carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年06月29日

新世代「ディスカバリー4」予約注文を開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「ディスカバリー」のすべてを一新した「ディスカバリー4」の予約注文を2009年6月29日より開始します。なお、正式な発売開始は11月を予定しています。
「ディスカバリー4」の新しいパワーユニットには、新開発の5.0リッター375ps(276kw) V8エンジンを搭載しています。業界初となるセンターマウントされたスプレーガイデッド・ガソリン噴射システムや、トルク駆動独立デュアル可変カムシャフトタイミングを採用したことにより、歴代最高のパワートルクを獲得し、従来の4.4リッターエンジンと比較して出力が25%、トルクが16%向上しています。一方、EU複合サイクルによる燃費は7%向上し、CO2の排出量は8%低減しました。(データは英国本国仕様の場合)
エクステリアは、ひと目見てディスカバリーだとわかる、歴代モデルの幾何学的かつ建築的なデザインを踏襲しながら、プレミアム感を一層高めました。フロントグリルとフロントフェンダーベントには、チタンフィニッシュの高級感あふれる特徴的なメッシュデザインを採用し、一段と滑らかでシンプルになったフロントエンドには、スポーティな印象を与えるLEDテクノロジーによる新しいデザインのライトを装着。また、フロントバンパーには5.0リッターV8エンジンに対応するための冷却用の大きな開口部が設けられており、これは車両の空力性能にも貢献しています。
インテリアについても、ディスカバリーならではの機能性とコマンドドライビングはそのままに、居心地のいいプレミアムな空間へと進化させました。数多くのコントロール類を減らすことでインテリアデザインはスムーズで流れる印象になったうえ、ドライバー側に向けられたセンターコンソールにより視認性と操作性も向上。さらに、シート形状およびフロントシートのサポート性とすわり心地にも改良を加え、ステアリングヒーターを装備した新しいステアリングとともに、長時間のドライビングがより一層快適になりました。
このほかにも、オフロード・ドライビングのノウハウを知り尽くしたランドローバーが独自に開発したテレイン・レスポンスTMシステムや、ヒル・ディセント・コントロールについても更なる向上を図ったことで、走破性、コントロール性を高め、クラストップの幅広い能力を持ち合わせている7シーターモデルの実力は、さらなる進化を遂げました。
(ジャガー・ランドローバー オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで7,930,000円(HSE)/6,730,000円(SE)を予定しています。
20090629_1_1.jpg 20090629_1_2.jpg
posted by Carmode at 18:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。