carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年06月23日

MINI John Cooper works クラブマンMINI john cooper works コンバーチブル2 つのハイパフォーマンスモデルがMINI のラインナップに追加

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、MINI John Cooper Worksのラインナップに、新たに2 つのボディ・タイプ、「MINI John Cooper Works Clubmanおよび、「MINI John Cooper Works Convertible」を追加することを発表。新たに追加される2 つのモデルは6 月23 日より予約注文受付を開始。納車は2009 年7 月中旬以降を予定。
今回の発表により、MINI John Cooper Works のハッチバック・モデルに、ユニークなシューティングブレークというコンセプトを採用したクラブマンと、オープンモデルの楽しさを極限まで追及したコンバーチブルが加わり、ハイパフォーマンスなMINI の象徴である「MINI JohnCooper Works」ブランドの製品は3 つのモデル・ラインナップとなります。
【MINI John Cooper Works Clubman とMINI John Cooper Works Convertible のポイント】
◆ツインスクロール・ターボチャージャーおよびダイレクト・インジェクション・システムを採用した4 気筒エンジンの最高出力は155kW(211hp)/6,000rpm、最大トルクは、260Nm/1,850〜5,600rpm(オーバーブースト時は280Nm/2,000〜5,300rpm)。ベースモデルであるMINI Cooper Sに搭載されるエンジンのピストン、バルブ、ターボチャージャー、インテーク・システム/エキゾースト・システムにレーシング・ユースを考慮した最適化を施し、出力・トルクともに向上させました。
◆高い効率性は、どちらのモデルにも共通しています。EU テストサイクルでのMINI JohnCooper Works Clubman の平均燃料消費は、14.3km/l(100km あたり7.0 リッター)、MINIJohn Cooper Works Convertibleの平均燃料消費は、14.1km/l(100kmあたり7.1 リッター)です。1km走行あたりのCO2排出量はMINI John Cooper Works Clubmanで、167g、MINIJohn Cooper Works Convertibleで169gです。
◆MINI John Cooper Works Clubman および、MINI John Cooper Works Convertibleに搭載されるエンジンはMINI のワンメークレース、MINI CHALLENGEで使用されるレースカーと全く同じエンジン。両モデルに搭載される専用デザインによる超軽量アロイ・ホイール、高性能ブレーキ・システム、新開発のエキゾースト・システム、改良型6 速マニュアル・トランスミッションは、いずれもニューMINI John Cooper Works CHALLENGE のレースカーから受け継いでいます。
(ミニ オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,890,000円〜4.140.000円
20090623.jpg
posted by Carmode at 18:29 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。