carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年07月14日

LEXUS、HS250hを新発売

LEXUSは、LEXUSブランド初のハイブリッド専用モデルとなるHS250hを開発し、7月14日より発売。
HS250hは、LEXUSの「高級の本質」を追求するという理念のもと、その名の由来である「Harmonious Sedan」をテーマに、地球並びに人との調和に加え、上質との調和も備えたクルマを目指して開発した。
具体的には、ハイブリッドシステムの搭載などにより、プレミアムセダンとしては優れた燃費性能23.0km/Lと高い動力性能を両立するとともに、植物を原料とした環境負荷低減素材であるエコプラスチックを内装部品などに積極的に採用。さらに、動作、視線移動といった人の負担をできる限り少なくし、ドライビングに集中できる環境づくりを追求したコックピットを採用するなど、他とは一線を画す“プレミアムセダンの新種”である。
なお、HS250hは日本に続き、9月より北米での販売を予定している。
【主な特長】
1.プレミアムセダンとして群を抜く優れた燃費・環境性能と関連技術
●2.4Lアトキンソンサイクルエンジンとモーター、リダクションギヤを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。プレミアムセダンとしては群を抜く燃費性能23.0km/Lを実現
●アクセル操作量に対する出力を穏やかにするなど、いっそうの低燃費に寄与する「エコモード」と、ドライバーのエコドライブを視覚的にサポートする「ハイブリッドシステムインジケーター」を採用
●燃費を向上させるアイテムとして、排気熱再循環システム、IR(赤外線)カットガラス、LEDランプなどを採用
●ドライバーのエコドライブを評価。付与したポイントに応じ、社会貢献活動にも寄与できるメニューを提供するなど、ドライバー自身が楽しみながらエコドライブを継続できるようサポートする「ハーモニアスドライビングナビゲーター」を搭載
●植物を原料としたエコプラスチックを、世界で初めてラゲージトリムの表皮材に採用。さらに、スカッフプレートやツールボックスなどの射出材およびシートクッションのフォーム材などへ幅広く採用
2.「空力性能向上」と「人を中心に考えたコックピット」を追求したデザイン
●エクステリア
「L-finesse」に基づき、ハイブリッド専用モデルにふさわしい先進性を追求し、優れた燃費性能に寄与する空力性能と居住性を両立したエクステリアデザイン
●インテリア
運転中の視認性と操作性を高次元で両立した「人を中心に考えたコックピット」の具現化による先進的なドライビング空間と、洗練された美しさを追求したインテリアデザイン
3.優れた実用性をもたらすインテリジェントパッケージ
●ボディサイズと居住性のバランスに優れたインテリジェントパッケージにより、ゆとりのある室内空間とラゲージ容量を実現するとともに、前方視認性と乗降性にも配慮
4.優れた安全性能
●プリクラッシュセーフティシステム(ドライバーモニター付ミリ波レーダー方式)をはじめとした先進技術の採用とともに、乗員を包み込むように保護する最大10個のエアバッグを装備するなど、高い安全性能を追求
(レクサス オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,950,000円〜5,350,000円
20090714.jpg
posted by Carmode at 17:27 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。