carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年05月25日

フォルクスワーゲン新型「シロッコ」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、コンパクトスポーツクーペの「シロッコ」を、5月25日より発売します。
日本において約20年ぶりに復活する3世代目となる新型「シロッコ」は、1.4L TSIエンジンやDSGなどフォルクスワーゲンの最新技術を投入し、優れた走行性能と低燃費を両立させることで“スポーツ&エコ”という現代のスポーツカーの新しい形を提案します。
【新型シロッコの主な特徴】
○前衛的なデザイン
フロントには水平基調のフォルクスワーゲンの新しいブランドフェイスを採用。サイドのシャープなキャラクターライン、全高1,420mmx全幅1,810mmというロー&ワイドなプロポーションを強調する張り出したリヤフェンダーとボディより極端に狭く絞り込まれたルーフが形造る印象的なリヤデザインなどが、シロッコをスポーツカーらしい躍動感あるデザインに仕上げています。
○卓越した走りの性能
フォルクスワーゲンの新世代エンジン「TSI」と、革新的なトランスミッション「DSG」を採用。直噴+過給システムにより排気量1.4Lと2.0Lから160PSと200PSの最高出力をそれぞれ発揮し、しかも燃費は15.8km/lと13.2km/l(10・15モード)と、走る楽しさと環境性能を両立させています。また、ワイドトレッドで低重心のシロッコは、専用設計のスポーツサスペンションやアダプティブシャシーコントロール“DCC”(2.0TSIに搭載)を採用。
○プレミアムスポーツクーペに相応しい充実した装備
シロッコは全車に標準で、バイキセノンヘッドライト、RNS 510(新世代HDDナビゲーションシステム)、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、オプティカルパーキングシステム、パドルシフトを装備。さらに2.0TSIモデルにはレザースポーツシートと、サスペンションの減衰力を3つのモードから選択できる「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」、18インチアルミホイールが装備されます。
○高い実用性
シロッコはスポーツカーながら、実用性も犠牲にしていません。シートは完全独立の4座が装備され、リヤシートにも大人2名の乗車が十分に可能です。さらに、ラゲージルームは312L (ISO測定法による)を確保し、可倒式シートを折りたためば最大1,006 L まで拡大できます。
今回導入するシロッコは2つのグレードが設定されます。「シロッコ TSI」は、直噴ツインチャージャーを採用した1.4L TSIエンジンと7速DSGを搭載。一方、「シロッコ 2.0TSI」は、より本格的な走りを追求するため147kW(200PS)を発生する直噴ターボエンジン採用の2.0L TSIと6速DSGが組合わされる。
(フォルクスワーゲン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,920,000円〜4,470,000円
20090525_2.jpg
posted by Carmode at 18:00 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。