carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年03月29日

ジャガー ニューXJ、2010年5月15日(土)より発売開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパン 株式会社は、ジャガーのフラッグシップモデルであるニューXJを5月15日(土)から販売開始します。
ニューXJはジャガーのブランド・フィロソフィーである「美しく、速いクルマ」を斬新かつスポーティーに体現したジャガーのフラッグシップモデルで、2003年以来のフルモデルチェンジが施されました。流線的でコンテンポラリーなスタイリングと、ジャガー史上最も先進的でパワフル、そして効率的なAJ-V8 Gen III 5.0リッターダイレクトインジェクションエンジンを搭載し、直感的操作性に優れたスポーティーな走行性能と、最上級の室内空間が融合されたニューXJは、まさに“究極のスポーティング・ラグジュアリーカー”といえるクルマです。ラインナップは、「Luxury (ラグジュアリー)」、「Premium Luxury (プレミアム・ラグジュアリー)」、「Portfolio(ポートフォリオ)」および、ジャガー史上最強の375kw(510ps)/625Nmを発揮するスーパーチャージドエンジンと、クラフトマンシップの贅を尽くしたインテリアや装備を備えた「Supersport (スーパースポーツ)」の4タイプで、「Portfolio (ポートフォリオ)」と「Supersport (スーパースポーツ)」にはスタンダードホイールベースに加え、順次デリバリーを予定しておりますロングホイールベースを設定しています。
◆価格は、消費税込みで10,000,000円〜16,550,000円(スタンダードホイールベース)/ 16,000,000円〜17,550,000(ロングホイールベース)
(ジャガー オフィシャルHP)
20100329.jpg
posted by Carmode at 17:01 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

ニューBMW 5 シリーズ セダンを発表

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、「ニューBMW 5 シリーズ セダン」を、全国のBMW正規ディーラーで3月25日より注文の受付を開始すると発表した。納車は、2010年4月末からを予定している。
今回導入されるニューBMW 5 シリーズ セダンは第6世代目であり、7年ぶりのフルモデル・チェンジとなる。
時代の要求に応えたニューBMW 5 シリーズ セダンは、洗練されたエレガントなデザインに包まれていると共に、BMW EfficientDynamics(エフィシエント・ダイナミクス)の設計思想に基づく一連のテクノロジーを採用することにより、従来モデルに比べ*、燃料消費量は約40%もの向上に成功している。
(*: 同レベルの出力である先代BMW 540i セダンとニューBMW 535i セダンとの10・15モードでの比較。)
特に、ニューBMW 528i セダンは、BMW初となる「エコカー減税対象車」の認定を取得予定である。さらに、ニューBMW 528i セダンは、ニューBMW 535i セダンと共に、新車購入補助対象モデルになる予定。
【ニューBMW 5 シリーズ セダンの主な特徴】
●洗練されたエレガントなデザイン
●より少ないエネルギーでより高い性能を実現する「BMW EfficientDynamics」の設計思想に基づいた優れた環境性能と卓越したパフォーマンスの両立
●BMW初となる「エコカー減税対象モデル」を予定
(BMW オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで7,150,000円〜10,400,000円
20100326.jpg
posted by Carmode at 17:36 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

「ゴルフ TSI トレンドライン」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、同社最量販モデルのゴルフに、新たにエントリーグレード「ゴルフTSIトレンドライン」を追加し、4月9日(金)より販売を開始します。
今回導入する「ゴルフ TSI トレンドライン」は、ゴルフラインアップのエントリーモデルとしての位置づけながら、クラス水準を大きく上回るニーエアバッグを含む9エアバッグやドライバー・ステアリング・リコメンデーション付きESP等の高い安全装備を標準搭載。フォルクスワーゲンが推進するダウンサイジングコンセプトの最新エンジンである、新開発1.2リッターTSIエンジンに7速DSGを組み合わせ、低燃費と優れた走行性能を両立させたモデルです。排気量わずか1.2リッターから国内に導入されたゴルフとして過去最高の10・15モード燃費値となる17.0km/Lを実現しつつ、最大トルクは175Nm(1,550-4,100rpm)と、1.8リッター自然吸気エンジンに相当するトルクを発揮します。また、国内の排ガス規制に適応したエンジンコントロールユニットを新規に開発し、低排出ガス車(4つ星)対応とすると共に平成22年度燃費基準+25%を達成。「ゴルフTSIコンフォートライン」「ゴルフ ヴァリアントTSIトレンドライン」に続きエコカー減税(自動車取得税、自動車重量税75%減税)及びエコカー補助金対象の3番目のモデルとなります。
◆価格は、消費税込みで2,570,000円
(フォルクスワーゲン オフィシャルHP)
20100325_2.jpg
posted by Carmode at 16:54 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Alfa TCT』を搭載したMiTo SprintとMiTo Competizioneを先行予約開始

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では2010年3月27日(土)より、アルファ ロメオのコンパクトモデル ミトに6速乾式デュアルクラッチ機構を採用した次世代オートマチックトランスミッション『Alfa TCT(Alfa Twin Clutch Technology)』を搭載するアルファ ロメオ ミト(Alfa Romeo MiTo)の先行予約を開始します。
今回先行予約を開始するのは総排気量1,368cc、直列4気筒16バルブ 『マルチエア エンジン』 、6速乾式デュアルクラッチトランスミッション『Alfa TCT』、アイドリングストップ機能である 『スタート&ストップ』を搭載し、右ハンドル仕様の“ベイビー アルファ”と言えるコンパクトなモデル。
今回搭載される6速乾式デュアルクラッチ機構採用の次世代オートマチックトランスミッション『Alfa TCT』はアルファ ツイン クラッチ テクノロジーの略で、FPT(フィアット パワートレイン テクノロジーズ)による設計・開発によるものです。『Alfa TCT』は二重構造のインプットシャフトに乾式クラッチディスクをそれぞれ(2つ)備えており、インプットシャフトに伝えられた動力はアウトプットシャフトに伝達されます。アウトプットシャフトは2本備えており、1速から6速(リバースを含む)が配置されています。また、 乾式にすることで湿式よりトランスミッションを軽量・小型化できるメリットもあります。このトランスミッション方式は、MT車のダイレクトな感覚、高い動力伝達効率、燃費経済性を誇っています。その一方で、従来のAT車同様のシームレスな自動変速を実現しており、電子制御による半クラッチ機能を利用したクリープ現象により従来AT車と同様の微速走行を可能にしています。
◆予定価格は、消費税込みで2,880,000円(Alfa Romeo MiTo Sprint)/3,050,000円(Alfa Romeo MiTo Competizione)
今回の先行予約のお客様に対しては、7月より順次納車開始を予定しています。
(フィアット オフィシャルHP)
20100325_1.jpg
posted by Carmode at 16:52 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

90周年記念特別仕様車『マツダ アクセラスポーツ 1.5 S Style』を発売

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、創立90周年を記念した特別仕様車として、『マツダ アクセラスポーツ』に、アルミホイールなどスポーティな装備を搭載した「1.5 S Style(イチゴーエススタイル)」を設定し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、およびマツダオートザム系販売店を通じて3月24日発売します。
この特別仕様車は、「環境対応車普及促進税制(50%減税)」および「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となる『アクセラスポーツ』の1.5Lエンジン搭載車「15C」をベースに、15インチまたは16インチアルミホイールを採用し、サイドスポイラー、LEDリアコンビネーションランプ、ダークティンテッドガラスなどを新たに装備しています。
さらに、16インチアルミホイール装着車では、ディスチャージヘッドランプに加え、オーディオ、空調、トリップコンピュータなどを表示する、より大型の4.1インチカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイや本革巻きステアリングなどを特別装備して魅力を高めています。
■90周年記念特別仕様車『マツダ アクセラスポーツ 1.5 S Style』の概要は以下の通り
【ベース車】
アクセラスポーツ「15C」。
【特別装備・仕様】
15インチアルミホイール(195/65R15)、または16インチアルミホイール(205/55R16)
◇15インチ、および16インチアルミホイール装着車で共通の特別装備
●サイドアンダースポイラー
●LEDリアコンビネーションランプ
●ダークティンテッドガラス(リアドア、リアクォーター、リアゲート)
◇16インチアルミホイール装着車のみの特別装備
●ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム:オートレベリング[光軸調整]機構付/バイキセノン)
●マルチインフォメーションディスプレイ(4.1インチカラー液晶ディスプレイ)
●ステアリング本革巻
●シフトノブ本革巻
(マツダ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで1,760,000円〜1,850,000円
20100324_2.jpg
posted by Carmode at 17:16 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Audi A3 Sportback 1.4 TFSI(エコカー減税対象車)」発売開始

アウディ ジャパン 株式会社は、「Audi A3 Sportback 1.4 TFSI」の燃費を向上させて「平成22年度燃費基準+25%」を達成。さらに平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)の認定を取得し、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されるエコカー減税対象車として、3月24日より新価格(車両本体価格305万円、税込、従来比6万円アップ)を適用し、全国のアウディ正規ディーラー(103店舗、現時点)を通じて販売を開始します。
今回、エントリーモデルのAudi A3 Sportback 1.4 TFSIが搭載する、1.4リッターTFSI(ガソリン直噴ターボ)エンジンに改良を施したことにより、燃費が16.6km/L(従来型比+0.8km/L)に向上し、平成22年燃費基準+25%を達成しました。また、Audi A3 Sportback 1.4 TFSIは、平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)に認定され、それにより自動車取得税および自動車重量税が75%減税されるエコカー減税対象車となりました。エコカー減税とエコカー補助金を合わせて、車齢13年以上の車の廃車を伴う場合には398,900円、それ以外でも248,900円の優遇が受けられます。
(アウディ オフィシャルHP)
20100324_1.jpg
posted by Carmode at 17:14 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

プジョー、「308CC」に第2世代型6速オートマチックトランスミッションを搭載

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は、プジョー308シリーズのクーペカブリオレ、「308CC」に第2世代型6速オートマチックトランスミションを搭載した新「308CC」の車両本体価格を3月15日発表。併せてプジョー オフィシャルホームページ内で同モデルのスペシャルサイトを3月15日より公開すると共に、3月17日(水)より全国のプジョー ディーラーネットワークにて、予約注文の受付を開始します。
尚、同モデルの正式なデリバリー開始は、本年初夏を予定しています。
今回、308CCに搭載される第2世代型6速オートマチックトランスミッションは、プジョー全ラインアップの中で、308CCに初めて搭載されます。同トランスミッションは、メカニズムにおける摩擦ロスを最小化すると共に、優れたパフォーマンスを発揮、スムーズなシフトチェンジと高い静粛性が最大の特徴です。さらに2速から6速のロックアップ領域を広げることで、ダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現しています。
加えて、308CCに搭載されている1.6リットル DOHC16Vツインスクロールターボエンジンは、欧州の排出ガス規制の新基準「ユーロ5」対応型に変更され、よりクリーンな排出ガスレベルになるとともに、308CCにおける最高出力が従来の103kW(140PS)から、115kW(156PS)にパワーアップしました。
同時に、装備・仕様についても若干の変更が施されました。
シートがレザー仕上げとなった「CC Premium(プレミアム)」は、従来の16インチから17インチアロイホイールに変更されました。
日本に導入されるモデルバリエーションは、上記「308CC Premium(プレミアム)」(右ハンドル)及び、シート、ドア内張り、ダッシュボードまでレザーで仕上げられた“インテグラルレザー仕様”を採用した「308CC Griffe(グリフ)」(左/右ハンドル)の2種類となります。同モデルのボディカラーは全8色を設定、またインテリアカラーは、受注生産色を含めブラック、グレージュ、ヴィンテージの全3色が設定されています。
◆価格は、消費税込みで4,200,000円(308CC Premium)/4,600,000円(308CC Griffe)
(プジョー オフィシャルHP)
20100315.jpg
posted by Carmode at 16:43 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

NewボルボC70発売開始

ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社は、NewボルボC70を2010年4月24日(土)より発売します。
●新たな存在感を放つフロントマスク
フロントは大きく魅力的なV字に型どられ、さらに大きさを増したアイアンマークと大型化されたエアインテークが自信に満ちたイメージを生み出しています。ノーズを型どるV字はさらに際立ち、フロントのエレメンツを縦方向と横方向に移動したことで立体的な奥行きを演出。ローワーグリルのディテールはさらにデザイン性を高め、切れ長のヘッドライトやフォグランプ周辺の装飾はラインに沿って上向きにリアへと流れるようなアングルを形成しています。また、ヘッドライト内側に新たに配置されたDNAライトがボルボの特徴である“Vシェイプボンネット”を際立たせ、夜間でも一目でボルボと認識する効果を高めます。
リアスタイルも印象を一新しています。真っ先に視界に飛び込むのは、ボルボXC60と同仕様のLEDライトが埋め込まれた特徴的なコンビネーションランプ。ランプユニットはリアパネルを構成する楕円に美しく同化し、視線を惹きつけます。バンパーを初めとするエレメントに採用された、新しい意匠とディテールが創り出す一体感はリアスタイルに躍動感を与え、NewボルボC70のデザインに奥深さをもたらしました。また、この新しいリアスタイルにより、車体をより低く構え、ワイドに見せる視覚的効果を実現。LEDをポジションライト、ブレーキライト、サイドマーカーランプに使用し、視認性も向上しています。
●ハイクラスなサウンドシステムを搭載
コンフォートな室内空間を演出するうえで、良質なサウンドシステムの存在は極めて重要です。C70はルーフの開閉や車速に合わせて最良のサウンドを提供すべく、音量そしてトーンセッティングを自動調整し、ハイクラスな音の再生を実現しています。「ハイパフォーマンス・オーディオ」および「USBポート」が標準装備となり、カーオーディオライフはより多彩に。また、プレミアムサウンドシステム搭載車(ラグジュアリーパッケージ)には、DYNAUDIO社のスピーカーシステムが搭載され、ドライバーに最上のサウンド体験をもたらします。あわせてHDDナビゲーションを標準装備しています。
◆価格は、消費税込みで5,490,000円
(ボルボ オフィシャルHP)
20100311.jpg
posted by Carmode at 17:19 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

Gクラスを一部改良

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデス・ベンツの最高級クロスカントリービークル「Gクラス」を一部改良し,3月3日より発売します。
今回の改良では、フロントシートの肩口の張り出しを強くすることにより乗員のホールド性を高めるとともに、電動ランバーサポートを採用し、乗員の腰まわりのサポート量の 調整が可能となり、特に長距離ドライブでの疲労を軽減します。
オーディオ機能には、携帯用音楽プレイヤーやUSB、外部入力対応のオーディオ 機器を車両に接続し、COMANDシステムでディスプレイに曲名などを表示して直接 コントロールすることが可能なメディアインターフェースを採用しました。
G 55 AMG ロングのインテリアには、メーターパネルやナビゲーション類の周りまですべて本革で仕上げたレザーダッシュボードと、ドアトリムと足元にアンビエントライト(間接照明)を採用し、エレガントで上質な雰囲気を演出しています(G 550 ロングにはオプション設定)。
◆価格は、消費税込みで13,400,000円(G 550 ロング)/17,800,000円(G55 AMG ロング)
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
20100303_3.jpg
posted by Carmode at 17:57 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GLクラスを大幅改良

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、フルサイズ・ラグジュアリーSUV、メルセデス・ベンツ GLクラス 「GL 550 4MATIC」の装備を改良し、3月3日より発売します。
今回の改良では、エクステリアの変更、安全性・快適性の向上を図りました。
エクステリアは、ラジエーターグリルとフロントバンパー、アンダーガードを大型化するととものにLEDドライビングライトを採用することで精悍なフロントマスクとなりました。また、迫力を増したリアバンパーやエグゾーストエンドと一体になリ大型化したリアアンダー ガード、LEDリアコンビネーションランプにより引き締まったリアビューを演出しています。さらに、大径の20インチ5ツインスポークアルミホイールとワイドタイヤを合わせることにより、足回りの存在感とたくましさを増しています。
インテリアは、本革巻ウッドステアリングの素材を柔らかい手触りでしっくりと手になじむ上質なナッパレザーに変更し、ダッシュボードやドアトリムにアンビエントライト(間接照明)を採用するなど、エレガントで上質な雰囲気を演出しています。
安全面では、ドライバーの前方への移動を抑え、シートベルトの効果を最大限に高めるSRSニーバッグや、ヘッドライトの照射角を上下左右にコントロールさせて、走行状況や天候に応じてドライバーの視界をサポートするインテリジェントライトシステムを標準装備しています。
また、速度や走行状態に応じてパワーアシスト量を調整するパラメーターステアリング、および、ステアリングの舵角に応じてギア比が変化するダイレクトステアリングを標準装備し、すぐれた直進安定性と俊敏なハンドリング、低速走行時の取り回しのよさを両立しています。
オーディオ機能には、携帯用音楽プレイヤーやUSB、外部入力対応のオーディオ機器を車両に接続し、COMANDシステムでディスプレイに曲名などを表示して直接コントロールすることが可能なメディアインターフェースを採用しました。
◆価格は、消費税込みで13,690,000円
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
20100303_2.jpg
posted by Carmode at 17:54 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GLKクラスを一部改良

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 ルセデス・ベンツのプレミアムコンパクトSUV「GLKクラス」を一部改良し,3月3日より発売します。
今回の改良では、フロントバンパー内にLEDドライビングライトを採用することにより、 夜間走行時のフロントマスクを精悍に演出します。従来のフォグランプ機能はヘッドライトユニットに集約しています。
安全面では、側面衝突の際に運転席や助手席の乗員の胴や骨盤周辺にかかる負担を軽減するSRSぺルビスバッグを新たに採用し、合計11個のエアバッグにより、さまざまな衝突事故における乗員保護機能を向上しています。
インテリアは、本革巻ウッドステアリングの素材を柔らかい手触りでしっくりと手になじむ上質なナッパレザーに変更しています。また、フロントシート後方もしくはリアシート後方に取り付けることにより、座席とラゲッジスペースを区切ることにより万が一の際に荷物が乗員に衝突することを防ぐ折りたたみ式のセーフティネットを搭載しました。
◆価格は、消費税込みで6,750,000円
(メルセデス・ベンツ オフィシャルHP)
20100303_1.jpg
posted by Carmode at 17:52 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

新型車 『我流 Classic』 (ガリュー クラシック) を発表・発売

株式会社光岡自動車は、新型車 『我流 Classic』(ガリュー クラシック)を3月3日より全国一斉発売します。
『我流 Classic』(ガリュー クラシック)は、1996年に発表した初代「我流」(ガリュー)のコンセプトを忠実に再現した新しい時代のクラシックカーです。
あの頃憧れたクラシックカーへの想いと、現代社会では目を背けることのできない環境への思い。新型車『我流 Classic』(ガリュー クラシック)は、現代社会に調和した新しいカタチのプレミアム・コンパクトセダンとして誕生しました。
●特徴
エクステリアデザインは、「我流」(ガリュー)のアイデンティティーである「大型ラジエターグリル」と「丸型2灯式ヘッドライト」を採用。堂々と高く構えたフロントグリルの存在感はドライバーの視点からも観て愉しむ事が出来、クルマの大きさを捉えやすいのも 『我流 Classic』(ガリュー クラシック)の魅力です。
インテリアデザインは、乗り心地や気分を満たす為に、デザイナーが時間をかけて厳選した3色の本革を使用。さらに、高級感とぬくもりを感じさせてくれる木目調パネルセットを用意しました。
ボディカラーは標準設定の6色の他に、30色(オプションカラー)を設定。
◆価格は、消費税込みで2,345,000円〜3,130,000円
(光岡自動車 オフィシャルHP)
20100302_2.jpg
posted by Carmode at 17:05 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュービートル最終モデルの特別仕様車、「ニュービートル プライム エディション」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、特別仕様車「ニュービートル プライム エディション」を設定し、3月2日から販売を開始します。
ベースとなるモデルは、1.6Lエンジンを搭載したエントリーグレードの「ニュービートル EZ」で、エクステリアには、16インチアルミホイールと、ダークティンテッドガラスを、インテリアには、レザーのステアリングホイール、ハンドブレーキグリップ、シフトノブを採用。さらに、前席には女性からのリクエストが多いシートヒーター、さらにパークディスタンスコントロールを搭載し、ニュービートルの上位グレード「ニュービートル LZ」にも匹敵する充実した装備としました。 
◆価格は、消費税込みで2,490,000円
(フォルクスワーゲン オフィシャルHP)
20100302_1.jpg
posted by Carmode at 17:04 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

MINI の春限定特別仕様車MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON「桜」が散るまでの期間販売

ビー・エム・ダブリュー株式会社のブランドMINI が桜シーズンの到来に向けて、桜をモチーフにした特別仕様車の販売を開始することを発表した。この特別仕様車は「MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON (ミニ・ミーツ・サクラ・エディション・ニッポン)」と名付けられ、全国のMINI 正規ディーラーで3 月2 日(ミニの日)より予約注文を開始する。尚、発売は桜前線の北上になぞらえ、西日本では3 月6 日(土)から、東日本では1週間後の3 月13 日(土)から開始される。さらに、この特別限定車は日本市場限定で、MINI ONE、MINI Cooper、MINI Cooper Clubman の3 つのモデルのみに用意され、桜が散るまでの期間販売される予定である*。
*車両の在庫には限りがございます。詳細はお近くのMINI 正規ディーラーへお問い合わせください。
【特別仕様車MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON について】
MINI meets SAKURA. EDITION NIPPON のために独自にデザインされた「桜」のモチーフがMINI のエクステリアやインテリアの各所に散りばめられ、特別感を演出している。また、これらに通常では設定のない特別な装備やオプションに加えてクローム・ライン・インテリアやクローム・ライン・エクステリア、ピアノ・ブラックのインテリア・サーフェスなどMINI のなかでも人気のオプションを装備していながら、通常モデルと比べると、MINI ONE は19 万円、MINI Cooper は24 万円、MINI Cooper Clubman は17 万円の価格上昇に抑えており、魅力的な価格を実現した。
◆価格は、消費税込みで2,410,000円〜3,060,000円
(ミニ オフィシャルHP)
20100301.jpg
posted by Carmode at 16:47 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。