carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年11月26日

ニューBMW 5 シリーズ グランツーリスモ誕生

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、全く新しいセグメントを創出するモデル「ニューBMW 5 シリーズ グランツーリスモ」を11月26日より注文受付を開始すると発表しました。
ニューBMW 5 シリーズ グランツーリスモは、全く新しいコンセプトに基づいて開発されたユニークで独創的なモデルです。スタイリッシュで典型的なグランツーリスモの伝統を受け継ぎながらも、現代的な全く新しいスタイルを目指し、ラグジュアリーな高級セダンや機能性の高いツーリング、多様性に富んだSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)、それぞれの長所を持ち合わせています。ゆったりとした贅沢なインテリアは、快適なロング・ドライブへの期待にもしっかりと応えてくれます。ニューBMW 5 シリーズ グランツーリスモは、ビジネス、レジャー、スポーツといった様々なシーンで、あらゆる用途に応えます。
また、BMW EfficientDynamics(エフィシエント・ダイナミクス)の設計思想に基づく一連のテクノロジーを採用することにより、燃料消費量、CO2 排出量の大幅な削減に成功しております。
(BMW オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで8,780,000円〜11,140,000円
20091126_3.jpg
posted by Carmode at 17:18 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィットを一部改良するとともに新タイプ1.3L「G・スマート セレクション」、1.5L「X」を追加し発売

Hondaは、「フィット」の一部装備内容を変更するとともに、1.3Lモデルにオプション装備でHondaスマートキーシステムやETC車載器を装備した「G・スマート セレクション」を、1.5Lモデルは外観を一部変更しながらクルーズコントロールや運転席&助手席シートヒーターなどを装備し、エコカー減税75%軽減&エコカー補助金に対応した「X」タイプを新たに追加設定し、11月26日発売。
【フィットの主な変更点】
○全タイプのフロントコーナー(三角窓)に高熱線吸収/UVカット機能付ガラスを採用
○Lに、ディスチャージヘッドライト<HID>や本革巻ステアリングホイール、エアコン連動温調機能付アッパーグローブボックスを標準装備
○RSに、新たにテールゲートスポイラーや新デザインの16インチアルミホイールを採用
○1.3L(FF)に5速マニュアル車を新設定
【1.3L「G・スマート セレクション」装備の内容(1.3L「G」の装備に加えて)】
○Hondaスマートキーシステム
○ETC車載器
○ハーフシェイド
○フロントウインドウ
○バニティミラー付サンバイザー(助手席側)
○Fパッケージ(ドアミラーウインカー、電動格納式リモコンカラードドアミラー、高熱線吸収/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドア/リアクォーター/テールゲート)、運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)、アレルフリー高性能脱臭フィルター)
【1.5L「X」装備の内容(1.3L「G・スマート セレクション」の装備に加えて)】
○リアコンビネーションランプ(LEDストップランプ&LEDテールランプ)
○クルーズコントロール(照明付ステアリングスイッチ)
○リアシェルフ
○フルオート
○エアコンディショナー
○メタリック塗装スイッチパネル(フロントドア)
○運転席&助手席シートヒーター
○メタリック塗装フロントグリル
○スウェード調ファブリックインテリア
(ホンダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,197,000円〜1,865,600円
20091126_2.jpg
posted by Carmode at 17:16 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プジョー308シリーズにエントリーモデル「Style」、新「SW Premium」の2機種を導入

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は、308シリーズのハッチバックにエントリーモデルとなる「Style」を、また「SW」シリーズのエントリーモデル「Premium」の装備を一部見直し、新「SW Premium」を11月30日より発売を開始します。
308「Style」
今回新たに導入される、エントリーモデル「Style」は、1.6リットル直列4気筒DOHCエンジン(最高出力88kW/120ps)に、4速オートマチックトランスミッションを搭載。
308「Style」は、安全装備、主要な快適装備はそのままに、クルーズコントロール、パフュームディフューザー、盗難防止アラーム、後席アームレスト、前席ランバーサポート等、一部装備を簡略化し269万円(消費税込)という、戦略的な価格を設定しました。
当該モデルの導入により、プジョー「308」シリーズは、従来設定されていた「Premium」2機種(6MT/4AT)と共に、車両本体価格で300万円を切るモデルが3つラインアップします。
<新>308SW Premium
「Premium」は、SWシリーズのエントリーモデルとして、ブラックファブリック内装を採用したカジュアルなモデルで、エンジンはターボチャージャー付直列4気筒DOHCエンジン(最高出力103kW/140ps)に4速オートマチックトランスミッションを搭載。
新308SW「Premium」は、7エアバッグ、オートエアコン、パノラミックガラスルーフ、フォグランプ、アロイホイール等の安全・快適装備はそのままに、従来モデルより独立開閉リアハッチガラス、クルーズコントロール、パフュームディフューザー、盗難防止アラーム、前席ランバーサポート、後席サンシェード等、一部装備を簡略化し、319万円という価格を設定しました。
(プジョー オフィシャルHP)
20091126_1.jpg
posted by Carmode at 17:02 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。