carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年04月01日

富士重工業 新型スバル レガシィセダンを公開

富士重工業は、米国ニューヨークにて開催される2009年ニューヨーク国際自動車ショーに、今年、市場導入を予定している新型レガシィセダン(米国仕様)を世界初公開として出展します。
第五世代となる新型レガシィセダンは、水平対向エンジンを中心とするスバル独自のシンメトリカルAWD(All Wheel Drive)をベースに、誕生以来20年にわたり一貫して磨き続けられてきたハンドリング性能や安全性の向上とともに、乗る人すべてにとっての快適、信頼の走りの実現と環境性能の向上を目指しています。
スバルの次世代自動変速機として開発された無段変速機「リニアトロニック」、クレードル構造を採用したシャシー、広く快適な室内空間を実現した新たなパッケージの採用など、その商品価値をいっそう高いものとしています。
(スバル オフィシャルHP)
20090401_1_1.jpg 20090401_1_2.jpg
posted by Carmode at 18:10 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキの“歴史”と“ものづくり”を紹介する「スズキ歴史館」が開館

スズキ株式会社は、スズキの“歴史”や“ものづくり”を紹介する展示施設「スズキ歴史館」が完成し4月1日、開館式典を行った。
スズキは、ものづくりが盛んな遠州地方の浜松で1909年に鈴木式織機製作所として創業し、1920年に鈴木式織機株式会社を設立した。
創業者・鈴木道雄の『お客様が欲しがっているものなら、どんなことをしてでも応えろ。頑張ればできるものだ』との“ものづくりの精神”を、これからも大切に受け継いでいきたいという思いで「スズキ歴史館」を開設した。
「スズキ歴史館」は、時代とともに歩んできた創業以来の多くの製品と現在のクルマづくりの様子を多彩な構成で展示し、子供から大人まで、浜松の歴史と併せて楽しめる施設とした。
4月2日より「スズキ歴史館ホームページ」等で予約受付を開始し、4月13日から一般公開を開始する。
【各フロア紹介】
3F:スズキものづくりの歴史
●1階から3階まで一直線につながる階段は、現在からスズキが創業した1909年まで、過去の様々な社会的出来事を紹介する歴史を遡る階段となっており、階段を上りきったところに展示した鈴木式織機から、スズキの歴史紹介が始まる。
●時代を超え、国境を越えて受け継がれてきたスズキのものづくり、織機から二輪車、四輪車へと転身を遂げたスズキの歴史を、代表的な製品と当時の再現映像などを合わせて紹介する。
2F:スズキのものづくり(開発から生産まで)
●企画から生産・販売まで、四輪車ができるまでを順序を追って紹介する「スズキのものづくり」を身近に感じていただける開発・生産フロア。
●プレス、溶接、塗装工程は立体映像により紹介し、実際に工場を見学しているような感覚をお楽しみいただける。また、休憩スペースでは遠州地方の産業紹介も行う。
1F:最新のスズキ製品
●直径2mの回転広告灯とともに、現在販売している二輪車、四輪車、船外機等を展示する。
(スズキ オフィシャルHP)
20090401_2.jpg
posted by Carmode at 18:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。