carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年05月14日

プジョー308『CC』、発売開始

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は、プジョーのミディアムモデル、308シリーズにフル4シーターモデル 「308CC」を追加、6月1日(月)より販売を開始します。
「308CC」のボディサイズは、先代の「307CC」より全長で+75mm、全幅で+60mm、全高で−5mmと、ロー&ワイドなボディサイズとなっています。
エクステリアデザインは、フロントとボンネット以外は全て「CC」専用デザインのボディパネルデザインが採用されています。特にフロントデザインは、シリーズ最強モデル「GTi」と共通のスポーツタイプのバンパーが採用されます。
サイドデザインは張り出しのある美しいプレスラインで構成されており、ウエストライン上にはリアサイドウインドウまで伸びるクロームガーニッシュがアクセントとなり、サイドビューを引き締めています。
リアデザインはトランクリッドからリアフェンダーまで一体化され、ボリューム感溢れるデザインが採用されました。テールランプは視認性に優れたLED式を採用、立体感のある美しさを演出。
インテリアはカブリオレモデルとして、「見せる」事と「機能性」の両方を意識した2種類の内装が採用されました。シートがレザー仕上げとなった“レザー仕様”と、シート、ドア内張り、及びダッシュボードまでレザー仕上げの“インテグラルレザー仕様”の2種類、それぞれブラック、ヴィンテージ、グレージュ/ラマの3色の内装色が設定され、組み合わされるボディカラーは全8色です。
「308CC」の最大の特徴である、2分割電動油圧式ルーフ開閉システムは、先代モデル307CCのシステムを継承しつつ、精度及び信頼性が大幅に向上しています。ルーフの開閉操作は、センターコンソール部に設置された専用スイッチで行い、開閉に要する時間は約20秒。
前席/後席は、308CC専用にデザインされた、ヘッドレスト一体型 スポーツシートが装備されています。前席には8ウェイの電動アジャスト機能、及び後席への乗り降りを容易にする“イージーアクセス機能”を標準装備、また運転席にはポジションメモリー機能も備えています。
日本に導入されるモデルバリエーションは、1.6リッター直噴ターボチャージャー付エンジンに4速ATを搭載し、レザーシート及び16インチアルミホイールを装着した「308CC Premium(プレミアム)」、同エンジンを搭載し、内装に“インテグラルレザー仕様”を採用、ハイエンドな装備を備え17インチアルミホイールを装着した「308CC Griffe(グリフ)」の2種類、いずれも右ハンドルとなります。
また、「308CC Griffe」は、受注生産により左ハンドル車の選択も可能です。
(プジョー オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,200,000円(308CC Premium)/4,550,000円(308CC Griffe)、年内300台の販売を予定しています。
20090514_3.jpg
posted by Carmode at 19:24 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。