carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年06月05日

「マツダAZ-ワゴン」の特別仕様車を発売

マツダ株式会社は、軽自動車『マツダAZ-ワゴン』に特別仕様車「XSスペシャル」を設定し、全国のマツダオートザム系、マツダ系、マツダアンフィニ系販売店を通じて6月5日発売します。
特別仕様車「XSスペシャル」は、「XS」をベースに、LEDターンランプ付カラードドアミラー、フルオートエアコン、本革巻ステアリングホイール等の採用により、内外装の質感や快適性を向上させています。また、一部モデルには自動無段変速機(CVT)を採用し、力強い加速と低燃費を実現しています。「XSスペシャル」の2WD車は、環境対応車普及促進税制による減税対象となります。
【車両概要】
●特別装備
LEDサイドターンランプ付カラードドアミラー、フルオートエアコン(抗アレルゲン+カテキン成分配合・エアフィルター付)、サイドエアコンルーバーリング(ブラックメッキ)、インサイドドアハンドル(メッキ)、外気温計(エアコンパネル内)、タコメーター付メーターパネル、本革巻ステアリングホイール、運転席シートリフター、チルトステアリング、6スピーカー(フロントx 2、リア x 2、ツィーター x 2)。
●ボディカラー
既存の設定色から、「パールホワイト」、「シルキーシルバーメタリック」、「ブルーイッシュブラックパール3」、「ルナグレーパールメタリック」、「ミステリアスバイオレットパール」の5色を選択可能。
(マツダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,197,000円〜1,314,600円
20090605_1.jpg
posted by Carmode at 17:32 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

富士重工業 「スバル プラグイン ステラ」を発表

富士重工業は、高性能リチウムイオン電池を搭載した電気自動車「スバル プラグイン ステラ」を、6月4日発表します。本車両は富士重工業が直接販売を行い、7月下旬から納入を開始する予定です。
スバル プラグイン ステラは、軽乗用車ステラをベースに開発した電気自動車。小型軽量なボディに電動パワーユニットを納め、シティコミューターとして必要十分な量の高性能リチウムイオン電池を搭載、10・15モードでの航続距離は90km(自社計測値)を達成しています。
充電は、空の状態から満充電まで、家庭用100Vの交流電源で約8時間、200Vで約5時間。専用の急速充電設備を用いるとバッテリー容量の80%までを15分で充電することも可能。
走行時のCO2排出量はゼロ、発電時から発生量を考慮してもガソリン車と比較し大幅に削減し、環境負荷が少なく、利便性と実用的な航続距離を兼ね備えた新しいモビリティの可能性を提案します。
駆動力を生み出すモーターは、エンジンルーム内に搭載され、最高出力47kWで前輪を駆動、初速から最大トルクを発生するモーターの特長を活かし、力強い発進とスムーズな加速を実現しています。回生エネルギーシステムにより、減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換、充電することで一層の効率化を追求します。
【プラグイン ステラの主な装備】
○4センサー4チャンネルABS(EBD&ブレーキアシスト付)
○デュアルSRSエアバッグ
○エアコン
○UV&IR(赤外線)カットガラス(フロント・フロントドア)
○UVカット機能付濃色ガラス(リヤドア・リヤクォーター・リヤゲート)
○14インチアルミホイール
○専用フロントバンパー&グリル
○残走行可能距離表示付きメーター
○運転席シートヒーター
○AC充電インジケーター
○AC充電ケーブル
○バッテリーロングライフスイッチ(充電容量切替スイッチ)
○パンクタイヤ応急修理キット
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,725,000円
国土交通省による環境性能に優れた自動車に対する自動車重量税・自動車取得税の特例措置により、自動車重量税13,200円、自動車取得税121,500円が免税となります*。
* 自動車重量税は2012年4月30日まで、自動車取得税は2012年3月31日まで
20090604_6.jpg
posted by Carmode at 18:57 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライフ パステル特別仕様車「HIDスペシャル」を発売

Hondaは、軽乗用車「ライフ」のパステルおよびパステル ターボに、ディスチャージヘッドライト<HID>などを標準装備とした特別仕様車「HIDスペシャル」を設定し、6月11日(木)に発売する。
また、タイプ別の専用カラーとなっていた人気の高いボディカラーの適用タイプを拡大。

【パステル、パステル ターボ特別仕様車「HIDスペシャル」特別装備の内容】
○ディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付)
○親水/ヒーテッドドアミラー&フロントドア撥水ガラス
○チルトステアリング
【ライフの変更点】
○ スマッシュイエローをパステル、パステル ターボ、ディーバ、ディーバ ターボに適用
○ピンクゴールド・メタリックをGタイプ、ディーバ、ディーバ ターボに適用
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,198,000円〜1,198,000円(パステル特別仕様車)/ 1,348,000円〜1,468,000円(パステル ターボ特別仕様車)
20090604_5.jpg
posted by Carmode at 18:56 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゼスト」「ゼスト スパーク」を一部改良し発売

Hondaは、「ゼスト」「ゼスト スパーク」の燃費性能の向上を図り、2009年4月から施行の「環境対応車普及促進税制」に対応するとともに、「ゼスト スパーク」Gタイプには、エアロパーツを装備した「スタイリッシュパッケージ」をメーカーオプションとして追加設定し、6月18日(木)に発売する。
【主な変更点】
○「ゼスト」D、「ゼスト スパーク」G、Wの各FF車(ターボ車を除く)
燃費性能の向上を図り、「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、「環境対応車普及促進税制」(自動車取得税と自動車重量税の減税措置)に適合している。
○「ゼスト スパーク」G、G ターボ
精悍で迫力のあるエクステリアデザインを、さらに際立たせるメーカーオプション「スタイリッシュパッケージ」を追加設定した。
装備内容:カラードサイドシルガーニッシュ、大型テールゲートスポイラー
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,176,000円〜1,312,500円(ゼスト)/ 1,260,000円〜1,638,000円(ゼスト スパーク)
20090604_4_1.jpg 20090604_4_2.jpg
posted by Carmode at 18:54 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アウディS5 exclusive(エクスクルーシブ)」 発売

アウディ ジャパン株式会社は、アウディのスペシャルオーダーシステム「アウディ エクスクルーシブ」プログラムによりコーディネートされた3種類の特別な「アウディS5 exclusive」を、2009年6月4日より全国のアウディ正規ディーラーネットワーク(102店舗)で発売します。
「アウディ エクスクルーシブ」は、内外装におけるカラーや素材など、多彩なバリエーションの中からお好みのものを選択し、自身の特別な一台を作り上げることができるアウディのカスタムメイド プログラムで、アウディの100%子会社でありアウディのハイパフォーマンスモデルの開発/生産を担当する「クワトロGmbH」が手掛けています。日本においても2002年よりプログラムが展開され、これまでに600台以上を販売してまいりました。近年はアウディのプレミアム性をより際立たせるプログラムとして需要が高まっており、アウディ ジャパンでは順次適用モデルや内容を充実させ、A3スポーツバックとQ5を除く、全車種で選択可能となっています。
今回アウディ ジャパンでは、クーペスタイルの内に、圧倒的なパフォーマンスを秘めた、アウディ S5をベースに特別な装いを身にまとった、3種類の特別仕様をプロデュースします。エクステリアカラーは、深みのある光沢を放つベルベットパープル、日本を代表するサーキットをイメージした艶やかな表情を見せるスズカグレー、そしてシックな雰囲気を湛えたサドルブラウンの3色。それぞれ、アラバスターホワイト、チェストナットブラウン、ココスベージュのバルコナレザーシートを組み合わせました。丁寧なステッチで縫い上げられた上質なレザーの感触。アウディならではの洗練されたインテリアは、アウディ最上のクーペに相応しい内容となっています。アウディ エクスクルーシブ専用の19インチアルミホイールとともに、エレガントなクーペスタイルを演出します。各色それぞれ5台ずつ、合計15台を発売します。
(アウディ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで9,930,000円
20090604_3.jpg
posted by Carmode at 18:52 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらに強力なアバルトマジックを注入されたサソリ、アバルト グランデ プント エッセエッセ 販売開始

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では、アバルト グランデ プントをパフォーマンスアップさせたアバルト グランデ プント エッセエッセをラインナップに加え、2009年6月13日より販売開始。
【車両概要】
■総排気量1,368ccのインタークーラー付きターボチャージドエンジンはアバルト グランデ プントと同じくするものの、ハイパフォーマンス仕様のエンジンECUやフューエルインジェクター、大型のギャレット製ターボチャージャー、そしてイタリアのBMC製エアクリーナーを装備し、最高出力は132kW(180ps)/5,750rpm、最大トルクは270Nm(27.5kgm)/2,750rpmを発生。これはアバルト グランデ プントの最高出力114kW(155ps)を15%以上、最大トルク230Nm(23.5kgm) 〔SPORT BOOST使用時〕を17%以上も上回る数値となっています。
また、アバルト グランデ プントが『SPORT BOOST』ボタンを押すことによってトルク特性を変化させて前記の最大トルクを発生するのに対し、アバルト グランデ プント エッセエッセでは常に一定のトルクカーブを描きながら大きなトルクを発生。しかも、アバルト グランデ プントより250rpm低い2,750rpmで最大トルクを発生するため、低速域からいつでも俊敏にこの車を加速させます。
■サスペンションは基本レイアウト (フロントはマクファーソンストラット+アンチロールバー、リアはトーションバー) をそのままに、最適化を図った専用のコイルスプリングとショックアブソーバーを装備し、車高はアバルト グランデ プントより15mm低められています。
ブレーキにはハイパフォーマンス仕様のパッドを採用するとともに、前後にドリルドディスクローターを装備して冷却効率を高め、制動力と耐フェード性を向上させています。また、ドリルドディスクはパッド表面を削正しながら摩擦粉も除去するため、このブレーキシステムが持つ制動力を常に最大限に得ることができます。
■外観は、アバルト グランデ プントを基本としながら、専用の18インチ ホワイト仕上げアロイホイールとリアのバッジ、クローム仕上げのデュアルスポーツエキゾーストパイプで差別化しています。
■エッセエッセ専用アイテム
○エンジンカバーバッジ
○リアバッジ
○BMC製ハイパフォーマンスエアクリーナー
○フューエルインジェクター
○エンジンECU(ハイパフォーマンス仕様)
○Garrett製GT1446型ターボチャージャー
○ハイパフォーマンス仕様コイルスプリング&サスペンション
○ホワイト仕上げアロイホイール(PCD100mm)7.5J×18+215/40R18 タイヤ
○フロント ハイパフォーマンスブレーキパッド
○フロント ドリルドベンチレーテッドディスク
○リア ドリルドディスク
○クローム仕上げデュアルスポーツエキゾーストパイプ
(フィアット オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,350,000円
20090604_2.jpg
posted by Carmode at 18:50 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィアット パンダの特別仕様車パンダ100HPを限定販売開始

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では、2009年6月13日より、パンダの限定特別仕様車 パンダ100HP <ヒャク・エイチ・ピー> (Panda 100HP) の販売を開始します。今回販売が開始されるパンダ100HPは、総排気量1,368cc直列4気筒DOHC16バルブエンジン搭載の、6速マニュアルトランスミッション、5ドア、右ハンドル仕様。
【車両概要】
■アグレッシブでスポーティーな外観とともに、最高出力74kW(100ps)/6,000rpm、最大トルク131N・m(13.3kgm)/4,250rpmを発揮する1.4リットル16バルブエンジンを搭載し、トランスミッションは、6速マニュアルトランスミッションとしています。また、搭載されている『スポーツスイッチ』は、シーンに応じて走行モードの選択を可能にするもので、ステアリングとエンジンを制御し、よりスポーティーかつダイレクトなドライビングを実現。
さらに先進の安全機構ESP (ASR / MSR / HBA / ヒルホールドシステム付) が装備されています。この電子制御デバイスは、さまざまな路面状況下でもドライバーのコントロールを補助し、車の挙動を最適に維持して車体の走行安定性に寄与。加えて専用サスペンションの装備や、後輪のディスクブレーキの装着などとあいまって、卓越したパフォーマンスと安全性能が実現されています。
■エクステリアは、100HP専用フロントバンパーとリアバンパー、クロームシャドー仕上げの15インチ・アロイホイールと電動ドアミラー、レッド仕上げのブレーキキャリパー、ワイルドで力強いスタイリングのフェンダーアーチ一体型サイドスカート、スポーティーないでたちを一層強調するテールパイプやボディ同色リアルーフスポイラー、そしてチェッカーフラッグをイメージした100HP専用ボディサイドストライプなど、スポーツマインドをかきたてるさまざまな要素で構成されています。
■インテリアでは、ブラック/グレーのツートーンカラーの内装に、ドライバーの身体を的確にホールドするバケットタイプの100HP専用デザインファブリックスポーツシート、専用デザインのスポーツレザーステアリングや専用デザインのキックプレートなどを装備。
また、このセグメントでは広々とした車内空間や、分割可倒式リアシートを完全にたたむと860リットルになる広いラゲッジスペースが確保され、加えてインストルメントパネル中央部に配された使い勝手のよいシフトレバーなど、計器やスイッチ類も人間工学に基づいてデザイン・配置されており、優れた居住性や操作性を提供。またフルオートエアコンやトリップコンピューター付マルチファンクションディスプレイなど快適性能の充実も図られ、スポーティーな個性の中にも使い勝手のよいユーザーフレンドリーな空間が実現。
(フィアット オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,090,000円(100台限定)
20090604_1.jpg
posted by Carmode at 18:48 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

『シティ・セーフティ』 新型「ボルボXC60」へ標準装備化

ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社は、市街地や渋滞における低速追突を劇的に減らす最新安全技術「シティ・セーフティ」(低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム)を、2009年8月下旬に発売を予定している新型「ボルボXC60」に全車標準装備し、日本で初めて導入します。
ボルボの長年にわたる事故調査の結果、衝突事故件数のうち約75%が時速30km以下で発生していること、およびその約半数がドライバーの不注意によって衝突する瞬間まで、全くブレーキを踏んでいないことが分かりました。
今回日本市場に初めて導入する「シティ・セーフティ」は、このような調査に基づいて開発された画期的な安全技術で、主に渋滞時や交差点で発生する時速30kmまでの低速走行時の追突を未然に回避、もしくは追突ダメージを軽減します。
同システムは、ルームミラー前方に位置するレーザーセンサーで、停車中もしくは同じ進行方向に進んでいる約6m先の前方車両の走行状態を常にモニターします。差し迫った追突の危険性を感知すると、ドライバーによるブレーキ操作に備え、ブレーキの反応を素早くする為にブレーキをプレチャージします。それでもドライバーが反応せず、ブレーキを踏まなかった場合、シティ・セーフティが自動的にブレーキをかけ、同時にエンジン出力を抑制します。両車間の相対走行速度差が15km未満の場合、追突を未然に回避し、両車間の相対走行速度差が15km〜30kmでは、追突のダメージを軽減します。
その他シティ・セーフティのメリットとして、自車および相手側の乗員のむち打ち症の低減のほか、双方の車両修理費用の軽減や保険料を低く抑えられる可能性がある点などが上げられます。
【新型ボルボXC60について】
新型ボルボXC60は、スタイリッシュなパッセンジャーカーとSUVが融合したクロスオーバーモデルで、次世代のボルボを象徴する若々しくフレッシュなスタイリングと、日本初導入の低速追突を未然に防ぐ安全技術「シティ・セーフティ」を標準装備している点が大きな特長です。日本市場への導入は8月下旬を予定しています。
(ボルボ オフィシャルHP)
20090603.jpg
posted by Carmode at 17:55 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

TOYOTA、アルファードならびにヴェルファイアの特別仕様車を発売

TOYOTAは、アルファードとヴェルファイアのエアログレードに、アルファード特別仕様車240S“Limited”・350S“Prime Selection”、ヴェルファイア特別仕様車2.4Z“PLATINUMセレクション”・3.5Z“PLATINUMセレクション”を設定し、6月2日より発売した。
●アルファード
2.4L車は、「240S」をベースに、好評のデュアルパワースライドドアや、落ち着きのある特別内装色シェルを採用しながら、一部装備の見直しを図ることで、ベース車より価格を抑えた “Limited”を設定。一方3.5L車は、「350S」をベースとし、シート表皮にアルカンターラ を採用するなど、高級感ある仕様としている。
●ヴェルファイア
「2.4Z」「3.5Z」をベースに、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア&バックドアイージークローザーなどの装備を採用したほか、シート表皮にアルカンターラ を、ステアリングホイールやドアトリムなどに専用ツヤあり茶木目調パネルをあしらい、一段と上質な室内空間を演出している。
【特別装備】
■全車共通
○デュアルパワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機能付)
○専用ツヤあり茶木目調加飾(センタークラスター、折りたたみ式サイドテーブル)
○専用外板色 グレーメタリック(特別設定色)
■アルファード ※全車共通分に加え、下記を特別装備
【アルファード特別仕様車 240S“Limited”】
○特別内装色 シェル
【アルファード特別仕様車 350S“Prime Selection”】
○専用シート表皮 アルカンターラ
○専用ツヤあり茶木目調加飾(ステアリングホイール、シフトレバー&シフトノブ、フロントドアトリム)
○パワーバックドア(挟み込み防止機能付)&バックドアイージークローザー
○オート格納&リバース連動機能付サイドターンランプ付電動格納式リモートカラードドアミラー(レインクリアリングミラー、ワイドビュー)
○雨滴感知式ウォッシャー連動時間調整式間欠フロントワイパー(ミスト機能付)
○排気ガス検知式内外気自動切替システム
○イルミネーテッドエントリーシステム(フロントパーソナルランプ、エンジンスイッチ、足元照明(運転席・助手席)付)
■ヴェルファイア ※全車共通分に加え、下記を特別装備
【ヴェルファイア特別仕様車 2.4Z“PLATINUMセレクション”】
○専用シート表皮 アルカンターラ
○専用ツヤあり茶木目調加飾(ステアリングホイール、シフトレバー&シフトノブ)
○パワーバックドア(挟み込み防止機能付)&バックドアイージークローザー
○イルミネーテッドエントリーシステム(フロントパーソナルランプ、エンジンスイッチ、足元照明(運転席・助手席)付)
【ヴェルファイア特別仕様車 3.5Z“PLATINUMセレクション”】
○アルファード特別仕様車 350S“Prime Selection”と同様
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで
3,280,000円〜4,050,000円(アルファード特別仕様車)
3,420,000円〜4,050,000円(ヴェルファイア特別仕様車)
20090602_1.jpg 20090602_2.jpg
posted by Carmode at 17:39 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

TOYOTA、プレミオの特別仕様車を発売

TOYOTAは、プレミオに特別仕様車1.8X “Lパッケージ・Prime Selection”を設定し、全国のトヨペット店を通じて、6月1日より発売した。
今回の特別仕様車は、「1.8X」をベースに、1.8X “Lパッケージ”の装備に加え、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機能付)、UVカット機能付プライバシーガラス(リヤドア・バックウインドウ)を特別装備した。また、内装色のグレージュにミディアムブラウンの木目調パネル(インストルメントパネル、センタークラスター、パワーウインドウスイッチベース)を採用するとともに、本革巻き&木目調の4本スポークステアリングホイールなどを装備し、より上質で落ち着いた室内空間を実現。
なお、外板色にはシルバーメタリックを含む、全4色を設定している。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,995,000円〜2,205,000円
20090601.jpg
posted by Carmode at 17:19 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。