carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年08月18日

マツダ、クリーンディーゼルSUV「Mazda CX-7」をフランクフルトモーターショーに出品

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2009年9月15日から27日に開催される第63回フランクフルトモーターショーに、「Mazda CX-7」マイナーチェンジモデル(欧州仕様)を出品します。新たにラインアップに追加したMZR-CD 2.2Lディーゼルエンジン車は、「SCRシステム」を搭載することで窒素酸化物の排出量を大幅に低減し、欧州の厳しいエミッション規制「Euro5」に適合する優れた環境性能を実現しています。CX-7ディーゼルエンジン車は、2009年10月に欧州、11月にオーストラリアでの販売開始を予定しています。
SCRシステムは、尿素水「AdBlue®」を触媒の手前の排気管内に噴射し、排出ガスと化学反応させることで、排出ガス中の窒素酸化物を約40%も無害な窒素に変える排出ガス浄化処理システムです。これまでは、システムが大きいためトラックなど大型車に搭載例があるだけですが、マツダは荷室下部に設けたAdBlue®の貯蔵タンクをはじめシステム全体の小型・軽量化を実現し、日本車メーカーとして初めて乗用車への搭載を可能にしました。CX-7ディーゼルエンジン車は、ガソリンエンジン車と同じ荷室容量455L(VDA方式)を確保しています。また、マツダのSCRシステムはAdBlue®の消費量の低減を図り、通常走行の場合2万km以上無補給で走行できます。
(マツダ オフィシャルHP)
20090818_4.jpg
posted by Carmode at 18:08 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。