carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年01月13日

新型アウディA6 / S6 / RS6を発売

アウディ ジャパン 株式会社は、プレミアムアッパーミドルクラスのアウディA6、アウディS6およびアウディRS6を改良し、本日より全国のアウディ正規ディーラーネットワークを通じて発売。
新型アウディA6は、低燃費と高性能を両立させる新しいスーパーチャージャー付エンジンをラインアップに新たに設定、パフォーマンスとともに燃費/環境性能を大幅に向上させました。全車標準採用のクワトロ(フルタイム4WDシステム)も、最新世代の非対称/ダイナミックトルク配分方式へと進化。また、新たな装備として、A6、S6 およびRS6に国内初導入となる先進の運転支援システム「アウディサイドアシスト」と「アウディレーンアシスト」をパッケージにした「アウディドライブアシスト」パッケージをオプション設定。さらに、580馬力を誇る究極の高性能セダン、アウディRS6が加わりました。
新たにラインアップの中核を担うアウディ A6 3.0 TFSIクワトロは、ダウンサイジングコンセプトによる3.0リッターV型6気筒FSIガソリン直噴エンジンに、レスポンスに優れるスーパーチャージャーを組み合わせ、従来の 4.2リッターV8モデル並みのトルク(420Nm)を発揮しながら、10・15モード燃費は従来の3.2リッターV6モデル(8.7km/ℓ)を凌ぐ9.4km/ℓ、CO2排出量253.5g/kmを達成。また、A6 2.8FSIクワトロ に搭載される2.8リッターV6 FSIエンジンは、細部の見直しと徹底したフリクション(摩擦抵抗)の低減により、従来比10馬力アップの最高出力220馬力、10・15モード燃費9.7km/ℓ、CO2排出量244.4g/kmを実現。
エクステリアもよりスポーティに、エレガントさに磨きがかかりました。新型アウディA6のフロントフェイスは、アウディブランドのアイデンテティであるLEDポジショニングランプが内蔵され、個性的な表情を演出。対向車からの視認性も高く、安全向上にも寄与します。そして、よりワイドになった左右のエアインテークグリルや、力強さを増したシングルフレームグリルにより、フロントフェイスはよりダイナミックな造形へと進化しました。セダンモデルはワイドデザインのLEDテールライトを採用。夜間走行時には周囲に配置されたLEDが鮮やかに光り、アウディならではのエレガントさを演出します。
(アウディ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで6,450,000円〜8,930,000円(A6)/12,280,000円〜12,600,000円(S6)/16,450,000円〜16,800,000円(RS6)
20090113_7.jpg
posted by Carmode at 18:34 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。