carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年06月25日

「マツダ ビアンテ」を一部改良

マツダ株式会社は、中型トールタイプミニバン『マツダ ビアンテ』を一部改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて6月25日発売します。
今回の改良においては、新型『アクセラ』にも採用したマツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を主力機種「20S」(2WD車)に標準装備、これにより旧型比で燃費を約7%改善しています(10・15モード燃費:13.6km/L)。また、「i-stop」は、アイドリング停止時の素早いエンジン再始動(約0.35秒)と、エンジン停止・始動時の振動を抑える設計により、ほとんど違和感やストレスを感じない、自然な操作性を実現しています。
「i-stop」に加えて、「20S」(2WD車)にはエコ運転を支援するトリップコンピューター(燃費計)およびエコランプや、横滑り防止機構のDSCを新たに標準化することにより、環境・安全性能を充実させています。また、2.0L 2WD全車は「環境対応車普及促進税制」による減税対象となり、自動車取得税および自動車重量税について「20S」が75%、「20CS」が50%軽減措置の対象となると同時に、「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となります。
【ビアンテ一部改良の概要】([ ]内は対象機種)
○アイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を標準装備 [20S(2WD車)]
○トリップコンピューター(燃費計)とエコランプを標準装備 [全車]
○DSC(横滑り防止機構)を標準装備 [20S(2WD車)、23S]
○シートレールに装着して使用するラゲッジフック(フレキシブルフック)を追加 [全車]
○ボディカラーにボルドー系の「ラディアントエボニーマイカ」を新採用 (全6色)
○チケットバンド付サンバイザー(運転席)を標準装備 [全車]
(マツダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,131,500円〜2,788,000円
20090625_1.jpg
posted by Carmode at 17:50 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「CLS 350 Grand Edition(グランドエディション)」を限定発売

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、メルセデス・ベンツ CLS 350をベースに、内外装に専用装備を施した「CLS 350 Grand Edition」を、6月25日より全国のメルセデス・ベンツ 正規販売店ネットワークを通じ限定発売します。
エクステリアは、特別外装色「designoマグノプラチナムマットペイント(つや消しグレー)」に、同色をあしらったフロントグリルやチタニウムグレーペイント18インチAMG 5スポークアルミホイール、専用デザインヘッドライトを組み合わせ、魅惑的なCLSのフォルムを よりいっそう際立たせるとともに、特別感を演出しています。
内装には、ブラックのナッパレザーシートおよびトリムやステアリングにブラックバードアイメープルウッドを採用し、ブラックで統一されたシックで落ち着きのあるインテリアとなっています。
なお、本特別仕様車にも、メルセデス・ケア(3年間走行距離無制限の無料修理・ 無料メンテナンスと24時間ツーリングサポート)が適用されます。
(メルセデス・オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで9,650,000円
20090625_2.jpg
posted by Carmode at 17:48 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィアット 500のオープントップモデル フィアット 500Cの予約受付開始

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では、フィアット 500のオープントップモデル、フィアット 500Cを2009年9月26日より販売開始します。またこれに先行して7月4日より予約受付を開始。
今回フィアット 500Cにラインナップされるのは、1.2リッターエンジンを搭載するフィアット 500C 1.2 8V ポップ (FIAT 500C 1.2 8V POP) と、1.4リッター DOHC エンジンを搭載するフィアット 500C 1.4 16V ラウンジ (FIAT 500C 1.4 16V LOUNGE)、そしてその特別仕様で限定50台となるフィアット 500C 1.4 16V ラウンジ SS (FIAT 500C 1.4 16V LOUNGE SS) で、3車ともATモード付5速シーケンシャルトランスミッション『デュアロジック』を装備する右ハンドル仕様です。
フィアット 500Cは、2代目フィアット 500のオープントップモデルのイメージを再現しながら、7つのエアバッグを始めとするセグメントトップの安全装備、大人4人が快適に乗車できる居住性、そして平行四辺形の巧妙なヒンジ機構でソフトトップの開閉を行うことによって充分なトランクスペース確保するなど、ベースモデルのフィアット 500の長所もそのまま活かされています。
フィアット 500と同等のボディサイズ (L:3,545mmxW:1,625mmxH:1,505mm) と、大きな開口面積を誇るソフトトップを与えられたフィアット 500Cは、わずかな重量増でこの開放感を実現。
さらに、通常のオープンモデルではトランクリッドの高さに固定して装備されるハイマウントストップランプの取付位置も、フィアットならではのユニークさとフィニッシュでソフトトップに一体化されています。このランプユニットは、ソフトトップを閉めている時にはベースモデルと同じルーフ後端に位置することになり、高い位置から後続車の注意を喚起し安全性を高めています。
また、ソフトトップに一体化されるリアウィンドーは熱線式デフロスター機能付のガラス製で、視認性に優れています。従来の小型ソフトトップモデルに見られた、透明の軟質素材で作られたリアウィンドーの問題を解消したばかりでなく、選び抜かれたソフトトップの素材やその構造ともに耐候性/経年劣化の心配もありません。
そして、フィアット 500C 1.4 16V ラウンジではベースモデルでは設定されていなかった三層仕上げのパールペイントが標準仕様となり、新色のラガマフィン レッドもフィアット500レンジのカラーバリエーションに加わりました。フィアット 500C 1.4 16V ラウンジ SSはレザーシートとクローム仕上げのヒーテッド電動ドアミラーなどが標準装備となる50台限定の特別仕様車となっています。
(フィアット オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,390,000円〜2,990,000円
20090625_3.jpg
posted by Carmode at 17:46 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。