carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年11月17日

アルファ ロメオ159の2.2 TI バージョンをリニューアルし、スポーツワゴン2.2 にもTI を新設定

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では、2008年11月22日(土)より、アルファ ロメオ159 2.2リッターモデルのTI バージョンをよりスポーティーな装備を充実させてリニューアルし、さらにステーションワゴンのアルファ ロメオ159スポーツワゴン2.2にもTI バージョンを新設定し、全国のアルファ ロメオ正規ディーラーを通じて販売を開始します。
今回販売が開始されるのは、総排気量2,198cc、直列4気筒DOHC16バルブの直噴JTSエンジン搭載の、ATモード付6速シーケンシャルトランスミッション『セレスピード』、右ハンドル仕様のアルファ ロメオ159 2.2 JTS セレスピード TI (Alfa Romeo 159 2.2 JTS Selespeed TI ) とアルファ ロメオ159 スポーツワゴン2.2 JTS セレスピード TI (Alfa Romeo 159 Sportwagon 2.2 JTS Selespeed TI ) です。
今回販売が開始される両TI バージョンでは、従来のTI バージョンと同様、ローダウンタイプのスポーツサスペンションを装着し、235/40R19タイヤにTI 専用の19インチ・アロイ ホイールを組み合わせ、スポーティーな走りを実現。また、TI 専用のサイドスカート、鮮やかなレッド仕上げとしたブレーキキャリパー (フロントはブレンボ製) やアルミマット仕上げのヒーテッド電動ドアミラー、そしてTI 専用バッジなどが装着され、洗練されたエレガントなスタイリングの中にも、精悍でスポーティーなその特別な個性が主張されています。車両重量では、セダンは従来のTI より-20kg (ステーションワゴンモデルでも標準モデルのアルファ159スポーツワゴン 2.2 JTS セレスピードに比べて-20kg) の軽量化が図られました。また、今回販売が開始される両TI バージョンでは、新たに『電子制御式Q2機能』が備わりました。この『電子制御式Q2機能』は、電子制御式スタビリティコントロールのVDC (ヴィークル ダイナミック コントロール) の新機能である個別ブレーキ制御機能を利用することで、LSD (リミテッド スリップ ディファレンシャル) のようにタイトコーナーなどでの駆動性能を一段と向上させる機能です。タイトコーナーで荷重が外側へ移動し内輪に空転が起きると、内輪だけに自動ブレーキをかけて空転を制御。その結果、外輪への有効な駆動トルクが確保されて確実に路面を捉えコーナーからの脱出速度が高まります。
(アルファ ロメオオフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,750,000円〜4,930,000円
20081117_5_1.jpg 20081117_5_2.jpg
posted by Carmode at 18:32 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルファ ロメオ147、GT、スパイダー、ブレラに特別仕様限定車のホワイトエディションをラインアップ

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では2008年11月22日(土)より、アルファ ロメオの4モデルに、ホワイトのボディカラーとレッドのインテリアカラーのコントラストで、イタリアンエレガンスを際立たせた特別仕様限定車のホワイトエディションを販売します。
今回販売が開始されるのは、アルファ ロメオ147、アルファ ロメオGT、アルファ ロメオ スパイダー、アルファ ロメオ ブレラの『ホワイトエディション』です。
アルファ ロメオ ホワイトエディションは、『アルファ ロメオ』をイメージさせるハイパフォーマンス、スポーティー、エレガント、スタイリッシュ、パッションなどの特徴の中でも、特にイタリアンエレガンスを際立たせた、ホワイトのボディとレッドのインテリアの特別仕様限定車で、アルファ147、アルファGT、アルファ スパイダー、アルファ ブレラの4モデルにラインアップされました。
これまでホワイトのボディカラーはアルファ 147に、レッドのインテリアはアルファ スパイダーやアルファ ブレラなどの一部バージョンに設定されていましたが、ホワイトエディションではこれらを組み合わせ、さらにラジアルスポークデザインのアロイホイールとレッドで仕上げられたブレーキキャリパーを装備(スパイダーとブレラのフロントはブレンボ製4ポッド)することによって、様々な角度からホワイトとレッドの鮮やかなコントラストを認識することができます。
また、アルファ147 2.0 ツインスパーク セレスピード ホワイトエディションでは、 スポーツサスペンションやリアスポイラーを標準設定としてパフォーマンス装備の充実を図る一方、 他の3車ではエレガントで快適なドライブを楽しむために、クルーズコントロールやETCなどの装備を標準設定としています。
さらに、アルファ スパイダー 2.2 JTS セレスピード ホワイトエディションとアルファ ブレラ 3.2 JTS Q4 Q-トロニック ホワイトエディション では、ESS (ハザードランプ緊急制動表示機能) や電子制御式Q2機能などを標準装備するともに、アルファ ロメオ メンテナンス・プログラムのスタンダードケアが無料で自動付帯しています。
(アルファ ロメオオフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,500,000円〜6,100,000円
20081117_4.jpg
posted by Carmode at 18:30 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルセデス・ベンツ Sクラスの仕様/装備を充実

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデス・ベンツ Sクラスの仕様・装備の充実を図り、11月17日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ発売します。
<仕様/装備変更の概要>
●追突の危険を低減する「アダプティブブレーキライト」採用
●キーを携帯しているだけでドアの開錠/施錠やエンジン始動/停止ができる 「キーレスゴー」を装備
●オプション設定の追加 (一部モデル)
安全性を強化する装備として新たに採用された「アダプティブブレーキライト」は、緊急ブレーキ時にブレーキライトが点滅し後続車両に緊急性のある減速・停車を迅速に知らせ、追突の危険を低減します。(S 350を除く)
また、キーを携帯しているだけで、リモコン操作をすることなくドアの開錠/施錠ができ、ENGINE START/STOPボタンを押すだけでエンジンを始動することができる「キーレスゴー」を標準装備し、利便性を向上しました。(S 350を除く)
S 550、S 550 4MATIC、S 550 ロング、S 600 ロングは、シフトチェンジのマニュアル操作を、従来のステアリングシフトボタンからシフトパドルに変更しています。
S 550およびS 550 ロングには、AMGデザインのスポイラーおよびアルミホイールによりスポーティなエクステリアを演出する「AMGスポーツパッケージ」をオプションとして 設定しました。また、S 63 AMG ロングおよびS 65 AMG ロングのインテリアトリム設定として、インテリアトリムにカーボン素材を用いて、スポーティで精悍な印象を強調する「AMGカーボンインテリアトリム」を新たに追加しました。
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで10,100,000円〜30,000,000円
20081117_3.jpg
posted by Carmode at 18:28 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウディ、2008年ロサンゼルス オートショーのデザインコンペティション 「デザインチャレンジ モータースポーツ2025」に参加

アウディAGは、2008年ロサンゼルス オートショー(2008年11月19日〜30日)のデザインコンペティションイベント「デザインチャレンジ モータースポーツ 2025 」に参加し。2025年のレーシングカーをテーマとしたデザインチャレンジにおいて、アウディの考える先進的なレーシングカー「R25」のコンセプトを紹介。
「デザインチャレンジ モータースポーツ 2025」は、自動車が発明されて以来、世界中の自動車文化に影響を与え続けてきたレースをインスピレーションの源、または参考として、既存のジャンル(オープンホイール、スポーツカー、デザート、ドラッグ、ラリー、ストックカーといったレースカテゴリー)の精神を体現するのみならず、将来のモータースポーツのあり方を示唆する「2025年のレースカー」のデザインを各社が競うイベントです。参加するデザインは、モータースポーツにおける歴史的デザインの解釈、革新的技術の採用、環境への配慮と大胆なデザインの両立、現実的でありつつ未来志向のコンセプトを基準に評価されます。
アウディ デザインセンター カリフォルニアのチームは、このテーマに対し、2025年アメリカン・ルマン・シリーズ ロサンゼルス ラウンドにおけるプロトタイプクラスの最新世代レースカーをイメージして、R25のコンセプトを作り上げました。このチームの考える2025年のアメリカン・ルマン・シリーズ ロサンゼルスラウンドには以下のような革新的な変化が盛り込まれています。
1. サーキットには高速バンクやトンネルが設置され、ダウンフォースの強い車は「裏返し」で走行することもできます。
2. トンネルと高いバンクの頂点部は、「WiTricity」と呼ばれるワイヤレス充電ゾーンとなっており、走行中に燃料補充が可能。
3. サーキット内で使用されるエネルギーは、すべて微細な藻類によって現地で生成されたものを使用。すなわち、発酵作用によって生み出される再生可能なバイオディーゼル燃料と、太陽光による生化学反応によって発生した水素を燃料電池に使って生み出される電力です。
4.ファンの人々はレースに参戦する全車両に搭載されたカメラがWi-Fi送信してくる映像を見て、コックピットに座るような疑似体験もできます。
5. 車両テレマチックスとトランスミッションの進化により、観客は自分が選んだ車の動きや加速度を(フライトシミュレーターのように)リアルタイムで、実際の映像とともに体感することができます。
このような革新的なレース様式トに対応するため、新型アウディR25は最新技術を盛り込んでゼロからデザインされました。
※ R25は「デザインチャレンジ モータースポーツ 2025」のために考案されたデザイン案であり、本プレスリリースで紹介されている技術や開発予定は架空のものです。
(アウディ オフィシャルHP)
20081117_2.jpg
posted by Carmode at 18:24 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マツダ デミオ」を一部改良して発売

マツダ株式会社は、コンパクトカー『マツダ デミオ』を一部改良して、11月17日から全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて発売する。
今回の変更では、艶のある黒色のセンターパネルやシート中央部の生地と同素材のドアトリムを新たに装備すると同時に、シフトノブ、パーキングブレーキ、インナードアハンドル等にシルバー塗装のパーツを採用することにより、インテリア全体の質感を向上させている。また、ボディカラーには質感の高い濃いシルバー系の「アルミニウムメタリック」を新たに追加している。
■「デミオ」の主な変更点は以下の通り
インテリア
・セミグロス(半艶)ブラックメタリックのセンターパネル
・シート中央部の生地と同素材のドアトリム(白系の「カームホワイト」、黒系の「マルチブラック」および「スポーティブラック」の3種類)
・シルバー塗装パーツを採用したパーキングブレーキリリースボタン、インナードアハンドル、オートエアコン用ダイヤル(3個)
・シルバー塗装パーツを組み込んだAT/CVTシフトノブ。また、暗い車内でのシフト操作を容易にする照明付きのシフト表示板を新たに採用[AT・CVT車]
・シルバー色のリングを追加したMTシフトブーツ[MT車]
エクステリア
・濃いシルバー系のボディカラー「アルミニウムメタリック」を追加(全12色の体系)
その他
・フルオートエアコン、アレルバスター®1搭載フィルターを標準化[SPORT]
(マツダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,195,000円〜1,621,750円
20081117_1.jpg
posted by Carmode at 18:20 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。