carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年09月08日

アルファ ロメオ ブレラのラインナップを一新

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では9月9日より、アルファ ロメオ ブレラのラインナップを一新し、販売開始します。今回販売が開始されるのは、アルファ ロメオ ブレラ 2.2 JTS セレスピードと、V型6気筒DOHC 24バルブ、3,195ccエンジンを搭載するアルファ ロメオ ブレラ 3.2 JTS Q4 Q-トロニック、さらにシートのみならずダッシュボードも最高級のPoltrona Frau®レザーで仕上げたアルファ ロメオ ブレラ プレミアムの2.2リッターと3.2リッターの2モデルや、スポーツサスペンションを装備するなどスポーツ性を強調したアルファ ロメオ ブレラ TIの2.2リッターと3.2リッターの2モデルもラインナップし、計6モデル。
ラインナップのベースとなるのがアルファ ロメオ ブレラ 2.2 JTS セレスピード。スカイウィンドーや、LSD (リミテッドスリップディファレンシャル) の機能を持つ電子制御式Q2機能、ESS (ハザードランプ緊急制動表示機能)、ワンタッチスターター、ETC車載器などを標準で装備しながら、アルファ ロメオ メンテナンス・プログラムのスタンダードケアも無料で自動付帯。
また、車両の軽量化も図られています。デザイン面ではエクステリアに変更はなく、インテリアではスポーツタイプのシートやセンターアームレストの形状変更、デュアルゾーン式フルオートエアコンのコントロール類のレイアウト変更にとどまります。
リッターモデルの基本的な標準装備に加えFrau®レザーシートやシートヒーター付フロントパワーシート、メモリー機能付電動格納ドアミラー (リモコン連動機能付) などを装備(これらの装備は上記2.2リッターモデルにもオプション設定されています;『レザーパッケージ』400,000円 (消費税込))。
ダッシュボードもPoltrona Frau®レザーで仕上げられ、さらにブラックアルミ製カバー付レザーステアリングホイールやオートライト、レインセンサー、ミストセンサー、オドセンサーなどを装備。また、ホイールはチタン仕上げタービンスポーク・スタイリングの18インチホイールを装着。
アルファ ロメオのトップ・オブ・ザ・ラインの証しであるTI (Turismo Internazionale) の称号を与えられたこのモデルは、スポーツ性を高められており、スポーツサスペンションと19インチのチタン仕上げホールスポーク・スタイリングアロイホイールを装備。前後のブレーキキャリパーはレッド仕上げとされ、左右のフロントフェンダー上に掲げれらTI 専用バッジとともにエクステリアにもスポーツマインドを垣間見ることができます。また、シートはブラックのFrau®レザーとレッドステッチで仕上げられたTI 専用のデザイン。ブラックアルミ製カバー付レザーステアリングホイールもレッドステッチがあしらわれています。さらにアルミ製スポーツペダルやレッドリング付ブラックメーター、TI 専用ヘッドレストプレートなど、全てにスポーツマインドを掻き立てる仕様となっています。
(アルファロメオ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,400,000円〜6,150,000円
20090908_3.jpg
posted by Carmode at 18:42 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マツダCX-7」をマイナーチェンジ

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、『マツダCX-7』をマイナーチェンジし、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて、9月8日発売します。
今回の改良では「洗錬」をテーマとして、5角形ロアグリルをより強調したフロント外観にするとともに、メタル調の装飾を室内の各所に追加する等、全体的に躍動感と上質感を強調したデザインとしました。
走行性能については、エンジン、変速機、ボディ、足回りなど幅広い領域において改良を行うことにより加速感や操縦安定性を向上、スポーティな走行性能に磨きをかけると同時に、エンジンの燃焼効率を改善する等、前モデルに比べて2%の燃費改善も実現しています。また、重量の増加を抑えつつボディ剛性を強化するとともに、エンジンや路面からの騒音や、風騒音の抑制にも注力し、乗り心地や静粛性を向上させています。
環境・安全性能について、経済的な運転をサポートする燃費計やエコランプを新設するとともに、「リアビークルモニタリングシステム(RVM)」や「エマージェンシーシグナルシステム(ESS)」といった先進の安全装備も新たに採用しています。
『CX-7』の機種構成はベースの「CX-7」と上級装備を採用した「CX-7 Cruising package(クルージングパッケージ)」の2種類。
(マツダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,950,000円〜3,580,000円
20090908_2.jpg
posted by Carmode at 17:47 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「デュアリス」を一部改良

日産自動車株式会社は、「デュアリス」を一部改良し、9月8日より全国一斉に発売する。
今回の一部改良では、フロントグリルデザインを変更するとともに、サイドビューを際立たせるサイドクロームメッキモールや、フロントフォグランプを標準装備とすることで、さらにスタイリッシュで力強いエクステリアとした。
またインテリアには、ベージュシートや、先進の地図更新システムを装備したHDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムを採用した(メーカーオプション)。本ナビゲーションシステムでは、12セグ/ワンセグ自動切換え機能付き地デジチューナーを内蔵し、iPod等の接続も可能とすることで、エンターテインメント機能も充実させている。
なお「20G FOUR」は、「平成22年度燃費基準+25%」を達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、2009年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が75%減税される。
(ニッサン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,084,250円〜2,504,250円
20090908_1.jpg
posted by Carmode at 17:45 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。