carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年08月31日

メルセデス・ベンツ 新型E 63 AMGを発売開始

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデスAMGならではの圧倒的なドライビングパフォーマンスと、Eクラスの快適性を高次元で融合した高性能スポーツサルーン「メルセデス・ベンツ E 63 AMG」を 全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークにて8月31日より正式発売します。
新型E 63 AMGは、新型Eクラス セダンをベースに、エンジン、トランスミッション、シャーシ/サスペンション、ブレーキ、エクステリア、インテリアなど、あらゆる点において高性能でアグレッシブな個性を極めたモデルです。
【新型E 63 AMGの特徴】
●525PS(386kW)の圧倒的なパワーを誇るメルセデスAMG社製6.3リッター V型 8気筒エンジン
●ダイレクトなアクセルレスポンスとスピーディなシフトチェンジを実現した AMGスピードシフトMCT(電子制御式7速トランスミッション)
●圧倒的なパワーに対応して専用に設計開発されたフロントアクスルと電子制御「AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション」
●よりシャープでスポーティなハンドリング特性をもたらす、クイックなステアリング ギアレシオや専用セッティングのパワーステアリング制御をもつAMGスポーツ ステアリング
●大径ブレーキローターや大型のブレーキキャリパーにより強力な制動力と耐フェード性能を発揮する「AMG強化ブレーキシステム」
●E 63 AMG専用デザインによるダイナミックでアグレッシブなエクステリア
●E63 AMG専用デザインの本革スポーツシートやスポーツステアリングなど、 上質感とスポーティさを強調したインテリア
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで14,950,000円
20090831_2.jpg
posted by Carmode at 17:25 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オッティ」を一部改良

日産自動車株式会社は、「オッティ」を一部改良し、8月31日より全国一斉に発売する。
今回の一部改良では、エンジンとオートマチックトランスミッションの制御変更などにより、燃費を向上させた。5速マニュアル(MT)全車と4速オートマチック(AT)の2WD車(ターボ車を除く)は2009年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。
また、ボディカラーの見直しを行い、新色ナイトバイオレット(P)を含む全8色を設定した。
日産は減税措置に適合する車種を"「Nissan ECO」(通称:ネコ)シリーズ"と総称しており、「オッティ」を含む16車種がその対象となっている。
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,050,000円〜1,627,500円
20090831_1.jpg
posted by Carmode at 17:24 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

インスパイアを一部改良し発売

Hondaは、「インスパイア」に、ドアおよび車体フロント回りなど、音の経路に遮音材を追加し静粛性の向上を図るとともに、お客様からのご要望が高かったアイボリー内装を追加設定し、8月27日発売する。
インスパイアは、走行状況にあわせて燃焼気筒数を切り替える「可変シリンダーシステム(VCM:Variable Cylinder Management)」を採用した「V6 3.5L i-VTECエンジン」を搭載し、国産3.5Lクラスセダンで唯一の無鉛レギュラーガソリン仕様でありながら、206kW[280PS]、342N・m[34.9kg・m]の高出力・高トルクを達成している。
【インスパイアの主な変更点】
●ドアおよび車体フロント回りなど、音の経路に遮音材を追加し、静粛性を向上。
●レザーインテリア<本革シート(運転席&助手席シートヒーター付)>に、アイボリー内装を追加設定。
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,300,000円〜3,900,000円
20090827_2.jpg
posted by Carmode at 17:09 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEXUS、GSを一部改良

LEXUSは、GSを一部改良し、全国のレクサス店を通じて、9月14日より発売する。
今回の改良では、従来のHDDナビゲーションに、通信で地図の更新ができる「マップオンデマンド」や地上デジタルTVチューナーなどを追加するとともに、携帯型オーディオプレーヤーの接続が可能なUSB端子をコンソールボックス内に標準装備し、利便性を高めている。また、乗員の頸部への衝撃を緩和し、むち打ち傷害軽減に寄与するアクティブヘッドレストを運転席・助手席に標準装備し、安全性を向上している。さらに、新外板色3色(スリークエクリュメタリック・ディープペリドットマイカ・ラピスラズリマイカ)を加えるとともに、セミアニリン本革・本革のシート色はブラックを設定したほか、従来から設定のアイボリーを一層明るい色合いにリニューアルしている。
あわせて、GS450hでは、ハイブリッド専用18インチアルミホイールをより躍動感あふれるデザインに変更したほか、フロントグリル・リヤコンビネーションランプについてもハイブリッド車専用の意匠に変更している。インテリアも専用シート色(ブラック&ウォーターホワイト)や、パワースイッチにLEXUSハイブリッドブルーを採用するなど、ハイブリッド車としての個性を際立たせている。
(レクサス オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで5,520,000円〜7,970,000円
20090827_1.jpg
posted by Carmode at 17:07 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

MINI 50 周年を記念した特別限定の外装オプション、MINI JUBILEE LINE(ミニ・ジュビリー・ライン)を全国のMINI 正規ディーラーにて先着400 名様限定で展開

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、同社が扱うブランドMINIのエクステリア・デザインを特別な仕様にカスタマイズする外装オプション、「MINI JUBILEE LINE(ミニ・ジュビリー・ライン)」を8月26日より展開することを発表。BMW Group AG のMINI のデザインチームが、今年8月26日に50 周年を迎えるMINIブランドの誕生日を祝ってデザインした、この特別なオプションは、8月26日以降MINIの正規ディーラーにて新車を購入されたお客様に、オプション費用無償で提供します。50 周年のアニバーサリーを記念してデザインされたMINI JUBILEE LINEは世界に先駆けて日本で先行して受付を開始。MINI(ハッチバック)用に200 セット、MINI Clubman用に200 セットの合計先着400 名様限定での展開となります。
【MINI JUBILEE LINE について】
MINI JUBILEE LINEは、MINIのユニークなエクステリアのデザインに50 周年記念の誕生日をお祝いするのに相応しいデザインの要素が加えられた特別なボディ・ストライプです。ボンネット、ルーフ、ミラー・キャップ、ボディのリアセクションに加えられるストライプのラインやMINIがモータースポーツの世界で残した数々の業績を称えるローレルをモチーフにしたロゴは、サイド・スカットルとドアシルに冠され、MINIのユニークなデザインをより際立たせます。尚、このオプションはMINIの誕生日である8月26日より、先着400名様限定で、全国のMINI 正規ディーラーにて展開されます。
MINI JUBILEE LINE 装着可能モデル
1.MINI(ハッチバック):MINI ONE、MINI Cooper、MINI Cooper S
*下記のボディ・カラーには装着できません。
オキシジェン・ブルー、メロー・イエロー、ブリティシュ・レーシング・グリーン、ナイトファイアー・レッド
2.MINI Clubman:MINI Cooper Clubman、MINI Cooper S Clubman
*MINI Convertible, MINI John Cooper Works、MINI John Cooper Works Clubman、MINI John Cooper Works Convertible には装着できません
(ミニ オフィシャルHP)
20090825_7.jpg
posted by Carmode at 12:33 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルセデス・ベンツ Cクラスを一部変更

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデス・ベンツ Cクラス(セダン/ステーションワゴン)に新開発のガソリン直噴ターボエンジンを搭載したモデル「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」 「C 250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」を導入するとともに、全モデルで装備の充実を図りつつ新価格にて、8月25日より発売します。(C 250 CGIのお客様への納車開始時期は、2009年11月頃を予定)
【エンジン変更/装備充実の概要】
●C 250 アバンギャルド/C 250 ステーションワゴン アバンギャルドのエンジンを変更し、低燃費と高出力を両立する新開発1.8リッター直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンを搭載
●メルセデスの最新環境対応テクノロジー「ブルーエフィシェンシー」を採用
●地上デジタル放送(12セグ)対応テレビやメディアインターフェースなどの標準装備により、快適性、利便性を向上させながら、各モデル価格を最適化
今回新開発1.8リッター直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンは、シリンダー内にガソリンを高圧で直接噴射することにより燃焼効率を高め低燃費化を図るとともに、ターボチャージャーを搭載し高出力を実現。従来の2.5リッターV型6気筒モデルにくらべ大幅に小型軽量化した新開発エンジンは、同等の出力と、最大トルク26%の増加を実現しながら、燃費は約20%の大幅な低減を図りました。
また、メルセデスの最新環境対応テクノロジー「ブルーエフィシェンシー」を全モデルに採用し、燃費経済性の向上 =すなわちCO2排出量の低減を図っています。
装備面では、C 200 コンプレッサー エレガンスおよびアバンギャルドに日本仕様専用に開発した8ウェイパワーシートを、C 250 CGI、C 300、C 63 AMGに電動ランバーサポートを標準装備(C 200 コンプレッサー エレガンスおよびアバンギャルドにはコンフォート パッケージとしてオプション設定)。
また、地上デジタル放送(12セグ)対応テレビチューナーをはじめ、iPodやUSBオーディオなど外部オーディオ機器を車両に接続し、曲名等をディスプレイ画面に表示できるメディアインターフェースを全車標準装備するなど、車内エンタテイメントの充実を図りました。
新たにオプション装備として、キーを携帯しているだけで、リモコン操作をすることなくドアの開錠/施錠、ボタンを押すだけでエンジン始動ができるキーレスゴーを設定しました(C 63 AMGは標準装備)。
なお、一部ラインアップを見直し、「C 300 アバンギャルドS」を「C 300 アバンギャルド」に変更するとともに、左ハンドル仕様を追加設定いたしました。この変更に伴い、従来標準装備であったAMGスポーツパッケージはオプションとして設定といたします。また、ステーションワゴンに、新たに「C 300 ステーションワゴン アバンギャルド」を追加しました。
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,400,000円〜10,800,000円
20090825_6.jpg
posted by Carmode at 12:30 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「A 180 スペシャルエディション」を限定発売

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル「Aクラス」の特別仕様車「A 180 スペシャルエディション」を、8月24日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店を通じ限定発売します。 (全国限定 250台)
本特別仕様車は、外装色に深みのある輝きを与える限定車専用色のデルタグリーンをはじめ、艶やかな表情を見せるサターンレッド、そして知的な雰囲気を放つカルサイトホワイトの3色を用意するとともに、専用エンブレム、限定車専用デザインアルミホイールを装備し特別感を演出したエクステリアとなっております。また、内装は個性的なデザインのインテリアトリムや本革巻ステアリング&シフトノブを採用し上質感と快適性を 向上させています。
また、駐車場や狭い場所での運転操作をサポートするパークトロニックや、iPod/USBオーディオなど外部オーディオ機器を接続し、曲名等を6.5インチワイドディスプレイに表示するとともに、選曲や音量調整をステアリング上のスイッチで操作可能なメディア インターフェースなど機能性を高める装備も充実しています。
「A 180 スペシャルエディション」は、国土交通省による「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を取得し、優れた環境適合性を実現しています。また、平成22年度燃費基準を達成し、「経年車(車齢13年超車)の廃車を伴う新車購入補助」対象モデルとなっています。
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,880,000円
20090825_5.jpg
posted by Carmode at 12:28 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルセデス・ベンツ Aクラス・Bクラスのモデル名称を変更

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデスの2つのコンパクトモデル「Aクラス」と「Bクラス」一部モデルの名称を変更、 新規オプションを設定し8月24日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ発売します。
モデル名称の変更につきましては、
A 170 → A 180
A 170 エレガンス → A 180 エレガンス
B 170 → B 180
とします。これに伴う価格の変更はありません。 また、Bクラスはラインナップを見直し、「B 180」「B 200」の2モデルとしました。
装備面では、iPodやUSBオーディオなど外部オーディオ機器を車両に接続し、曲名等を6.5インチワイドディスプレイに表示し、選曲や音量調整をステアリング上のスイッチで操作可能な「メディアインターフェース」を新たにオプション設定しました。
Aクラスの全モデルは、国土交通省による「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定、Bクラスは全モデル「50%低減レベル(★★★低排出ガス車)」認定を取得し、優れた環境適合性を実現しています。また、Aクラス全モデルは平成22年度燃費基準を達成、B180は平成22年度燃費基準+5%を達成し、「経年車(車齢13年超車)の廃車を伴う新車購入補助」対象モデルとなっています。
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
20090825_4.jpg
posted by Carmode at 12:27 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

新型「ゴルフ GTI」販売開始

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、フォルクスワーゲンの人気車種「ゴルフ」のスポーティモデルである新型「ゴルフGTI」を2009年9月5日より発売。
【新型ゴルフGTIの主な特徴】
■GTIらしいパワフルな走りを実現する高出力・低燃費が特徴のパワートレーン
新型ゴルフGTIに搭載されるのは、高性能と経済性が特徴的な新世代の直噴ターボエンジンである2.0L TSIエンジン。コンパクトな構造とすることで、摩擦ロスを減らし燃費向上を図るとともに、メンテナンス性の向上も実現。最高出力は155kW(211PS)/5,300-6,200rpmで先代GTIより11馬力向上。最大トルク280Nm(28.6kgm)は1700rpmという低回転から発生。トランスミッションは、燃費向上にも大きく貢献する湿式6速DSGを搭載することで10・15モード燃費は13.0km/Lと、歴代GTIで一番の低燃費を実現、2010年燃費基準を達成。
■新技術を採用したGTI専用シャシーがダイナミックな走りを可能に
GTI専用にチューニングされたスポーツサスペンションは、フロント22mm、リヤ15mmローダウンし、スプリングやダンパー、リヤスタビライザーが最適化されています。さらに、新型GTIには“XDS”と“DCC”という2つの新技術が採用されています。
■“GTI”のパフォーマンスを引き立てる専用のエクステリア
新型ゴルフGTIには、ラジエーターグリルにはハニカムデザインが採用され、その上下に伝統の赤いラインを配し“GTI”であることを主張。さらに専用バンパー中央部に組み込まれた大型のハニカムデザインのエアインレットや、両端に配された専用デザインの縦型フォグランプなどが、スポーティかつダイナミックなGTIを象徴。また、GTIには新設計のダイナミックコーナリングライト付きバイキセノンヘッドライトが標準装備されています。このバイキセノンヘッドライトには走行速度に応じて光軸を調整し配光パターンを自動調整する機能が採用されており、様々な速度域で常に最適な照射範囲を確保。夜間の安全走行をサポート。
■スポーティさとダイナミックさを演出する数々の専用インテリア
GTI専用のトップスポーツシートには、赤と白のラインが織り成すチェックのファブリックパターンが採用され、アルミのGTIロゴプレート付専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、レザーシフトノブ、レザーハンドブレーキグリップには、クロームのアクセントに加えて赤いステッチが施されています。さらに、アルミ調ペダルクラスターや、ブラックルーフライナーなどを採用することで通常のゴルフとの差別化を図り、インテリアでもスポーティさを表現。メーカーオプションとしては、レザーシート(運転席パワーシート)、電動ガラススライディングルーフの他、RNS 510(HDDナビゲーションシステム/地デジTV受信)とリヤビューカメラ”Rear Assist”のセットオプションを設定しています。
(フォルクスワーゲン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,660,000円
20090825_1.jpg
posted by Carmode at 14:58 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウディ A5 カブリオレ発売開始

アウディ ジャパン株式会社は、7月13日に発表したプレミアムオープン4シーター「アウディA5カブリオレ」を、8月25日より全国のアウディ正規ディーラーネットワーク(103店舗:現時点)で発売を開始します。
オープンエアモータリングを快適に、そしてエレガントに楽しめるフル4シーターカブリオレである「アウディA5カブリオレ」は、AVS (アウディ バルブリフト システム)を搭載するV型6気筒 3.2リッター FSI エンジンと、優れたドライバビリティと動力伝達効率を発揮する7速Sトロニック トランスミッションの採用により、高い環境性能を実現。発売に先立ち、2010年度燃費基準達成車に認定されました。
「アウディA5カブリオレ」は、優雅なエクステリアデザインを実現するためにソフトトップを採用しています。ソフトトップはボディカラーに合わせて4色が用意されており、ボディカラーとのコントラストがA5カブリオレのエレガントなデザインをさらに引き立てます。ソフトトップは、耐候性と断熱性に優れたキャンバス素材を採用し、軽量で頑丈なソフトトップフレームとともに、高い気密性と遮音性を実現しています。また、ソフトトップならではのコンパクトな収納性により、クローズド時には380L、オープン時にもクラス最大となる、320Lのトランク容量を確保。さらに、リアシートに分割可倒式トランスクスルー機構を採用し、ゴルフクラブなど、長尺物の搭載を可能にするなど、高い実用性を有しています。
(アウディ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで7,840,000 円
20090825_2.jpg
posted by Carmode at 14:56 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウディA5 / A6 / TT ラインアップの装備・仕様を変更

アウディ ジャパン株式会社は、アウディA5 / A6 / TT ラインアップの一部モデルの装備・仕様を変更し、2009年8月25日より全国のアウディ正規ディーラーネットワークを通じて発売を開始します。アウディ A5 3.2 FSI クワトロとアウディ S5には新価格を適用、その他モデルの価格は据え置きで発売します。
今回の変更点は以下のとおりです。
【アウディA5】
●小型ドアミラーおよびLEDリヤコンビネーションランプを新採用
●アウディサイドアシストを、アダプティブクルーズコントロールとセットでオプション設定
●A5 3.2FSIクワトロの燃費を向上。10・15モード燃費は10.4km/L(従来比12%向上)、CO2排出量は223g/km(従来比11%低減)に改善
【アウディS5】
●後輪左右にかかる駆動力の配分を、路面状況に合わせて最適になるように常時変化させる先進のシステム「リヤスポーツディファレンシャル」を標準装備
●小型ドアミラーを新採用
【アウディA6 / A6アバント全モデル / S6 / S6アバント / RS 6 / RS 6アバント】
●従来のDVD方式に代わり、新たに高解像度ディスプレイ、Bluetoothハンズフリーシステムを備えるHDDナビゲーションシステムを標準装備
【アウディ TTクーペ 2.0 TFSI】
●バイキセノンヘッドライト / 自動ヘッドライトハイトコントロール / ヘッドライトウォッシャー / 自動防眩ルームミラー / レインセンサー / オートライトを標準装備
【アウディ TTロードスター 2.0 TFSI】
●ソフトトップカラーに新たにベージュを追加
【アウディ TTSクーペ】
●右ハンドル車を新たに設定
(アウディ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで
5,820,000円〜7,080,000円(A5)
8,890,000円(S5)
6,450,000円〜8,930,000円(A6)
12,280,000円〜12,600,000円(S6)
16,450,000円〜16,800,000円(RS6)
4,440,000円〜5,040,000円(TTクーペ)
4,960,000円(TTロードスター)
6,870,000円(TTSクーペ)
20090825_3.jpg
posted by Carmode at 14:53 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

スマートの第二世代電気自動車量産を開始

ダイムラーAGは、2009年11月よりフランスのハンバッハ工場において新型スマート フォーツーの電気自動車「スマートed(electric drive)」の生産を開始します。 スマートedは、効率の高いリチウムイオンバッテリーを採用し、スマートの電気自動車としては第二世代となるモデル。バッテリーはアクスルの間に搭載され、室内空間を損なうことはありません。出力30kWの電動モーターはリアに搭載され、120N・mのトルクを 瞬時に発揮し、優れた加速性能と機敏さを実現します。新型スマートedは通常の 家庭用電気コンセントでの充電が可能で、フル充電した場合の航続距離は115キロに達します。充電にかかるコストはドイツの家庭でフル充電した場合、約2ユーロで済み、 低コストでゼロエミッション(排出ガスゼロ)のモビリティを実用化することになります。新型スマートedは、ベルリンやその他欧州の主要都市、米国の一部のお客様を対象にリース車としての販売を開始し、日常条件下で利用されることになります。さらに、2012年には通常のラインアップとして生産、販売を開始します。
(スマート オフィシャルHP)
20090824.jpg
posted by Carmode at 17:39 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

『iQ“GAZOO Racing tuned by MN”』を100台限定発売

トヨタ自動車は、GAZOO Racingにより、iQ「130G」をベースにスポーティにチューニングした“GAZOO Racing tuned by MN”を開発し、株式会社トヨタモデリスタインターナショナルより、11月13日から限定100台を発売する。なお、受注は全国のネッツ店を通じて8月20日より開始する。
今回、商品化した、iQ“GAZOO Racing tuned by MN”は、2007年のGAZOO Racingプロジェクト発足時から、トヨタマスターテストドライバーの成瀬弘らとともに追い求めている「クルマの味づくり」を具現化したチューニングカーの第1弾である。
商品の特徴は、iQ「130G」をベースに
■専用チューニングサスペンション
■6速マニュアルトランスミッション
などにより
足回りやハンドリングをスポーティにチューニングすることで、iQの特徴である俊敏性と高速での走行安定性を高次元で実現した。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,972,000円(モデリスタカスタマイズ込車両本体価格)
20090820_2.jpg
posted by Carmode at 17:54 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOYOTA、iQに1.3L車を新設定

TOYOTAは、iQに1.3L 1NR-FEエンジンを搭載した新グレード「130G」、「130G“レザーパッケージ”」を設定するとともに、全車一部改良を実施した。
またあわせて、デコクレ第2弾となる特別仕様車“+(プラス)”ならびに2人乗りの特別仕様車“2 Seater”を設定し、全国のネッツ店を通じて、8月20日より発売。
今回、追加設定した「130G」、「130G“レザーパッケージ”」は、吸気・排気バルブタイミングを最適にコントロールするDual VVT-iを採用した1NR-FEエンジンを国内で初搭載し、低・中速域での豊かなトルクと高速域での軽快な加速を実現。
あわせて、一部改良では、運転席にシート上下アジャスターを採用した(“レザーパッケージ”)ほか、ドアアームレストにポケットを追加し、使用性を向上させた。さらに、外板色に、新色のグレーメタリックを含む全12色を設定するとともに、“レザーパッケージ”のシート表皮にブラックレザー×レッドファブリックを追加設定した。
また、デコクレ第2弾となる特別仕様車100G“+”、100G“レザーパッケージ・+”、130G“+”、130G“レザーパッケージ・+”は、「アクセントカラー」をキーワードに、「ファッションやインテリアのようにコーディネートすることを楽しみ、自分らしさを演出できるクルマ」をコンセプトとしている。豊富に設定したカラーバリエーションの中から外板色・シート表皮を選択でき、さらに、アクセントカラーを配した専用加飾を加えた内装をコーディネートすることにより、自分らしさを表現できる魅力的な仕様としている。
具体的には、「100G」、「130G」をベースに、内装にアクセントカラーとなるスコーピオンレッドあるいはキャメルゴールドの専用加飾を施した、ドアクラスター、インパネセンタークラスター、ステアリングスイッチパネルを採用。さらに、スーパークロームメタリック塗装の15インチアルミホイール (100G“レザーパッケージ・+”、130G“レザーパッケージ・+”に採用)のほか、上質感を演出する専用パターン助手席インパネアッパーパネル、専用黒色加飾を施したメーターバイザー、めっき加飾を施した角度調整機能付マップランプ(白色LED)を特別装備し、よりスタイリッシュな仕様としている。
同時に発売する特別仕様車100X“2 Seater”は、乗車定員を2人にすることで、後部座席部分をラゲージスペースに変更し、積載容量を拡大したゆとりあるレイアウトとするなど、多様なニーズに対応している。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,400,000円〜1,700,000円(iQ)/1,290,000円〜1,730,000円(特別仕様車)
20090820_1_1.jpg 20090820_1_2.jpg
posted by Carmode at 17:52 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

TOYOTA、bBの特別仕様車を発売

TOYOTAは、bBに特別仕様車S“HID セレクション”を設定し、全国のネッツ店を通じて、8月19日より発売した。
今回の特別仕様車は、「S」をベースに、ディスチャージヘッドランプ(オートレベリング機能付)やフロントフォグランプを特別装備したほか、外板色に特別色マルーンブラウンマイカを含む全4色、内装色に特別色オリーブドラブを設定し、より魅力的な仕様としている。
さらに、キーフリーシステム(バックドア連動・電波式・アンサーバック機能付・電子カードキー1本)と盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)を標準装備した仕様も設定している。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,400,000円〜1,604,750円
20090819_2.jpg
posted by Carmode at 17:36 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOYOTA、ヴィッツの燃費を向上

TOYOTAは、ヴィッツを一部改良するとともに特別仕様車F“Limited II”を設定し、全国のネッツ店を通じて、8月19日より発売した。
今回は、1.0Lエンジン(除く“インテリジェントパッケージ”装着車)、1.3Lエンジン(除く4WD)において、エンジン・トランスミッション・オルタネーターなどの制御を改良し、燃費を1.0Lエンジン搭載車で22.5km/L(従来型比+0.5km/L)、1.3Lエンジン搭載車(2WD)で20.0km/L(従来型比+0.4km/L)に向上、「平成22年度燃費基準+25%」を達成している。
これにより、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、2009年4月より施行されている「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税と自動車重量税が75%(従来型は50%)減税される。
また、今回設定の特別仕様車は、「F」をベースに、外板色に特別色ローズメタリックオパール、ダークレッドマイカを含む全9色を設定したほか、専用シート表皮、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム/オートレベリング機能付)、スマートエントリー&スタートシステムおよび盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)を特別装備したうえ、インサイドドアハンドルやサイドレジスターなどにめっき加飾を施すことで上質感を高め、より魅力的な仕様としている。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,076,000円〜1,475,000円(ヴィッツ)/ 1,244,000円〜1,470,000円(特別仕様車)
20090819_1.jpg
posted by Carmode at 17:34 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

TOYOTA、ハリアーの特別仕様車を発売

TOYOTAは、ハリアーに特別仕様車240G“Lパッケージ・Limited”を設定し、全国のトヨペット店を通じて、8月18日より発売した。
今回の特別仕様車は、「240G」をベースに、スイッチ操作でバックドアを自動で全開閉可能なパワーバックドア(挟み込み防止機能付)を特別装備し、利便性を向上させた。さらに、“Lパッケージ”で好評の運転席マルチ8ウェイマルチアジャスタブルシート(電動ランバーサポート付)、4:2:4分割可倒式リヤシート、シート表皮(ジャカード織物)などを採用し、より高級感のある魅力的な仕様とした。
なお、外板色にはホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)を含む、全3色を設定している。
(トヨタ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,730,000円〜2,982,000円
20090818_1.jpg
posted by Carmode at 18:13 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ティアナ」の一部仕様を向上

日産自動車株式会社は、「ティアナ」の一部仕様を向上し、8月18日より全国一斉に発売する。
今回の一部仕様向上では、先進の地図更新システムを装備したHDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムを採用した(350XV、250XVに標準装備。その他グレードはメーカーオプション)。本ナビゲーションシステムでは、12セグ/ワンセグ自動切換え機能付き地デジチューナーを内蔵し、iPod等とのUSB接続を可能とすることで、お気に入りの音楽を車内で楽しめるようにするなど、充実したエンターテインメント機能を装備しており、さらに居心地のよい室内空間を実現している。
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,551,500円〜4,068,750円
20090818_2.jpg
posted by Carmode at 18:11 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北米で発売予定のアキュラ「ZDX」の概要を発表

アメリカン・ホンダモーターは、新型アキュラ「ZDX」の概要を発表した。
「ZDX」は、スポーティクーペの持つ流麗なスタイリングや走行性能と、4ドアセダンの快適性、そしてSUVの高いユーティリティ性能を高次元で融合させたモデルである。ワイド&ロースタイルや走行性能、屋根全面からリアゲートまで繋がる開放的なグラスルーフ、そして週末のレジャーにも対応する高いユーティリティ性能により、オーナーが充実した毎日を楽しめることを目指した。
3.7L V型6気筒エンジンは300HPの最高出力と270lbs.-ft.の最大トルクを発生。また、新開発の6速オートマチックトランスミッションは、シーケンシャルスポーツシフトモードにより爽快な走りを提供する一方、高い燃費性能(市街地16mpg、ハイウェイ22mpg※)の実現にも貢献している。走行状況にあわせて四輪全てに最適な駆動力を瞬時に配分して高い旋回性能や車両安定性を実現するSH-AWD(R)(四輪駆動力自在制御システム)を組み合わせることで、卓越したハンドリングとコーナリング性能を発揮する。
新型アキュラ「ZDX」は、ホンダ・オブ・カナダ・マニュファクチュアリング(カナダ・オンタリオ州アリストン)にて生産、北米地域にて今冬より販売予定である。
(ホンダ オフィシャルHP)
20090818_3.jpg
posted by Carmode at 18:10 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダ、クリーンディーゼルSUV「Mazda CX-7」をフランクフルトモーターショーに出品

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2009年9月15日から27日に開催される第63回フランクフルトモーターショーに、「Mazda CX-7」マイナーチェンジモデル(欧州仕様)を出品します。新たにラインアップに追加したMZR-CD 2.2Lディーゼルエンジン車は、「SCRシステム」を搭載することで窒素酸化物の排出量を大幅に低減し、欧州の厳しいエミッション規制「Euro5」に適合する優れた環境性能を実現しています。CX-7ディーゼルエンジン車は、2009年10月に欧州、11月にオーストラリアでの販売開始を予定しています。
SCRシステムは、尿素水「AdBlue®」を触媒の手前の排気管内に噴射し、排出ガスと化学反応させることで、排出ガス中の窒素酸化物を約40%も無害な窒素に変える排出ガス浄化処理システムです。これまでは、システムが大きいためトラックなど大型車に搭載例があるだけですが、マツダは荷室下部に設けたAdBlue®の貯蔵タンクをはじめシステム全体の小型・軽量化を実現し、日本車メーカーとして初めて乗用車への搭載を可能にしました。CX-7ディーゼルエンジン車は、ガソリンエンジン車と同じ荷室容量455L(VDA方式)を確保しています。また、マツダのSCRシステムはAdBlue®の消費量の低減を図り、通常走行の場合2万km以上無補給で走行できます。
(マツダ オフィシャルHP)
20090818_4.jpg
posted by Carmode at 18:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。