carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年03月11日

トヨタ自動車、世界初「後席センターエアバッグ」を開発

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、側面から衝突された際、後席で隣に座る乗員への二次衝突などによる被害の軽減に寄与する「SRS*1後席センターエアバッグ」を世界で初めて*2開発し、近々発売予定の新型車に採用する。
今回開発したエアバッグは、後席中央に固定式の大型センターコンソールが設定された車において、センターコンソールの最上部に搭載される。側面から衝突された際にエアバッグが展開し、センターコンソールおよび隣に座る乗員などとの二次衝突による衝撃を緩和し、被害の軽減に寄与する。
トヨタは、SRSカーテンシールドエアバッグ、SRSニーエアバッグをいち早く実用化するなど、衝突安全において、より多様な事故に対応すべく、実安全性能の向上を追求した技術開発を進めてきた。今後も「サステイナブル・モビリティ」実現に向けた取り組みの一環として、モビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロの実現」に貢献するため、統合安全コンセプト*3に基づく「安全な車両・技術開発」はもとより、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化していく。
*1 SRS : Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)
*2 2009年2月末時点。トヨタ調べ
*3 安全技術・システムの連携により、運転状況に応じた最適な運転支援を行い、「事故を起こさないクルマ」の実現を目指す、トヨタの安全技術・車両開発の考え方
(トヨタ オフィシャルHP)
20090311.jpg
posted by Carmode at 17:59 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。