carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年01月13日

新型アウディA6 / S6 / RS6を発売

アウディ ジャパン 株式会社は、プレミアムアッパーミドルクラスのアウディA6、アウディS6およびアウディRS6を改良し、本日より全国のアウディ正規ディーラーネットワークを通じて発売。
新型アウディA6は、低燃費と高性能を両立させる新しいスーパーチャージャー付エンジンをラインアップに新たに設定、パフォーマンスとともに燃費/環境性能を大幅に向上させました。全車標準採用のクワトロ(フルタイム4WDシステム)も、最新世代の非対称/ダイナミックトルク配分方式へと進化。また、新たな装備として、A6、S6 およびRS6に国内初導入となる先進の運転支援システム「アウディサイドアシスト」と「アウディレーンアシスト」をパッケージにした「アウディドライブアシスト」パッケージをオプション設定。さらに、580馬力を誇る究極の高性能セダン、アウディRS6が加わりました。
新たにラインアップの中核を担うアウディ A6 3.0 TFSIクワトロは、ダウンサイジングコンセプトによる3.0リッターV型6気筒FSIガソリン直噴エンジンに、レスポンスに優れるスーパーチャージャーを組み合わせ、従来の 4.2リッターV8モデル並みのトルク(420Nm)を発揮しながら、10・15モード燃費は従来の3.2リッターV6モデル(8.7km/ℓ)を凌ぐ9.4km/ℓ、CO2排出量253.5g/kmを達成。また、A6 2.8FSIクワトロ に搭載される2.8リッターV6 FSIエンジンは、細部の見直しと徹底したフリクション(摩擦抵抗)の低減により、従来比10馬力アップの最高出力220馬力、10・15モード燃費9.7km/ℓ、CO2排出量244.4g/kmを実現。
エクステリアもよりスポーティに、エレガントさに磨きがかかりました。新型アウディA6のフロントフェイスは、アウディブランドのアイデンテティであるLEDポジショニングランプが内蔵され、個性的な表情を演出。対向車からの視認性も高く、安全向上にも寄与します。そして、よりワイドになった左右のエアインテークグリルや、力強さを増したシングルフレームグリルにより、フロントフェイスはよりダイナミックな造形へと進化しました。セダンモデルはワイドデザインのLEDテールライトを採用。夜間走行時には周囲に配置されたLEDが鮮やかに光り、アウディならではのエレガントさを演出します。
(アウディ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで6,450,000円〜8,930,000円(A6)/12,280,000円〜12,600,000円(S6)/16,450,000円〜16,800,000円(RS6)
20090113_7.jpg
posted by Carmode at 18:34 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOYOTA、2009年北米国際自動車ショーに新型プリウスを出展

TOYOTAは、1月11日(日)から25日(日)まで、米国デトロイトで開催される2009年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)に、新型プリウスを出展した。
3代目となる新型プリウスは、「圧倒的な環境性能」と「走る楽しさ」のより高いレベルでの両立を目指し、システム全体の90%以上を新開発した1.8Lガソリンエンジンにモーターとリダクションギヤを組み合わせたハイブリッドシステム「THS II」を搭載。また、高い空力性能など車両全体でのエネルギー効率を向上させることで、世界最高レベルの燃費性能と2.4L車並の動力性能を実現している。
さらに、「ソーラーベンチレーションシステム」や「リモートエアコンシステム」、「タッチトレーサーディスプレイ」など高い機能性を持つ先進装備を採用し、時代をリードするプリウス(ラテン語で“先駆け”)の名に相応しい革新的な進化を遂げている。
新型プリウスは、本年5月中旬より日本を皮切りに、順次、世界各国・各地域での発売を予定している。
なお、本モーターショーTOYOTAブースでは、新型プリウス以外に、小型EVコンセプト「FT-EV(Future Toyota - Electric Vehicle)」をはじめ、ヴェンヅァ、カムリハイブリッドやハイランダーハイブリッドなどを出展した。
(トヨタ オフィシャルHP)
20090113_6.jpg
posted by Carmode at 18:32 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEXUS、2009年北米国際自動車ショーにHS250hを出展

LEXUSは、1月11日(日)から25日(日)まで、米国デトロイトで開催される2009年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)に、LEXUS初のハイブリッド専用モデルとなるHS250hを出展した。
HS250hは、その名の由来である「Harmonious Sedan」をテーマに、地球並びに人との調和により、LEXUSにふさわしい「“ときめき”と“やすらぎ”に満ちた時間」を提供するクルマを目指して開発した。ハイブリッド専用モデルとして高い動力性能を確保しつつ、優れた燃費性能を実現するとともに、植物を原料とした環境負荷低減素材であるエコプラスチックの内装部品への採用、さらに人に優しい次世代コックピットを採用するなど、今後のLEXUSの環境・先進イメージをリードしていくクルマである。
【HS250hの車両概要】
▽2.4Lアトキンソンサイクルエンジンと組み合わせ、優れた燃費性能と静粛性、スムーズな走りを追求するハイブリッドシステムと以下の新規アイテムを採用
▽植物を原料としたエコプラスチックを、世界で初めて表皮材としてラゲージトリムに採用。スカッフプレートやツールボックスなどの射出材にも採用するなど、適用部位を大幅に拡大
▽「L-finesse」に基づき、LEXUS初のハイブリッド専用モデルにふさわしいプレミアム感の追求と優れた燃費性能に寄与する空力性能の向上を両立したエクステリアデザイン
▽運転中の視認性と操作性を高次元で両立する次世代コックピットコンセプトをベースに、先進性とプレミアム感を追求したインテリアデザイン
▽ドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステム、レーダークルーズコントロール、レーンキーピングアシストなど先進技術の採用により、高い安全性能を確保
HS250hの日本での発売は、本年夏頃を予定している。
なお、本モーターショーのLEXUSスタンドでは、HS250hに加え、RX450h、RX350、IS250Cなどを出展した。
(レクサス オフィシャルHP)
20090113_5.jpg
posted by Carmode at 18:31 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アルティス」をマイナーチェンジ

ダイハツ工業(株)は、高級セダン「アルティス」をマイナーチェンジして、1月13日(火)より全国一斉に発売する。
「アルティス」は、トヨタ自動車(株)の「カムリ」をベースに、2000年3月からOEM供給を受けて発売している。
今回のマイナーチェンジでは、内外装のリフレッシュを行うとともに、VSC、TRCなどの先進機能を装備し、利便性、安全性などの向上を図り、商品力を強化した。
【アルティス」主な改良点】
(1)内外装をリフレッシュ
●新意匠のアルミホイール、フロントグリル、フロントバンパー、ヘッドランプを採用し、高級車にふさわしい外観を演出
●ドアミラーターンランプを採用
●リヤナンバープレート上部にメッキ加飾のラゲージガーニッシュを採用
●オーディオパネルの照明色をホワイトに変更。シート表皮も変更し、高級感を醸成
●新色2色(ベージュメタリック、ダークグリーンマイカ)を含む全7色を設定
(2)利便性・安全性を向上
●VSC&TRCを標準装備し、高い安全性を実現(2WD車)
●自動防眩ルームミラーを採用
●AUX(外部入力接続)端子を採用
(ダイハツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,745,000円〜2,850,000円
20090113_4.jpg
posted by Carmode at 18:29 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキ、「ランディ」を一部仕様変更し発売

スズキ株式会社は、3列シート8人乗りミニバンタイプの小型乗用車「ランディ」を一部仕様変更し、1月13日より発売する。
今回の一部仕様変更では、インテリジェントエアコンシステム(2.0S)、ディスチャージヘッドランプとアクティブAFS(2.0G)を採用し、装備の充実を図った。なお、「ランディ」は日産自動車株式会社よりOEM供給を受けるモデルである。
【主な仕様変更点】
●「2.0S」には、室内の空気を新鮮に保つプラズマクラスターイオン(R)※2フルオートエアコンや、排出ガス検知式内外気自動切替え機構、高性能フィルターを備えたインテリジェントエアコンシステムを標準装備。
●「2.0G」には、カーブや交差点でステアリングを切ると、専用ランプが自動的に点灯して進行方向の照射範囲を広げるアクティブAFSを、ディスチャージヘッドランプとセットで標準装備。
【ランディの主な特長】
●広いガラスエリアと低く配したインストルメントパネルにより、開放感のある居住空間を実現し、大開口の両側スライドドアと低いステップにより乗降性を向上させた。
●2.0LエンジンとCVTの組み合わせにより、実用域でのなめらかな加速、低燃費を実現。
●2WDは「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」の認定を取得し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成しているため、グリーン税制の優遇措置を受けることができる。
(スズキ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,220,750円〜2,810,850円
20090113_3.jpg
posted by Carmode at 18:27 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ、2009年北米国際自動車ショーで新型「インサイト」を世界初披露

Hondaは、今春より発売を予定している新型ハイブリッド専用車「インサイト」の量産モデル(北米仕様)を、米国ミシガン州デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(プレスデー:2009年1月11日〜13日、一般公開日:1月17日〜25日)で世界初披露した。
新型インサイトは、1.3LのエンジンをモーターでアシストするHonda独創の軽量・コンパクトなハイブリッドシステムを採用し、コスト効率を高め、お求めやすい価格と低燃費を実現。燃料電池車のFCXクラリティを踏襲した先進の空力デザインを採用し、低重心で実用的な5人乗りの室内を備えるとともに、ハイブリッド車ならではの走る楽しさも提供する。
また、新型インサイトには、より低燃費な運転を支援する新開発の「エコ・アシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム)」を採用する。ハイブリッドシステムの核となるIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)は、小型・軽量化を追求した新設計のモーターと、小型・軽量バッテリーを含むIPU(インテリジェントパワーユニット)からなり、車両の制動・減速時には運動エネルギーを回生し、加速時には必要に応じてアシストする。さらに、IPUを荷室下に収めたことで、低重心化と、使い勝手の良い荷室を実現した。
この新型インサイトは、日本では2月5日(木)発表、2月6日(金)発売を予定している。
(ホンダ オフィシャルHP)
20090113_2.jpg
posted by Carmode at 18:26 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOYOTA、カムリをマイナーチェンジ

TOYOTAは、カムリをマイナーチェンジし、全国のトヨタカローラ店を通じて、1月13日より発売した。
今回のマイナーチェンジでは、フロントグリル・バンパー・ヘッドランプなどをより躍動感あるデザインに変更するとともに、フロントフォグランプ、リヤガーニッシュなどにメッキ加飾を施し、高級感を一段と高めている。また、外板色には、ベージュメタリック、ダークグリーンマイカを新たに設定し、全7色としている。
室内については、オーディオ・ヒーターコントロールパネルの色調をライトブルーからホワイトに変更するとともに、シート表皮の柄を変更している。
さらに、サイドターンランプ付ドアミラーの全車標準装備に加え、VSC&TRCの標準設定(除く4WD)や、自動防眩インナーミラー(除く一部グレード)、バックモニターの採用などにより、安全性を向上させている。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,505,000円〜3,470,000円
20090113_1.jpg
posted by Carmode at 18:23 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。