carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年09月03日

メルセデス・ベンツ Sクラス を大幅改良 輸入車初のハイブリッド車「Sクラス HYBRID ロング」を新発売

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデス・ベンツの最高級セダン「Sクラス」に大幅な改良を施すとともに、輸入車初のハイブリッドモデル「Sクラス HYBRID ロング」を追加し、9月3日より発売します。
なお、「Sクラス HYBRID ロング」は正規輸入車初のエコカー減税対象車です。
【主な変更点】
1.輸入車初のハイブリッドモデル「Sクラス HYBRID ロング」導入
●輸入車として初めてのハイブリッドカー
●ラグジュアリーセダンとしては最高レベルの燃費効率と最小レベルのCO2排出量
●量産ハイブリッド車として世界初搭載のコンパクトなリチウムイオンバッテリーと、小型軽量設計のハイブリッドモジュール
●ブースト機能、回生ブレーキ、ECOスタートストップ機能
●輸入車初のエコカー減税対象車
2.内外装デザインの一新、車内エンターテインメント機能の充実
●新デザインのフロント/リアビュー、ドアミラー
●シートやウッドトリムなどいっそう質感を向上した贅沢なインテリア
●地上デジタル放送対応TVチューナーなど車内エンターテインメント装備の充実
3.安全装備の充実
●事故を未然に防ぐ安全装備の採用 (レーンキーピングアシスト、アダプティブハイビームアシスト、アテンションアシスト、ナイトビューアシストプラス)
●SRSニーバッグ(運転席)を装備
4.走行性能/シャーシ性能の向上
●操舵角によってギア比が変化するダイレクトステアリングを採用
●コーナリング時にブレーキを用いて安定した車両姿勢を維持するトルクベクトリングブレーキを装備
5.メルセデスの最新環境適合技術「BlueEFFICIENCY」の採用
6.モデルラインアップの一部変更
● 「Sクラス HYBRID ロング」を新規導入
●S 550 4MATIC ロングを導入
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで10,500,000円〜30,400,000円
20090903_5.jpg
posted by Carmode at 19:01 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱自動車、オンロードSUV『アウトランダー』を一部改良

三菱自動車は、『アウトランダー』のCVT(無段変速機)制御の見直しや、走行抵抗を低減して燃費向上を図るなどの一部改良を実施し、エコカー減税の適合グレードを従来の2WD車に加え、4WD車にも拡大して、9月3日から発売。
なお、「ROADEST」グレードについては、従来の仕様を継続して販売。
【一部改良内容(「ROADEST」グレードは除く)】
1.燃費向上
●CVT制御の見直しや走行抵抗を低減させることで、2.4Lエンジン搭載車の10・15モード燃料消費率を、4WD車は11.6km/Lから12.2km/Lに、2WD車は12.2km/Lから12.6km/Lに向上させた。
2.グレードの見直し
●ステッチ付合皮貼りソフトパッドの内装や、メッキを多用した外観など、上質な内外観とした最上級グレード「24G Premium」を設定
●3Lエンジン搭載の「30G」「30MS」グレードを廃止
3.エクステリア
●新デザインのメッキフロントグリル(「24G Premium」を除く。「24G Premium」は従来3L車で採用していたメッキフロントグリルを採用)とワイド感を強調したリヤバンパーを採用。さらに「24G Premium」グレードにはメッキサイドシルガーニッシュを採用。
●「24MS」「24G」「24G Premium」グレードに、新デザインの18インチアルミホイールを採用
●新デザインのウィンカー付電動格納式リモコンドアミラーを採用
●ボディカラーは、クォーツブラウンメタリック、コズミックブルーマイカの2色を追加し、合計7色とした(ユーログリーンメタリック、プラチナベージュメタリック、ディープブルーマイカは廃止)
4.インテリア
●「24G」「24G Premium」グレードのドアトリム、メーター上部、グローブボックス上面にステッチ付合皮貼りソフトパッドを採用
●シート生地を、スエード調ベロア&メッシュファブリックに変更
●新デザインのハイコントラストメーターとカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを採用(「24E」「24M」を除く)
●「24E」「24M」グレードに新デザインのメーターを採用
●運転席と助手席のバニティミラーに照明を追加
5.機能・装備
●坂道でのスムーズな車両発進を実現する、ヒルスタートアシストを4WD車に採用
●急減速時、またはABS作動時に、ハザードランプを通常の2倍の周期で点滅させることで後続車に緊急制動を伝え危険を促す、ESS(緊急制動信号システム)を採用
●コンフォートウォッシャーを採用
●「24MS」「24G」「24G Premium」グレードに、乗降時にポジションランプやヘッドライトを30秒間点灯させ、夜間の乗降に安心感をあたえる、ウェルカムライト、カミングホームライト機能を追加
(三菱自動車 オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,100,000円〜2,887,500円
20090903_4.jpg
posted by Carmode at 18:59 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル ディアスワゴン(Dias Wagon)を発売

富士重工業は、軽乗用車サンバーディアスワゴンをフルモデルチェンジし、「ディアスワゴン」として、9月3日より発売します。
今回発売する「ディアスワゴン」は、『広大な室内空間と気持ちのよい走りで、あなたの毎日を楽しくする軽ワンボックスワゴン』をコンセプトとし、軽キャブオーバー型ワゴンの魅力である広々とした室内空間に、使い勝手の良い装備の充実を施すとともに、3気筒DOHCターボエンジンの搭載によりパワフルかつスムーズな走行性能を実現しています。日常生活からレジャーユースまで幅広いシーンで活躍する軽乗用車です。
【グレード構成】
「LS」シンプルな装備で、価格を抑えたベーシックグレード
「RS」実用性の高い仕様・装備を施したモデル
「RS Limited」  パワースライドドアなどの快適装備を充実させたモデル
【商品の主な特徴】
■ 広い室内空間と使い勝手の良いパッケージ
■ スポーティさを表現した存在感のあるエクステリア
■ 上質で機能的なインテリア
■ パワフルかつスムーズな走行性能
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,370,250円〜1,695,750円
20090903_3.jpg
posted by Carmode at 18:58 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストリーム」「オデッセイ」「エリシオン」を一部改良し発売

Hondaは、「ストリーム」「オデッセイ」「エリシオン」の装備内容や仕様を変更するとともに、「環境対応車普及促進税制」(自動車取得税と自動車重量税の減税措置)と「環境対応車普及促進対策費補助金」に対応し、減税措置適合タイプを拡大する。
「オデッセイ」は9月3日より、「ストリーム」「エリシオン」は9月10日に発売する。
【ストリームの主な変更点】
●「X スタイリッシュパッケージ」をベースに、エアロパーツやブラック内装および15インチアルミホイールを標準装備した新タイプ「ZS」を設定。「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、2009年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」と「環境対応車普及促進対策費補助金」に対応。
●2列シート仕様の「RST」でフロントグリルや大型テールゲートスポイラーなどを装備した「Sパッケージ」と、Honda HDDインターナビシステムやキーレスエントリーをパッケージオプションとした「HDDナビパッケージ」を設定。
【オデッセイの主な変更点】
●「M」をベースに、装備内容を見直し、新タイプ「M・ファインスピリット」を設定。「平成22年度燃費基準+25%」を達成し、2009年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」と「環境対応車普及促進対策費補助金」に対応。
●「アブソルート」でエアロパーツやフォグライト、本革巻ステアリングホイールおよび専用ブラック内装をパッケージオプションとした「エアロパッケージ」を「M・ファインスピリット」と「M」に設定。
●Honda HDDインターナビシステムにマルチビューカメラシステムや12セグ/ワンセグTVチューナーなどをパッケージオプションとした「マルチナビパッケージ」を全タイプに設定。
●「M」にメーカーオプションで16インチアルミホイールおよびコンフォートビューパッケージを標準装備。
●「アブソルート」にメーカーオプションでコンフォートビューパッケージを標準装備するとともに、内装色にチェスナット ブラウンを新設定。
●外装色にプレミアムナイトブルー・パールを全タイプに新設定。
●グレー内装のインストルメントパネルの木目カラーを変更。
【エリシオンの主な変更点】
●「エリシオン」、「エリシオンプレステージ」の2.4L FF車に加え、2.4L 4WD車も「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、2009年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」と「環境対応車普及促進対策費補助金」に対応。
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで
2,030,000円〜2,410,000円(ストリーム)
2,390,000円〜3,610,000円(オデッセイ)
2,910,000円〜3,898,000円(エリシオン)
20090903_2_1.jpg 20090903_2_2.jpg
posted by Carmode at 18:56 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日産自動車、新型「フェアレディZ ロードスター」を10月に発売

日産自動車株式会社は9月3日、新型「フェアレディZ ロードスター」を10月より全国一斉に発売すると発表した。
2008年12月に発売した「フェアレディZ」は、従来型車に対しショートホイールベース化と大幅な軽量化を実現し、さらに3.7リッター「VQ37VHR」エンジンの搭載などによって実現した、極めて高い運動性能(走る、曲がる、止まる)と、しなやかでダイナミックなデザインが好評を得ている。
今回、「フェアレディZ ロードスター」をラインアップに加えることにより、「フェアレディZ」の新しい魅力をお客さまに提供し、さらなる拡販を目指していく。
また、発売に先駆け、9月3日より同社のホームページ上で、同モデルのエクステリアやインテリア、仕様装備などに関する情報を一般公開する。
(ニッサン オフィシャルHP)
20090903_1.jpg
posted by Carmode at 18:54 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。