carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年12月26日

ゼストをマイナーモデルチェンジ新タイプ「ゼスト スパーク」を追加し発売

Hondaは、「ゼスト」をマイナーモデルチェンジするとともに、鋭い眼光を表現したプロジェクタータイプのディスチャージヘッドライトや大開口のフロントバンパーなど、精悍で迫力あるエクステリアデザインの「ゼスト スパーク」を新たにタイプ設定し、12月26日発売。また、助手席リフトアップシート車および車いす仕様車は、2009年1月26日(月)に発売。
【ゼストの主な変更点】
・新シート表皮ウォームグレー内装を採用
・ボディカラーにプレミアムクリスタルローズ・パールを新設定
・エンジンの改良により、全タイプで燃費性能を向上
・全タイプにHondaスマートキーシステム、AM/FMチューナー付CDプレーヤーを標準装備
・バックモニター+AM/FMチューナー付CDプレーヤーを新たにメーカーオプション設定
【ゼスト スパークの主な特長】
・エクステリアは、専用のフロントバンパーやフロントグリルに加え、プロジェクタータイプ ディスチャージヘッドライト<HID>、フォグライト、電動格納式リモコンカラードドアミラー(ウインカー付)などを標準装備。さらにW、Wターボは、新デザインの14インチアルミホイール、大型テールゲートスポイラー、カラードサイドシルガーニッシュなどを装備
・メタル調3本スポークステアリングや新シート表皮ブラック内装を採用するなど、質感の高いスポーティなインテリアを実現
・ゼスト スパーク専用ボディカラーにプレミアムディープバイオレット・パール、新色プレミアムナイトデザートゴールド・パールを設定
・Wターボ(FF)には、専用チューニングを施したスポーツサスペンションを採用
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,176,000円〜1,638,000円
20081226_1.jpg20081226_2.jpg
posted by Carmode at 15:23 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

トヨタ「パッソ セッテ」、ダイハツ「ブーン ルミナス」を発売

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)とダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、新型7人乗り3列シート車を、トヨタは「パッソ セッテ」として全国のトヨタカローラ店を通じ、ダイハツは「ブーン ルミナス」として全国のダイハツ販売会社を通じて、12月25日より発売。
新型車は、「広くて、使いやすい、7シーター スタイリッシュ コンパクト」をテーマに、扱いやすいサイズのボディに、“5人がゆったり、7人がしっかり乗れる広い室内空間”と“女性にうれしい快適・運転サポート装備”を凝縮し、主要なお客様と想定している「子育て女性」の行動範囲を広げ、活き活きとしたライフスタイルを実現するクルマとした。
両社の車両企画力を結集した上で、ダイハツが、コンパクトなクルマづくりで培ったノウハウを活かし、開発・生産を担当。「パッソ セッテ」はダイハツからトヨタへOEM供給する。
【主な特長】
1.コンパクトなボディサイズながら、7人がしっかり乗れる広い室内空間
・扱いやすい全長4,180mm、全幅1,695mm、全高1,620mmのコンパクトなボディサイズ
・2,750mmのロングホイールベースにより実現した2,550mmの室内長を生かした、ゆとりの前後乗員間距離(フロントシート〜サードシート間)により、5人がゆったり、7人がしっかり乗れる広い室内空間を実現
2.女性にうれしい、簡単操作のシートアレンジと充実の快適・運転サポート装備
・簡単操作でサードシートやセカンドシートを倒せば、広大でフラットなラゲージスペースを創出できるなど、乗車人数や荷物の大きさに応じた多彩なシートアレンジが可能
・フロントベンチシートなどの快適な室内空間を創出するアイテムとともに、家族でのお出かけを楽しく演出する快適装備や、気軽に運転を楽しめる運転サポート装備により、女性にうれしい充実のユーティリティを実現
3.ワンモーションのスタイリッシュなエクステリアと、上質で洗練されたインテリア
・伸びやかなワンモーションフォルムによる、スタイリッシュなエクステリアデザイン
・広々感を演出する、上質で洗練されたインテリアデザイン
・力強くアグレッシブなデザインの追求により、個性を際立たせたエアロタイプを設定
4.大切な家族を守る高い安全性能と走行性能
・VSC、SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグの採用などにより、クラストップレベルの安全性能を追求
・コンパティビリティの概念を取り入れ、トヨタのGOA、ダイハツのTAFそれぞれの評価基準を満たす衝突安全ボディを採用
・1.5Lエンジンにシーケンシャルシフトマチックを組み合わせたほか、ロングホイールベース・ワイドトレッドにより、優れた加速・走行安定性能を実現
(トヨタ・ダイハツオフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,419,048円〜1,974,286円
20081225_1.jpg 20081225_2.jpg
posted by Carmode at 17:47 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

エスティマ、エスティマハイブリッドをマイナーチェンジ

TOYOTAは、エスティマおよびエスティマハイブリッドをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、12月24日より発売した。
今回のマイナーチェンジは、フロントグリル・バンパー、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、アルミホイールなどを意匠変更し、それぞれの個性をより強調した外観としている。
室内においては、内装色グレージュの「アエラス」への設定拡大やユーカリ木目調のパネルなどを新採用したほか、エスティマ「アエラス」およびエスティマハイブリッド「G」には、本革シートなどを採用した“レザーパッケージ”を新設定するなど、上質な室内空間を演出している。
また、クルーズコントロール、後席確認ミラー、ステアリングホイールから手を離すことなくオーディオのスイッチ操作が可能なステアリングスイッチを全車標準装備したほか、前席へ冬季や冷房使用時に冷えやすい肩や腰、大腿部を効果的に温めることができる快適温熱シートを採用(除く一部グレード)し、快適性・使用性を向上。さらに、環境に優しいアクセル操作(エコ運転)で点灯するエコドライブインジケーターランプを採用。安全面においては、前席へのアクティブヘッドレスト標準装備、2.4Lエンジン搭載車へのS-VSCの採用拡大(全車オプション)など、より安全性に配慮している。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,740,000円〜3,770,000円
20081224_1_1.jpg 20081224_1_2.jpg
posted by Carmode at 18:18 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニバン『デリカD:5』 を一部改良

三菱自動車は、ミニバン『デリカD:5(ディーファイブ)』の装備内容、グレード展開など一部改良を行ない、2009年1月15日(木)から全国の系列販売会社より発売する。
1. 装備変更内容
●夜間や霧中の視認性を高めて安全なドライビングをサポートするフォグランプを標準装備。(「G-Power package」、「G-Navi package」)
●フォグランプベゼルをメッキ化し、力強さに加え、より上質感を向上させた。(「G-Premium」)
●運転席パワーシートと1列目のシートヒーターを標準装備。(「G-Premium」)
●カード挿入状態が車外から確認しにくく安全性の高いビルトインETCを標準装備。(「M」を除く全車)
●ナビゲーション装着車に、タッチパネル対応地上デジタルチューナーハーネス、フルセグ対応ガラスアンテナを標準装備。(「G-Navi package」、「G-Premium」、「ROADEST G-Navi package」、「ROADEST G-Premium」)
●複数の方が運転する場合や緊急時を想定してキーレスオペレーションキーを2つ標準装備。(「M」を除く全車)
●バッテリー容量アップなどの寒冷地仕様を標準装備。(4WD全車)
●全車の3列目のシートバックに、荷物の固定に便利なバンジーコードを標準装備。
2. グレード展開
●標準シリーズの2WD車では、「C:2 S」に代わり、4WD車の「M」と同等の装備内容の「C:2 M」を新たに設定。また、「M-Power package」を廃止し、5グレードから4グレード展開とした。
●標準シリーズの4WD車では、「M-Power package」を廃止し、5グレードから4グレード展開とした。
●「ROADEST」の2WD車では、「ROADEST S」を廃止し、従来の4グレードから3グレード展開とした。
●「ROADEST」の4WD車では、「ROADEST M」を廃止し、従来の4グレードから3グレード展開とした。
(ミツビシ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,257,500円〜3,680,250円
20081224_2.jpg
posted by Carmode at 18:16 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱自動車、軽乗用車 『 i (アイ)』 を一部改良

三菱自動車は、軽乗用車『i(アイ)』を一部改良して、12月24日(水)から全国の系列販売会社より発売する
今回はグレード展開を、ターボエンジン搭載の「T」と、自然吸気(N/A)エンジンを搭載し、上質で充実した装備の「Vivace(ビバーチェ)」、お買い求め易い「S」の3つに集約した。
「T」は、本革巻きのステアリングホイールやシフトノブなどを装備した「ブラックインテリア」を採用して、プレミアム感を高めた仕様とした。「Vivace」は、「グレーインテリア」または、スタイリッシュな「ミント&ブラウンインテリア」を、お好みに合わせて選択可能とした。なお、「ミント&ブラウンインテリア」には、汚れやシミが付きにくい撥水・撥油機能付の「汚れプロテクト加工シート」を採用した。
また、「T」、「Vivace」には、紫外線による日焼けや、強い日差しによるじりじり感を抑制するだけでなく、雨の日でもクリアな視界を確保する撥水機能付「UV&ヒートプロテクトガラス(フロントドア)」や、ミラー鏡面に親水機能を持たせた「リモコンドアミラー」、運転席・助手席チケットホルダー付の「バニティミラー」など、女性のお客様からご要望の高い、安全で快適な機能を標準装備した。
その他、メーカーオプションの「三菱マルチエンターテイメントシステム(MMES)」にワンセグ対応ガラスアンテナを設定した(「S」除く)。
なお、ボディカラーは新たにラズベリーレッドパール*3と、オーシャンブルーメタリック、サンフラワーイエローソリッドの3色を追加し、全10色展開とした。
(ミツビシ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,060,500円〜1,585,500円
20081224_3.jpg
posted by Carmode at 18:14 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュープレミアムエステート/クロスカントリーエステート 最新V70 シリーズ/XC70 シリーズ 2009 年1 月1 日(木)より発売開始

ボルボ・カーズ・ジャパンは、プレミアムエステートのV70、クロスカントリーエステートのXC70 の装備・仕様を変更した最新モデルを 2009 年1 月1 日(木)より全国のボルボ・ディーラーで発売を開始。
昨年末にフルモデルチェンジを果たし、サイズ・装備・性能全てがワンランク上のプレミアムエステートに生まれ変わったボルボV70 と、都会のエステートに高い悪路走破性を付加したクロスカントリーモデルのXC70 の最新モデルは、装備・仕様を下記のとおり変更しました。
【主な変更点】
[V70/XC70 シリーズ全体]
●有害ガスを監視し、車内への侵入を防ぐ「アクティブ・キャビン・フィルター」と「本革シート」を標準装備。(対象車種:V70 2.5T LE/3.2 SE/3.2 SE AWD/XC70 3.2 SE AWD)
●ボディカラー新色として「サヴィルグレーパール」をV70 に、「ケイパーグリーンパール」をV70 とXC70にそれぞれ設定。
[V70 2.5T LE]
●新デザイン「16 インチ“Atla”アルミホイール」を採用。
●エクステリアのポイントとなる、「フロント・フォグランプ」や「17 インチ“Canicula”アルミホイール」のほか、「クルーズコントロール」や「アクティブ・バイ・キセノンヘッドライト」など快適&運転支援装備をデラックス・パッケージ(20 万円<税込み>)として設定。
[V70 3.2 SE/3.2 SE AWD]
●「17 インチ“Canicula”アルミホイール」を採用。
●シート表面の湿度を最適化する「フロント・ベンチレーション機能付パフォーレーテッド・レザーシート」、世界トップクラスの「プレミアム・サウンド・システム」、愛車のセキュリティ・ステータスを伝えるリモコンキー「キーレスドライブ機能付パーソナル・カー・コミュニケーター」、盗難防止警報システム「ボルボ・ガード・システム」、駐車時に便利な「パーキングアシスト(フロント/リア)」の人気のオプション5 アイテムをベーシック・パッケージ(35 万円<税込み>)として新たに設定。
[V70 T6 TE AWD]
●「チルトアップ機構付電動ガラス・サンルーフ」を標準装備。
(ボルボ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,990,000 円〜7,950,000 円(V70)/ 6,350,000 円(XC70)
20081224_4.jpg
posted by Carmode at 18:11 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

エリシオン、エリシオン プレステージをマイナーモデルチェンジし発売

Hondaは、「エリシオン」「エリシオン プレステージ」の内外装の一部を変更するとともに、全タイプにオートライトコントロールとアレルフリー高性能脱臭フィルターを標準装備するなど装備内容の充実を図り、12月22日発売する。また、「エリシオン プレステージ」には、国産ミニバン初となる電子制御パーキングブレーキをタイプ別※1に設定する。
※1 SZ/SG・HDDナビ スペシャルパッケージタイプ
【エリシオン/エリシオン プレステージの主な変更点】
●エリシオン/エリシオン プレステージ共通
・外観は、新デザインのフロントグリルの採用により、よりダイナミックかつスポーティなスタイルを実現
・ブラックインテリアに、木目調パネル(ブラキッシュバーチ)を新設定
・オートライトコントロール、アレルフリー高性能脱臭フィルターを全タイプに標準装備
●エリシオン
・外装色に、プレミアムホワイト・パール、クリスタルブラック・パール、プレミアムナイトブルー・パールを新設定
・全タイプに「HDDナビ スペシャルパッケージ」を設定。これまでのパッケージ内容に加え、2.4L車にスーパー立体自発光メーター、3.0LのFF車にコンフォートビューパッケージ※2、トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーを追加(4WD車は全タイプに標準装備)
・17インチアルミホイールや運転席8ウェイパワーシートなどの装備を充実させた「LX」タイプを新設定
※2 親水/ヒーテッドドアミラー+熱線入りフロントウインドウ+フロントドア撥水ガラス
●エリシオン プレステージ
・「SZ/SG・HDDナビ スペシャルパッケージ」に、スイッチを軽く引くだけで作動し、アクセルを踏むだけで自動解除する、運転時の安心感・快適性を高める電子制御パーキングブレーキを国産ミニバンとして初めて採用
・外装色に、プレミアムホワイト・パールを新設定
・「HDDナビ スペシャルパッケージ」を継続設定。2.4L車には大型センターコンソール+ブルーイルミネーションを、3.5L車には電子制御パーキングブレーキ、マルチインフォメーション・ディスプレイを追加
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,910,000円〜3,812,000円(エリシオン)/ 3,160,000円〜4,610,000円(エリシオン プレステージ)
20081222_1.jpg20081222_2.jpg
posted by Carmode at 17:40 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「デュアリス」の特別仕様車を発売

日産自動車株式会社は、「デュアリス」の特別仕様車 「urban brown leather (アーバンブラウンレザー)」を、12月22日より全国一斉に発売する。
今回発売する特別仕様車「アーバンブラウンレザー」は、欧州モデル(キャシュカイ)に設定しているブラウン色の本革シート、本革調ドア&センターアームレストを採用したほか、内装は、シートの色とマッチするブラック/カカオの2トーンとした。また、前席ヒーター付シート、運転席ランバーサポートなどを採用しインテリアの質感を高めている。 なお、今回、全グレードにSRSカーテンエアバッグシステム、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムなどを標準化するなど、仕様装備の見直しを行った。
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,084,250円〜2,693,250円
20081219_2_1.jpg20081219_2_2.jpg
posted by Carmode at 10:17 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ティアナ」の仕様を向上

日産自動車株式会社は、「ティアナ」の仕様を向上し、12月19日より全国一斉に発売する。
今回の仕様向上では、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム、SRSカーテンエアバッグシステムを全車標準装備とするとともに、XVグレードにバイキセノンヘッドランプ+アクティブAFSを標準装着とした。さらに、VDCのオプション設定を拡大するなど、安全装備の充実を図った。
また、4WD全車に寒冷地仕様を、カーウイングスナビゲーションシステム装着車にETCユニットを標準設定とした
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,551,500円〜4,053,000円
20081219_1.jpg
posted by Carmode at 10:16 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」を発売

日産自動車株式会社は、「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」を、12月18日より全国一斉に発売する。
今回発売する特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」は、「ハイウェイスター」をベースに、リモコンオートスライドドア(両側)、バックドアオートクロージャーなどの利便装備を搭載したモデルである。
なお、今回の特別仕様車発売にともない、メーカーオプションとして全グレードに先進の地図更新システムの他、12セグ/ワンセグ自動切換えの地デジチューナーを内蔵したHDD方式の高画質のカーウイングスナビゲーションシステムを設定した。
また、寒冷地仕様(4WD)、バイキセノンヘッドランプ+アクティブAFS(20G)、インテリジェントエアコンシステム(20S、ハイウェイスター)の標準化など、装備の充実を図った。
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,163,000円〜2,845,500円
20081218_10.jpg
posted by Carmode at 18:06 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキ、「スイフトスポーツ」に特別仕様車「Sリミテッド」を設定して発売

スズキ株式会社は、小型乗用車スイフトスポーツに特別仕様車「Sリミテッド」を設定し、12月18日より発売する。
スイフトスポーツ 特別仕様車 「Sリミテッド」は、専用の車体色同色フロントスポーツバンパーおよびサイドアンダースポイラー、白色の専用アルミホイールなどを採用した。アルカンターラ(R)※と本革を使用したレカロシートやシルバーステッチを施した本革巻ステアリングホイールなど、装備にこだわったスポーティーなイメージの特別仕様車である。
※アルカンターラ(R)は、アルカンターラ社の登録商標。
【スイフトスポーツ 特別仕様車 「Sリミテッド」の主な特別装備】
●専用の車体色同色フロントスポーツバンパー、サイドアンダースポイラーを装備。
●足元を引き締める白色の専用16インチアルミホイールを装備。
●白色の専用Sportリヤエンブレムを貼付。
●アルカンターラ(R)※と本革を一部に使用したレカロシートを採用。
●本革巻ステアリングホイールや人工皮革を使用したドアトリムにシルバーステッチを施した。
●専用設定色として「パールメタリックカシミールブルー」を設定。
【充実した安全装備】
●運転席・助手席SRSエアバッグに加え、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを装備。
●明るく、遠くまで照射するディスチャージヘッドランプを装備。
(スズキ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,837,500円〜1,890,000円
20081218_20.jpg
posted by Carmode at 18:04 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキ、「パレット」に特別仕様車「Gリミテッド」を設定して発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「パレット」に特別仕様車「Gリミテッド」を設定し、12月18日より発売する。
今回発売する特別仕様車「Gリミテッド」は、「G」グレードの装備に加え、キーレスプッシュスタートシステムやスライドドアクローザーなどの装備を充実させて、毎日の使い勝手と快適さを向上させている。
【特別仕様車「Gリミテッド」の主な特長】
●携帯リモコンを身に付けていれば、ブレーキを踏んでスイッチを押すだけでエンジン始動が可能な、キーレスプッシュスタートシステムを装備。
●後席スライドドアの半ドア位置から、自動で全閉するスライドドアクローザーを後席両側に採用。
●ファブリックシート表皮に撥水加工を施した。
●パレット専用CDプレーヤー(MP3/WMA方式の再生に対応)を装備。
●クロームメッキを使用したフロントグリルを採用。
●「LIMITED」エンブレムをバックドアに貼付。
●車体色は、Gリミテッドに「ブリーズブルーメタリック」を新しく採用し、全6色とした。
(スズキ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,176,000円〜1,294,650円
20081218_3.jpg
posted by Carmode at 18:02 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アバルト グランデ プント (ABARTH GRANDE PUNTO) デビュー

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社は、同社が2009年よりアバルト ブランドの日本におけるオフィシャル インポーターとなることを発表します。最初の導入モデルとなるのは、フィアット グランデ プントをベースに開発されたアバルト グランデ プント (ABARTH GRANDE PUNTO) で、販売開始は2009年2月14日(土)を予定。また2009年春にはフィアット500をベースに開発されたアバルト500 (ABARTH 500) の販売開始も予定しています。フィアット グループ オートモービルズ ジャパンでは、東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で順次アバルトディーラーを展開します。
(フィアット オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,700,000円
20081218_4.jpg
posted by Carmode at 18:01 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

「タント」「タント カスタム」の特別仕様車を新発売〜同時に「ミラ」「コペン」「テリオスキッド」を商品強化〜

ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「タント」に特別仕様車「タント ワンダフルセレクション」「タント カスタム Vセレクション」「タント カスタム Vセレクション ターボ」を新設定するとともに、「ミラ」「コペン」「テリオスキッド」の商品強化を実施し、12月17日(水)から全国一斉に発売する。
今回発売する「タント ワンダフルセレクション」は、パワースライドドアを中心に、子育て女性に嬉しい実用性の高い機能を充実させました。
また、「タント カスタム Vセレクション」「タント カスタム Vセレクション ターボ」は、アルミホイール、トップシェイドガラス、革巻ステアリングホイールなどの専用アイテムを装着し、より上質感を追求。
さらに、「タント」全車にクリーンエアフィルターを標準装備するなどの商品改良を行った。
同時に、「ミラ」を内装を中心にリフレッシュし、質感を向上させるとともに、「ミラ カスタム」には低燃費とスムーズな走りで好評のCVTを全グレードに採用し、商品魅力を向上させた。また、「コペン」「テリオスキッド」に関しても各種装備などの見直しを図った。
(ダイハツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで
1,240,000円〜1,361,000円(タント ワンダフルセレクション)
1,370,000円〜1,491,000円(タント カスタム Vセレクション)
1,620,000円〜1,741,000円(タント カスタム Vセレクション ターボ)
885,000円〜1,167,000円(ミラ)
1,170,000円〜1,552,000円(ミラ カスタム)
1,595,000円〜1,965,000円(コペン)
1,270,000円〜1,631,000円(テリオスキッド)
20081217_5_1.jpg20081217_5_2.jpg
posted by Carmode at 18:32 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル、2009年北米国際自動車ショーに「レガシィ コンセプト」を発表

富士重工業は、2009年1月に米国デトロイトで開催される2009年北米自動車ショー(1月11日〜13日プレスデー、17日〜25日一般公開)に、「レガシィ コンセプト」を世界初公開として出展する。
レガシィ コンセプトは、レガシィセダン誕生20周年を記念し、将来のレガシィセダンデザインの方向性を表現したコンセプトモデル。エクステリアは、低重心の3.6ℓ水平対向エンジンをフロントフードの下に収め、スポーティで力強いフォルムを持つ。特徴的なフロントフェイスやホイールアーチデザインは存在感とAWDがもたらす信頼感をさらに際立たせている。インテリアは高品位でゆとりのある室内空間を表現した。
(スバル オフィシャルHP)
20081217_4.jpg
posted by Carmode at 18:30 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マツダ アテンザ」 セダンの特別仕様車を発売

マツダ株式会社は、『マツダ アテンザ』のセダンに特別仕様車「2.0 Style edition(スタイルエディション)」を設定し、全国のマツダ系およびマツダアンフィニ系販売店を通じて12月18日発売する。
特別仕様車「2.0 Style edition(スタイルエディション)」は、2.0Lエンジン搭載の「20C」をベースとして、LEDドアミラーウインカー、ディスチャージヘッドランプ、17インチアルミホイール、本革巻ステアリング・シフトノブ等の、スポーティで質感の高い特別装備を内外装に採用している。
【特別仕様車アテンザセダン「2.0 Style edition」の概要は以下のとおり】
●ベース車
アテンザセダン「20C」(2.0L DOHCエンジン/5速オートマチック変速機[アクティブマチック]/2WD車)。
●特別装備
・LEDドアミラーウインカー
・フロントフォグランプ(バンパー内蔵タイプ)
・ディスチャージヘッドランプ(ロービーム:オートレベリング[光軸調整]機構付)
・撥水機能(フロントガラス/フロントドアガラス/ドアミラー)
・ダークティンテッドガラス(リアドア/リアウインドー)
・215/50R17 91Wタイヤ&17インチアルミホイール
・ステアリング本革巻&シフトノブ本革巻
・ブラックアウトメーター
・オーディオレス+4スピーカー
●ボディカラー
アテンザセダンの人気色である薄紫系「ライラックシルバーメタリック」、スポーティかつ上質感のある濃紺系「ストーミーブルーマイカ」等、ベースモデルの「20C」では選択できないカラーを含む全6色。
(マツダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,200,000円
20081217_3.jpg
posted by Carmode at 18:27 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マツダ ビアンテ」の特別仕様車・限定車を発売

マツダ株式会社は、『マツダ ビアンテ』に特別仕様車「20S Limited(リミテッド)」および「20CS Limited(リミテッド)」を、また高機能ナビゲーションシステムを装備した限定車「20 NAVI Special(ナビスペシャル)」を、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて12月17日発売する。
『ビアンテ』の特別仕様車「20S Limited」は、最量販機種「20S」をベースとして、電動両側スライドドアやアドバンストキーといった人気の高いアイテムを特別装備したモデルである。「20CS Limited」は、「20CS」をベースに、夜間に良好な視界を提供するディスチャージヘッドランプや、汚れがつきにくく拭きとりが簡単なクリーナブルシート等を特別装備したモデルである。
また、限定車の「20 NAVI Special」は、画面上に後方視界を映し出し駐車支援を行うバックガイドモニターや、声を発することで行き先設定などの操作が可能なボイスコントロール機能を含む「MAZDA G-BOOK ALPHA対応ボイスコントロールHDDナビゲーションシステム」を特別装備しながら価格を抑えたモデルであり、全国800台の限定販売となる。
■「ビアンテ」の特別仕様車・限定車の概要は以下のとおり
[20S Limited(リミテッド)]
●ベース車
・ビアンテ「20S」(2.0L直噴エンジン搭載2WD/5AT車あるいは4WD/4AT車)
●特別装備
・電動両側スライドドア
・アドバンストキーレスエントリー(アンサーバック機能付き、リアゲート連動)&スタートシステム
・ステアリング本革巻
[20CS Limited(リミテッド)]
●ベース車
・ビアンテ「20CS」(2.0L直噴エンジン搭載2WD/5AT車あるいは4WD/4AT車)
●特別装備
・ディスチャージヘッドランプ(ロービーム:オートレベリング[光軸調整]機構付)
・クリーナブルシート
・ステアリング本革巻
[20 NAVI Special(ナビスペシャル)](全国限定800台)
●ベース車
・ビアンテ「20S Limited」(2.0L直噴エンジン搭載2WD/5AT車あるいは4WD/4AT車)
●特別装備
・MAZDA G-BOOK ALPHA対応ボイスコントロールHDDナビゲーションシステム
●ボディカラー
「クリスタルホワイトパールマイカ」、「ブリリアントブラック」、「ライラックシルバーメタリック」の3色から選択。
(マツダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,198,000円〜2,924,500円
20081217_2.jpg
posted by Carmode at 18:25 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期間限定車「プラスナビHDD Safety」を発売

日産自動車株式会社は、期間限定車「プラスナビHDD Safety」を「ノート」、「ティーダ」、「ティーダ ラティオ」、「ウイングロード」に設定し、12月17日より全国一斉に発売する。
今回の「プラスナビHDD Safety」は、「プラスナビ シリーズ」に、安全装備としてSRSカーテンエアバッグシステムを標準設定したモデルである。
「ノート」には、ワンセグチューナーやDVD再生機能付の専用HDDナビゲーションを搭載、またディーラーオプションに、上空から見たような映像で駐車を支援する「見おろしモード」付バックビューモニターを設定した。一方、「ティーダ」、「ティーダ ラティオ」、「ウイングロード」をベースとするモデルに、エコドライブのサポートが可能なカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)を採用した。
なお、「プラスナビHDD Safety」は、2009年3月末日までの期間限定車である。
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,743,000円〜1,949,850円(ノート)/ 1,876,350円〜2,018,100円(ティーダ)/ 1,876,350円〜2,075,850円(ティーダ ラティオ)/ 2,016,850円〜2,196,600円(ウイングロード)
20081217_1.jpg
posted by Carmode at 18:23 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

ボローニャモーターショーでシボレー・クルーズを初公開

シボレーは、イタリアで開催された第33回ボローニャモーターショーにおいて、2009年のWTCC(世界ツーリングカー選手権)に参戦予定のシボレー・クルーズを公開した。WTCCマシンのシボレー・クルーズは、2005年から2008年にかけて14勝を挙げたシボレー・ラセッティの後継マシンとして新たな歴史を刻むことになる。
GMヨーロッパ・エクステリアデザイン部門ディレクター、フィリップ・ザックは、「シボレー・クルーズには、個性的なスタイリングをもつ市販モデル同様、サーキットでもその特徴が最大限に生きるようなダイナミックなカラーリングを施した。このカラーリングは、おもにチームスタッフの意見を反映し、素晴らしい実績を残したシボレー・ラセッティの力強さを継承するデザインとなるようにイメージしたものである。」と語った。
現在、新型マシンは、2009年3月7日に予定されている開幕戦を目指し、ロブ・ハフ、ニコラ・ラリーニ、アラン・メニュの3名のドライバーによって意欲的なテストが行われている。
(シボレー オフィシャルHP)
20081216.jpg
posted by Carmode at 17:43 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

GMAPJ、2009年モデル「シボレー トレイルブレイザー」を発表

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社は2009年モデルのシボレートレイルブレイザーを発表し、2009年1月10日(土)より、全国のシボレー トレイルブレイザー正規販売店を通じて一斉に発売を開始する。
アメリカンSUVの代表格であるシボレー トレイルブレイザーは、オフロードでの高い走破性と優れた操縦安定性、乗り心地を兼ね備えたモデルである。2009年モデルではボディカラーに2色の新色を追加した。 
2009年モデル「シボレー トレイルブレイザー」のおもな特徴
●新色2色(ブラックグラナイト、ブレイドシルバー)を追加
(シボレー オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,769,500 円〜4,263,000 円
20081215_4.jpg
posted by Carmode at 18:27 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。