carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年05月12日

『マツダ キャロル』、4WD車の新機種「GS4」を発売

マツダ株式会社は、『マツダ キャロル』の4WD車に新機種「GS4」を設定し、全国のマツダオートザム系、マツダ系、マツダアンフィニ系販売店を通じて5月12日発売します。
『キャロル』の「GS4」は、「GS」グレードの4WD・CVT車をベースに、アドバンストキーレスエントリー&キーレスプッシュスタートシステムやイモビライザーを採用したほか、リアシートを分割可倒式に変更するなど、日常での使い勝手を高めた4WD車です。
副変速機構付CVT(自動無段変速機)の採用により、燃費は、23.5km/Lを達成し、「環境対応車普及促進税制」(75%減税)、および「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となります。
なお、今回の「GS4」の設定に伴い、「GS」、「XS」グレードの全4WD車を「GS4」に一本化しました。
【キャロル GS4』の主な仕様、装備】
●携帯リモコンを身につけていれば、ブレーキを踏んでスイッチを押すだけでエンジン始動可能なキーレスプッシュスタートシステムを採用
●用途に合わせたアレンジが可能な分割可倒式リアシート、およびリアシートヘッドレストを採用
●盗難予防に効果のあるイモビライザーを採用
●運転席シートヒーターを装備
●ドアミラーの曇りなどを防ぐヒーテッドドアミラーを装備
●リアワイパーを装備
●4輪ABS(EBD・ブレーキアシスト付)を装備
◆価格は、消費税込みで1,120,350円
(マツダ オフィシャルHP)
20100512_1.jpg
posted by Carmode at 17:27 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MINIがエンジンを変更

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、同社が扱うブランドMINI(ミニ)の2010年3月生産以降の主要車種がエコカー減税の対象となることを発表した。
今回、MINIの2010年3月生産以降の車両には、より高い効率性とこれまで以上に高いパフォーマンスを実現した改良されたエンジンが搭載され、ブレーキ・エネルギー回生システムは全ての車両に、そしてエンジン・スタートストップ機能がマニュアル・トランスミッション車両に採用される。これにより、最大で約33%もの燃費改善と、同時に最大で9馬力ものエンジン出力アップを実現。燃費やCO2排出量を抑えながらも、エンジン出力など走行性能を高めようとするMINIMALISMのコンセプトを具現化し、9車種がエコカー減税の対象となる。そのうちの5モデルのマニュアル・トランスミッション車、MINI ONE(MT)、MINI Cooper(MT)、MINI Cooper Clubman(MT)、MINI Cooper Convertible(MT)、MINI Cooper S Convertible(MT)は自動車グリーン税制の対象車でもあり、さらに自動車税50%の免除を受けることができる。
◆価格は、消費税込みで2,170,000円〜3,620,000円
(ミニ オフィシャルHP)
20100512_2.jpg
posted by Carmode at 17:26 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。