carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2008年12月24日

エスティマ、エスティマハイブリッドをマイナーチェンジ

TOYOTAは、エスティマおよびエスティマハイブリッドをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、12月24日より発売した。
今回のマイナーチェンジは、フロントグリル・バンパー、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、アルミホイールなどを意匠変更し、それぞれの個性をより強調した外観としている。
室内においては、内装色グレージュの「アエラス」への設定拡大やユーカリ木目調のパネルなどを新採用したほか、エスティマ「アエラス」およびエスティマハイブリッド「G」には、本革シートなどを採用した“レザーパッケージ”を新設定するなど、上質な室内空間を演出している。
また、クルーズコントロール、後席確認ミラー、ステアリングホイールから手を離すことなくオーディオのスイッチ操作が可能なステアリングスイッチを全車標準装備したほか、前席へ冬季や冷房使用時に冷えやすい肩や腰、大腿部を効果的に温めることができる快適温熱シートを採用(除く一部グレード)し、快適性・使用性を向上。さらに、環境に優しいアクセル操作(エコ運転)で点灯するエコドライブインジケーターランプを採用。安全面においては、前席へのアクティブヘッドレスト標準装備、2.4Lエンジン搭載車へのS-VSCの採用拡大(全車オプション)など、より安全性に配慮している。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,740,000円〜3,770,000円
20081224_1_1.jpg 20081224_1_2.jpg
posted by Carmode at 18:18 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニバン『デリカD:5』 を一部改良

三菱自動車は、ミニバン『デリカD:5(ディーファイブ)』の装備内容、グレード展開など一部改良を行ない、2009年1月15日(木)から全国の系列販売会社より発売する。
1. 装備変更内容
●夜間や霧中の視認性を高めて安全なドライビングをサポートするフォグランプを標準装備。(「G-Power package」、「G-Navi package」)
●フォグランプベゼルをメッキ化し、力強さに加え、より上質感を向上させた。(「G-Premium」)
●運転席パワーシートと1列目のシートヒーターを標準装備。(「G-Premium」)
●カード挿入状態が車外から確認しにくく安全性の高いビルトインETCを標準装備。(「M」を除く全車)
●ナビゲーション装着車に、タッチパネル対応地上デジタルチューナーハーネス、フルセグ対応ガラスアンテナを標準装備。(「G-Navi package」、「G-Premium」、「ROADEST G-Navi package」、「ROADEST G-Premium」)
●複数の方が運転する場合や緊急時を想定してキーレスオペレーションキーを2つ標準装備。(「M」を除く全車)
●バッテリー容量アップなどの寒冷地仕様を標準装備。(4WD全車)
●全車の3列目のシートバックに、荷物の固定に便利なバンジーコードを標準装備。
2. グレード展開
●標準シリーズの2WD車では、「C:2 S」に代わり、4WD車の「M」と同等の装備内容の「C:2 M」を新たに設定。また、「M-Power package」を廃止し、5グレードから4グレード展開とした。
●標準シリーズの4WD車では、「M-Power package」を廃止し、5グレードから4グレード展開とした。
●「ROADEST」の2WD車では、「ROADEST S」を廃止し、従来の4グレードから3グレード展開とした。
●「ROADEST」の4WD車では、「ROADEST M」を廃止し、従来の4グレードから3グレード展開とした。
(ミツビシ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,257,500円〜3,680,250円
20081224_2.jpg
posted by Carmode at 18:16 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱自動車、軽乗用車 『 i (アイ)』 を一部改良

三菱自動車は、軽乗用車『i(アイ)』を一部改良して、12月24日(水)から全国の系列販売会社より発売する
今回はグレード展開を、ターボエンジン搭載の「T」と、自然吸気(N/A)エンジンを搭載し、上質で充実した装備の「Vivace(ビバーチェ)」、お買い求め易い「S」の3つに集約した。
「T」は、本革巻きのステアリングホイールやシフトノブなどを装備した「ブラックインテリア」を採用して、プレミアム感を高めた仕様とした。「Vivace」は、「グレーインテリア」または、スタイリッシュな「ミント&ブラウンインテリア」を、お好みに合わせて選択可能とした。なお、「ミント&ブラウンインテリア」には、汚れやシミが付きにくい撥水・撥油機能付の「汚れプロテクト加工シート」を採用した。
また、「T」、「Vivace」には、紫外線による日焼けや、強い日差しによるじりじり感を抑制するだけでなく、雨の日でもクリアな視界を確保する撥水機能付「UV&ヒートプロテクトガラス(フロントドア)」や、ミラー鏡面に親水機能を持たせた「リモコンドアミラー」、運転席・助手席チケットホルダー付の「バニティミラー」など、女性のお客様からご要望の高い、安全で快適な機能を標準装備した。
その他、メーカーオプションの「三菱マルチエンターテイメントシステム(MMES)」にワンセグ対応ガラスアンテナを設定した(「S」除く)。
なお、ボディカラーは新たにラズベリーレッドパール*3と、オーシャンブルーメタリック、サンフラワーイエローソリッドの3色を追加し、全10色展開とした。
(ミツビシ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,060,500円〜1,585,500円
20081224_3.jpg
posted by Carmode at 18:14 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュープレミアムエステート/クロスカントリーエステート 最新V70 シリーズ/XC70 シリーズ 2009 年1 月1 日(木)より発売開始

ボルボ・カーズ・ジャパンは、プレミアムエステートのV70、クロスカントリーエステートのXC70 の装備・仕様を変更した最新モデルを 2009 年1 月1 日(木)より全国のボルボ・ディーラーで発売を開始。
昨年末にフルモデルチェンジを果たし、サイズ・装備・性能全てがワンランク上のプレミアムエステートに生まれ変わったボルボV70 と、都会のエステートに高い悪路走破性を付加したクロスカントリーモデルのXC70 の最新モデルは、装備・仕様を下記のとおり変更しました。
【主な変更点】
[V70/XC70 シリーズ全体]
●有害ガスを監視し、車内への侵入を防ぐ「アクティブ・キャビン・フィルター」と「本革シート」を標準装備。(対象車種:V70 2.5T LE/3.2 SE/3.2 SE AWD/XC70 3.2 SE AWD)
●ボディカラー新色として「サヴィルグレーパール」をV70 に、「ケイパーグリーンパール」をV70 とXC70にそれぞれ設定。
[V70 2.5T LE]
●新デザイン「16 インチ“Atla”アルミホイール」を採用。
●エクステリアのポイントとなる、「フロント・フォグランプ」や「17 インチ“Canicula”アルミホイール」のほか、「クルーズコントロール」や「アクティブ・バイ・キセノンヘッドライト」など快適&運転支援装備をデラックス・パッケージ(20 万円<税込み>)として設定。
[V70 3.2 SE/3.2 SE AWD]
●「17 インチ“Canicula”アルミホイール」を採用。
●シート表面の湿度を最適化する「フロント・ベンチレーション機能付パフォーレーテッド・レザーシート」、世界トップクラスの「プレミアム・サウンド・システム」、愛車のセキュリティ・ステータスを伝えるリモコンキー「キーレスドライブ機能付パーソナル・カー・コミュニケーター」、盗難防止警報システム「ボルボ・ガード・システム」、駐車時に便利な「パーキングアシスト(フロント/リア)」の人気のオプション5 アイテムをベーシック・パッケージ(35 万円<税込み>)として新たに設定。
[V70 T6 TE AWD]
●「チルトアップ機構付電動ガラス・サンルーフ」を標準装備。
(ボルボ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,990,000 円〜7,950,000 円(V70)/ 6,350,000 円(XC70)
20081224_4.jpg
posted by Carmode at 18:11 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。