防水シート[WILD WINDロゴ入り]
●レッドステッチ入りの本革巻ステアリングホイール
●カーボン調の専用センターガーニッシュとガンメタリック塗装の専用ATシフトノブ (AT車) 、専用ATシフトゲート (AT車)
●新色の濃紫「トワイライトパープルパール」を含む全4色の車体色を設定
(スズキ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,508,850円〜1,764,000円
20081105_2_1.jpg 20081105_2_2.jpg
posted by Carmode at 17:54 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ 米国SEMAショー出展車概要

アメリカン・ホンダモーターは、ラスベガスにて11月4日(火)から11月7日(金)まで開催されているSEMA(Specialty Equipment Market Association)トレードショーにおいて、2009年春に発売予定のアクセサリー用品や、空力パーツを装着したコンセプトモデルなどを公開した。
【主な出展車】
1.Fit Sport with MUGEN accessories
北米仕様フィットの「Sport」グレードに、2009年春より全米のHondaディーラーで発売予定のMUGEN製パーツを装着したモデル。個別購入が可能な、16インチアルミホイール、フロントスポーツグリル、フロントアンダースポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラー、スポーツサイレンサー、リアエンブレム、クイックシフター、シフトノブ、スポーツペダル、スポーツフロアマット、ミラーカバーなどのフィット用の用品を装着している。
2. Civic Honda Factory Performance(HFP)Concept
ホンダアクセスアメリカが、「燃費を犠牲にすることなくクルマの走行性能を引き上げたい」というお客様の要望に応えるために開発したコンセプトモデル。空力性能に優れたボディキット、エアロカバー付きの超軽量アルミホイール、軽量の排気システム、スポーツサスペンションキットを装着するなど、燃費と走行性能の両立を追求している。
3. Ridgeline Powersports Concept
リッジラインの荷台部分にHonda純正のモーターサイクル・ホイール・ガイドとベッド・エクステンダーを装着することで、オフロードバイク搭載時における機能性を向上させた。これらの用品は全米のHondaディーラーで購入が可能。また、このコンセプトモデルは、純正品のフロント・アクセサリー・グリルや、試作品のブラック塗装の18インチホイールを装着している。
(ホンダ オフィシャルHP)
20081105_1.jpg
posted by Carmode at 17:51 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

スバル ステラシリーズを改良

富士重工業は、スバルステラシリーズに改良を施し、11月4日より全国スバル特約店を通じ発売する。
今回の一部改良は、スバルステラシリーズ(ステラ/ステラカスタム/ステラリベスタ)のグレード展開の変更をはじめ、仕様装備の充実、新外装色の展開などを図った。さらに、2WD i-CVT車の自然吸気エンジンについては、平成27年度燃費基準達成により環境性能を強化している。
グレードについては、ステラに、DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載し、シンプルな装備と力強い走行性能を持つモデル「LS」を新たに設定。さらに、従来特別仕様車として設定していたカスタム「R Limited」、「リベスタS」を、好評につきラインナップとして設定。
新ボディ色として、「ラピスブルー・パール」、「スターリングシルバー・メタリック」、「モカブロンズ・パールメタリック」計3色を展開。
仕様装備は、自立式のリヤシートベルトバックルを全車標準装備し、装着性の向上を図った。また、青色のLED間接照明やマップランプ、ルームランプ、小物入れを一体化したオーバーヘッドコンソールを採用(カスタム「R Limited」、カスタム「RS」、「リベスタ」、「リベスタS」)。さらに、スポーティなデザインのルーフスポイラー(カスタム「R Limited」、カスタム「RS」、「リベスタS」)や、本革シート(「リベスタ」、「リベスタS」にメーカー装着オプション)などを設定。
【新グレードステラ「LS」の主な内容と装備】
○DOHC16バルブインタークーラー付スーパーチャージャーエンジン
○アイボリー内装色
○アクティブメーター(タコメーター付)
○マニュアルエアコン
○フロントドアUVカットガラス
○リヤUVカットガラス(リヤドア・リヤクォーター・リヤゲート)
○カラードリヤバンパー(カスタムタイプ)
○マフラーカッター
○フロントスタビライザー
○オーディオレス
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで888,300円〜1,631,700円
20081104_1.jpg
posted by Carmode at 18:10 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SL 65 AMG Black Series を発売

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、メルセデス・ベンツの「SL 65 AMG」をベースに、圧倒的な迫力ある専用ボディデザイン、大幅なパワーアップと運動性能向上を極めたスペシャルモデル 「SL 65 AMG Black Series」を、11月4日より発売。(配車は2009年春より順次開始予定:日本導入12台を予定)
「SL 65 AMG Black Series」に注ぎこまれた技術と専用装備は以下の通りです。
《専用設計ボディ》
○カーボン素材を用いて大幅な軽量化を図ったボディ
○固定式カーボンルーフと内蔵式ロールバー
○ワイドトレッド化に伴い大きく張り出し、スタイリングの圧倒的な迫力を醸し出すオーバーフェンダーと大型スポイラー
○リアディフューザーと大型リアバンパー、専用デザインのツインクロームエグゾーストエンド
○120km/h以上で伸長しエアロダイナミクス性能を高める電動格納式トランクリッド スポイラー
○ノーマルのSL 65 AMGに比べ約250kg軽量化
《パワートレイン/ドライブトレイン》
○大型ターボチャージャー、専用設計のウエストゲートダクトやエアインテーク、高効率 インタークーラー、エグゾーストシステムにより出力を大幅に向上した6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジン(最高出力670PS/493kW ← SL 65 AMG:612PS/450kW)
○シフトダウン時の自動スロットルブリッピング機能を備え、M(マニュアル)モード選択時にはシフトスピードを2段階に設定できるAMGスピードシフトプラス付電子制御5速オート マティックトランスミッション
○ロッキングファクター40%の多板式LSD(リミテッドスリップデフ)を装備 デフオイルクーラーをリアディフューザーに装備
《シャーシ》
○フロント/リアとも軽量かつ高剛性な専用設計アクスルを採用
○車高、ダンピング、ホイールアライメント/キャンバーなどのセッティングがマニュアルで可能な専用設計AMG調整式スポーツサスペンションを採用
○スポーツ機能搭載の3ステージESPを採用
○専用ツインスポークデザインのフロント19インチ、リア20インチ軽量AMGアルミ ホイール+ワイドタイヤを装着
○フロント/リアとも大径のコンポジットブレーキディスク、および大型のブレーキ キャリパーを採用
《インテリア/装備》
○軽量なカーボン製AMGスポーツバケットシートを装備 シート表面は滑りにくいアルカンターラとしなやかなナッパレザーとのコンビネーション
○直径365mmのフラットボトムデザインのAMGパフォーマンスステアリング
○カーボントリムを多用したドアパネルやセンターコンソール
○360km/hスケールのスピードメーター(ブラック)、LEDのシフトポイントインジケーターを内蔵したタコメーター(ホワイト)
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで48,800,000円
20081104_2.jpg
posted by Carmode at 18:04 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。