carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年05月20日

新型スバル レガシィ シリーズを発売

富士重工業は、レガシィシリーズをフルモデルチェンジし、5月20日より発売します。
今回発売する5代目レガシィは、『グランドツーリング イノベーション』をコンセプトとし、水平対向エンジンを中心とするシンメトリカルAWDなど独自の技術をベースに、走行性能や安全性などを進化させながら、さらに乗る人すべてが快適に過ごせる居住空間と優れた環境性能を実現しました。
そのため、パッケージをはじめ、新開発のCVT「リニアトロニック」や「クレードル構造マウント」の採用など、すべての性能、機能の向上を図りました。
【商品の主な特徴】
■パッケージ
○室内長、室内幅、室内高を拡大し、すべての席で十分なゆとりを感じられる室内空間を実現。また、リヤトランク、リヤゲート開口部の拡大などにより、使い勝手に優れる荷室スペースを確保。
○サッシュ付ドアの採用によりドア開口部を拡大し、特に後席への乗降性を高めました。
○各ピラーの最適配置による視界設定や5.5mの最小回転半径などにより、優れた取り回し性を実現。
○電動パーキングブレーキの採用により、ハンドブレーキレバーをなくし開放的な前席空間を創出。また前席シート背面の形状を工夫し、ゆとりの後席足元スペースを実現。
■エクステリア
○「力強さ」と「存在感」をテーマに、レガシィらしいスポーティさや機能性の高さとともに、新しさを感じさせるデザインとしました。
○ツーリングワゴンでは、快適な室内空間と優れた機能性を表現。B4では、従来のモチーフを踏襲したスポーティさを継承。アウトバックでは、力強くタフなイメージを強調。
○ツーリングワゴン、アウトバックは、D ピラーをしっかり見せるデザインとし、レガシィらしさを保ちながら変化を感じさせるものとしました。
○良質な光輝感を持つクロームパーツを各所に採用し存在感を強調。
■インテリア
○室内空間の広さや快適さを感じさせる「ゆとり」と、陰影や素材の質感によって機能性を感じさせる「品格」を表現。
○シートは、座面の広さやクッション性の高さなどにより快適な座り心地とホールド性を両立。
○内装色は、上質感とスポーティさを表現したオフブラック内装と、開放感を演出するアイボリー内装を設定。
■エンジン
○全車に、インテリジェント/スポーツ/スポーツ・シャープの3つのモードを切り替えることで、走行状況に応じて走り味を選択できるSI-DRIVEを採用。
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで
2,362,500円〜3,438,750円(ツーリングワゴン)
2,205,000円〜3,286,500円(B4)
2,677,500円〜3,701,250円(アウトバック)
20090520_1.jpg 20090520_2.jpg 20090520_3.jpg
posted by Carmode at 17:59 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。