carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年02月24日

スバル インプレッサ WRX STIを一部改良あわせて「WRX STI A-Line」を追加設定

富士重工業は、スバル インプレッサ WRX STIに一部改良を施すとともに、「WRX STI A-Line」を追加設定し、2月24日より発売する。
新たに追加設定する「WRX STI A-Line」は、WRX STIをベースに、専用の2.5L水平対向4気筒ターボエンジン、スポーツシフトE-5ATを組み合わせ、WRX STIの持つ走りの愉しさを提供するモデルである。
【WRX STI A-Lineの商品概要】
1.エンジン
●専用の2.5Lターボエンジンを搭載。シングルスクロールタイプのターボチャージャーを採用し、2,800回転から最大トルクを発生するフラットなトルク特性を実現。
●吸排気バルブの開閉タイミングを連続的にコントロールするデュアルAVCSを採用。
●吸気の流れをコントロールして燃焼効率を高めるTGVを採用。
2.ドライブトレーン
●ドライバーが任意でエンジン特性を切り替え、3種類のエンジンを使い分けるよう走行特性を選択できるSI-DRIVEを採用。
●ステアリングから手を離さずシフト操作が可能なパドルシフトを装備。また、スムーズでレスポンスの良い変速を実現するダウンシフトブリッピングコントロール(回転数同期制御)を搭載。
●Dレンジのままでもパドル操作のみで一時的にマニュアルモードへ切り替えることができるテンポラリーマニュアルモードを採用。
●VTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD]を採用。
●フロント17インチ2ポット、リヤ16インチの専用ベンチレーテッドディスクブレーキを採用。
3.インテリア
●運転席8ウェイパワーシート付のファブリック/合成皮革と本革の2種類のシートを設定するとともに、本革シートにはフロントシートヒーターを装備。
●シルバーのダブルステッチを施したソフトレザー表皮のドアアームレストを装備。
●本革巻ATセレクトレバー周りに、シフトブーツと金属調処理を施したリングを装備。
【WRX STIの主な改良ポイント】
●運転席8ウェイパワーシートの採用。
●ボディ色に、「サテンホワイト・パール」を採用。
●ヒルスタートアシストにキャンセル機能を追加。
●マルチモードVDCのモード切替の操作方法を変更。
(スバル オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,150,000円〜3,685,500円
20090224_1.jpg
posted by Carmode at 18:31 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。