carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年06月25日

フィアット 500のオープントップモデル フィアット 500Cの予約受付開始

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社では、フィアット 500のオープントップモデル、フィアット 500Cを2009年9月26日より販売開始します。またこれに先行して7月4日より予約受付を開始。
今回フィアット 500Cにラインナップされるのは、1.2リッターエンジンを搭載するフィアット 500C 1.2 8V ポップ (FIAT 500C 1.2 8V POP) と、1.4リッター DOHC エンジンを搭載するフィアット 500C 1.4 16V ラウンジ (FIAT 500C 1.4 16V LOUNGE)、そしてその特別仕様で限定50台となるフィアット 500C 1.4 16V ラウンジ SS (FIAT 500C 1.4 16V LOUNGE SS) で、3車ともATモード付5速シーケンシャルトランスミッション『デュアロジック』を装備する右ハンドル仕様です。
フィアット 500Cは、2代目フィアット 500のオープントップモデルのイメージを再現しながら、7つのエアバッグを始めとするセグメントトップの安全装備、大人4人が快適に乗車できる居住性、そして平行四辺形の巧妙なヒンジ機構でソフトトップの開閉を行うことによって充分なトランクスペース確保するなど、ベースモデルのフィアット 500の長所もそのまま活かされています。
フィアット 500と同等のボディサイズ (L:3,545mmxW:1,625mmxH:1,505mm) と、大きな開口面積を誇るソフトトップを与えられたフィアット 500Cは、わずかな重量増でこの開放感を実現。
さらに、通常のオープンモデルではトランクリッドの高さに固定して装備されるハイマウントストップランプの取付位置も、フィアットならではのユニークさとフィニッシュでソフトトップに一体化されています。このランプユニットは、ソフトトップを閉めている時にはベースモデルと同じルーフ後端に位置することになり、高い位置から後続車の注意を喚起し安全性を高めています。
また、ソフトトップに一体化されるリアウィンドーは熱線式デフロスター機能付のガラス製で、視認性に優れています。従来の小型ソフトトップモデルに見られた、透明の軟質素材で作られたリアウィンドーの問題を解消したばかりでなく、選び抜かれたソフトトップの素材やその構造ともに耐候性/経年劣化の心配もありません。
そして、フィアット 500C 1.4 16V ラウンジではベースモデルでは設定されていなかった三層仕上げのパールペイントが標準仕様となり、新色のラガマフィン レッドもフィアット500レンジのカラーバリエーションに加わりました。フィアット 500C 1.4 16V ラウンジ SSはレザーシートとクローム仕上げのヒーテッド電動ドアミラーなどが標準装備となる50台限定の特別仕様車となっています。
(フィアット オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,390,000円〜2,990,000円
20090625_3.jpg
posted by Carmode at 17:46 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。