carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年09月10日

トヨタ自動車、フランクフルトモーターショーにプラグインハイブリッド・コンセプトを出展

トヨタ自動車(株) (以下、トヨタ)は、2009年9月15日から27日まで開催されるIAA(フランクフルト国際モーターショー)において、3代目プリウスをベースにリチウムイオン電池を搭載したプラグインハイブリッド車(PHV)のコンセプトモデル「PRIUS PLUG-IN HYBRID Concept」を出展する。
トヨタは、環境対応のコア技術と位置付けるハイブリッド技術をベースに、家庭用電源などからの外部充電が可能なPHVの開発を進めている。PHVは従来のハイブリッド車(HV)よりEV走行距離を伸ばすことでCO2排出量をさらに抑制する効果が期待でき、今回の出展モデルでは満充電時のEV走行距離は約20km(ECモード)、CO2排出量は60g未満(ECモード)を目標としている。
PHVは、市街地などでの近距離走行時はEVとして走行し、中長距離走行時には従来のHVと同様に走行できるため、バッテリーの残存量や充電インフラの整備状況にかかわらず使用することが可能であり、電気エネルギーの利用促進によりHVを上回る燃費改善、化石燃料の消費抑制、CO2排出量削減、大気汚染防止が期待できる。
トヨタは、エネルギー多様化への対応において、現段階ではPHVが本格的な普及に適したエコカーであると考えており、PHVの市場導入を進めるとともに普及に向けて幅広い理解を得ていくため、日米欧のフリートユーザーを中心に、グローバルで合計500台程度を順次投入する。具体的には、日本に約200台、米国に約150台、フランス、英国、ドイツを含む欧州に約150台を導入する予定である。
トヨタは「サステイナブル・モビリティ」の実現に向け、ハイブリッド技術をベースに、PHV、EV、FCHV(燃料電池ハイブリッド車)の開発を進め、石油消費の抑制、CO2排出量の削減とエネルギー多様化への対応に取り組んでいく。
(トヨタ オフィシャルHP)
20090910_2.jpg
posted by Carmode at 16:51 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEXUS、2009年フランクフルトモーターショーに「LF-Ch」を出展

LEXUSは、9月15日(火)から27日(日)(9月15日〜16日:プレスデー、17日〜27日:一般公開日)まで、ドイツのフランクフルトで開催される第63回フランクフルト国際モーターショーに、コンセプトカー「LF-Ch」を出展する。
▽先進性と躍動感を両立するハイブリッドシステム搭載のプレミアムコンパクト2BOX
●5ドアのコンパクトなパッケージ
●卓越した動力性能と環境性能を両立する“レクサス・ハイブリッド・ドライブ”により、「走行性能」、「静粛性」、「低燃費とCO2の削減」、「低エミッション」を高次元で追求
●LEXUSのデザインフィロソフィー「L-finesse」*を具現化したエクステリアならびにインテリアデザイン
*L-finesse : Leading-Edge(先鋭)とFinesse(精妙)を組み合わせた造語。「先鋭−精妙の美」
(レクサス オフィシャルHP)
20090910_1.jpg
posted by Carmode at 16:49 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別限定車 「ボルボV70 2.5T R-DESIGN」、「ボルボV70 T6 R-DESIGN」を発売開始

ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社は、「洗練(Refinement)」をキーワードに、個性とスポーツ性能を極めた「R-DESIGN」モデルを2010 年モデルのV70 シリーズ「ボルボV70 2.5T R-DESIGN」と「ボルボV70 T6 R-DESIGN」に特別限定車として設定し、9月9日より発売開始。
今回初めて「R-DESIGN」モデルが設定された最上級モデル「T6」は、最高出力285ps(210kW)を発生する3.0リッター直列6気筒ターボと電子制御AWDシステムを搭載しているほか、追突軽減オートブレーキ等の最新安全装備を標準装備し、パフォーマンスと高い安全性能、そして個性的なボルボを求めている層に強くアピールする特長を兼ね備えたモデル。従来比で最高出力が16%向上、燃費が約10%アップした改良型エンジンを搭載した「2.5T」モデルは、これまでのボルボの持つ魅力に加え、洗練されたスポーティなルックスで個性的なセンスとスタイルを望む方々にアピールする特別限定車。
2010年モデルから大型化したアイアンマークによって、さらにブランドのアイデンティティが強調されたフロントグリルとステアリングホイール、およびフロントシートバックにR-DESIGNの専用ロゴが配されている他、シルクメタル仕上げのドアミラーカバーとフロント・フォグランプフレーム、専用ブラックアルミニウム・ウィンドーフレーム、専用18インチ・アルミホイールが、エクステリアに引き締まった、精悍な印象を与えます。また専用スポーツシートや専用本革巻/シルクメタル・スポーツステアリングホイール、専用アルミニウム・パネルなどの個性的なアイテムにより、スポーティかつモダン・スカンジナビアン・デザインのインテリアを演出し、限定車に相応しい特別な1台に仕上がっています。
走りの面では、強化アンチロールバー、通常よりも固めのセッティングのショックアブソーバー、専用スプリングの採用などによりスポーツチューンが施された専用スポーツサスペンションが、高いトラクションと安定したロードホールディング性能を発揮。さらにセルフレベリング機構付ショックアブソーバー(リア)は、荷物を積み込んだ場合でもスポーティなドライビング体験を提供できるよう専用チューンを施し、多用途性とスポーツ性を高次元でバランスさせました。
(ボルボ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで5,390,000 円(V70 2.5T R-DESIGN/限定50台)/ 7,140,000 円(V70 T6 R-DESIGN/限定30台)
20090909.jpg
posted by Carmode at 12:40 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。