carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年11月05日

「シビック TYPE R EURO」を新発売

Hondaは、独創的でスタイリッシュなフォルムと欧州で鍛えられた運動性能を合わせ持つプレミアム・スポーツ「シビック TYPE R EURO」を、2,010台の台数限定で、11月5日発売する。
この「シビック TYPE R EURO」は、エキサイティングな走行性能と洗練された走りを楽しむ大人のプレミアム・スポーツモデルとして、幅広い領域での爽快で卓越した動力性能と、しなやかな乗り味を実現した。
「シビック TYPE R EURO」は、2.0L自然吸気の専用エンジン(最高出力148kW〔201PS〕/7,800rpm)を搭載し、レスポンスの良い6速マニュアルトランスミッションを採用。軽量化と高剛性化の両立とともに、専用のサスペンションや18インチタイヤの採用などにより、高い動力性能を達成。さらに、空力に優れたボディに専用エアロパーツを装備し、内装には専用の3本スポーク小径本革巻ステアリングホイールやアルミ製・球形シフトノブ、Honda R specシートなどの装備により、クルマと一体感のある走りを実現している。
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,980,000円
20091105_1.jpg
posted by Carmode at 17:11 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『デリカD:5』の4WD車を一部改良〜同時に、充実した装備の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を発売〜

三菱自動車は、ミニバン『デリカD:5』4WD車のエンジンやCVTの制御を見直して燃費を向上させ、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税を従来の50%軽減から75%軽減としたほか、新デザインのハイコントラストメーター&カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを採用するなどの一部改良をおこない、11月11日から発売。
また、「G-Navi package」グレードをベースに、DVD内蔵後席9インチワイド液晶ディスプレイなどファミリーユースに最適な装備を充実させた特別仕様車「シャモニー」(4WD車)を設定し、11月20日から発売。
1. 『デリカD:5』4WD車の一部改良内容
(1)燃費向上
●エンジンやCVTの制御を見直し、10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)を10.4km/Lから11.2km/Lに向上させ平成22年度燃費基準+25%を達成し、従来50%軽減であったエコカー減税を75%軽減。
(2)インテリア
●新デザインのハイコントラストメーター&カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを採用(「Mグレード」を除く)
●「G(7人乗り)」グレードに、本革シートをメーカーオプションで設定(ベージュ内装仕様のみ)
●「ROADEST」グレードに、黒調ヘアラインのセンターパネルを採用。さらに、エアコンコントロールダイヤルとドライブモードセレクトダイヤルにメッキリングを採用。
(3)機能
●坂道でのスムーズな車両発進を実現するヒルスタートアシストを採用
●ESS(緊急制動信号システム)を採用。
●乗降時にポジションランプやヘッドライトを30秒間点灯させ、夜間の乗降に安心感をあたえる、ウェルカムライト、カミングホームライト機能を追加(「M」グレードを除く)
◆価格[4WD車]は、消費税込みで2,667,000円〜3,706,500円
20091105_2_1.jpg
2. 特別仕様車「シャモニー」商品概要
(1)エクステリア
●メッキアウタードアハンドルやウィンカー付電動格納式リモコンドアミラー(メッキ)など、メッキ装備品を採用
●「CHAMONIX」専用エンブレムを装着
(2)インテリア
●ダークグレー内装と、本木目&本革巻ステアリングホイールを採用。併せて、インパネセンターパネルやアッパーグローブボックスなどに木目調パネルを採用。
●最適なドライビングポジションを設定できる運転席パワーシートを採用。
●クッションとシートバックをすばやく暖めるシートヒーターを、運転席と助手席に採用。
(3)機能
●DVD内蔵後席9インチワイド液晶ディスプレイを装着。
●死角となるバンパーコーナー部と障害物の距離を検知して、室内アラーム音で警告するコーナーセンサーを、前後4箇所のコーナー部に装着。
◆価格は、消費税込みで3,459,750円
20091105_2_2.jpg
(三菱自動車 オフィシャルHP)
posted by Carmode at 17:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軽乗用車 『 i (アイ)』 を一部改良

三菱自動車は、軽乗用車『i(アイ)』の燃費向上を図り、NA(自然吸気)エンジンの2WD車をエコカー減税(環境対応車普及促進税制:自動車取得税/自動車重量税50%軽減)に適合させたほか、ヘッドライトを自動的に点灯・消灯させるオートライトコントロールを装着するなど装備を向上させて、11月13日から発売(1,218,000円〜1,596,000円、消費税込)。
また、2009年8月に発売した特別仕様車「Limited(リミテッド)」[998,000円(2WD車)、1,124,000円(4WD車)]も一部改良を施し、引続き販売する。
今回の一部改良では、走行抵抗の低減や、NAエンジン車でのエンジン本体の改良やオートマチックトランスミッションの制御見直しなどをおこない、全車10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)を1.2〜1.9km/L(グレードにより異なる)向上させた。これによりNAエンジンを搭載する「Vivace」グレードの2WD車と特別仕様車「Limited」の2WD車は、平成22年度燃費基準+15%を達成し、エコカー減税(50%軽減)に適合した。
そのほか、高い払拭性と風切音の低減を実現するエアロワイパーブレードの採用や、ETC装着スペースとしても利用可能なアンダートレイ(運転席前)を設定するなど利便性も向上させた。
また、ボディカラーとインテリアカラーの見直し、シート生地の変更、グレード展開の見直しもおこなった。
(三菱自動車 オフィシャルHP)
20091105_3.jpg
posted by Carmode at 17:06 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別仕様車 「ボルボS40/V50 2.0e Powershift + (プラス)」を発売

ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社は、デュアルクラッチ・トランスミッションシステム(DCT)を搭載し、ボルボ初のエステートモデルの「V50 2.0e Powershift」と、DCTを搭載しながら欧州製4ドアセダン「S40 2.0e Powershift」に、高い装備を厳選し、装備したモデル「ボルボS40/V50 2.0e Powershift + (プラス)」を2009年11月6日より発売します。
「ボルボS40/V50 2.0e Powershift + (プラス)」は、デュアル・キセノンヘッドライト、本革巻ステアリングホイール、本革巻シフトノブ、フロント・フォグランプ、アルミニウム・センタースタック、Ceryx 16インチ・アルミホイール等を多数装備し、305万円(S40)/315万円(V50)のお求め安い価格を実現した、魅力的なモデルです。
ベースとなった「2.0e Powershift」は、最高出力107kw(145ps)、最大トルク185Nm(18.9kgm)を発生する2.0リッター4気筒エンジンと6速デュアルクラッチ・トランスミッション“パワーシフト”を組み合わせることで、従来の2.4 リッター5気筒エンジン搭載車と比べ、燃費を22%向上、CO2排出量も18%軽減。走る楽しさを少しも犠牲にすることなく、環境に配慮したモデルです。
【特別仕様・装備】
●デュアル・キセノンヘッドライト(自動光軸調整機構付)
●フロント・フォグランプ
●16 インチCeryx 6.5JX16 アルミホイール
●本革巻ステアリングホイール
●本革巻シフトノブ
●オーディオリモートコントロール機能(ステアリングホイール内蔵)
●アルミニウム・センタースタック
●リア・サンカーテン[S40 2.0e Powershift+]
●ラゲッジカバー[V50 2.0e Powershift+]
(ボルボ フォシャルHP)
20091105_4.jpg
posted by Carmode at 17:04 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。