carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年06月03日

『シティ・セーフティ』 新型「ボルボXC60」へ標準装備化

ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社は、市街地や渋滞における低速追突を劇的に減らす最新安全技術「シティ・セーフティ」(低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム)を、2009年8月下旬に発売を予定している新型「ボルボXC60」に全車標準装備し、日本で初めて導入します。
ボルボの長年にわたる事故調査の結果、衝突事故件数のうち約75%が時速30km以下で発生していること、およびその約半数がドライバーの不注意によって衝突する瞬間まで、全くブレーキを踏んでいないことが分かりました。
今回日本市場に初めて導入する「シティ・セーフティ」は、このような調査に基づいて開発された画期的な安全技術で、主に渋滞時や交差点で発生する時速30kmまでの低速走行時の追突を未然に回避、もしくは追突ダメージを軽減します。
同システムは、ルームミラー前方に位置するレーザーセンサーで、停車中もしくは同じ進行方向に進んでいる約6m先の前方車両の走行状態を常にモニターします。差し迫った追突の危険性を感知すると、ドライバーによるブレーキ操作に備え、ブレーキの反応を素早くする為にブレーキをプレチャージします。それでもドライバーが反応せず、ブレーキを踏まなかった場合、シティ・セーフティが自動的にブレーキをかけ、同時にエンジン出力を抑制します。両車間の相対走行速度差が15km未満の場合、追突を未然に回避し、両車間の相対走行速度差が15km〜30kmでは、追突のダメージを軽減します。
その他シティ・セーフティのメリットとして、自車および相手側の乗員のむち打ち症の低減のほか、双方の車両修理費用の軽減や保険料を低く抑えられる可能性がある点などが上げられます。
【新型ボルボXC60について】
新型ボルボXC60は、スタイリッシュなパッセンジャーカーとSUVが融合したクロスオーバーモデルで、次世代のボルボを象徴する若々しくフレッシュなスタイリングと、日本初導入の低速追突を未然に防ぐ安全技術「シティ・セーフティ」を標準装備している点が大きな特長です。日本市場への導入は8月下旬を予定しています。
(ボルボ オフィシャルHP)
20090603.jpg
posted by Carmode at 17:55 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。