carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2009年08月25日

新型「ゴルフ GTI」販売開始

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、フォルクスワーゲンの人気車種「ゴルフ」のスポーティモデルである新型「ゴルフGTI」を2009年9月5日より発売。
【新型ゴルフGTIの主な特徴】
■GTIらしいパワフルな走りを実現する高出力・低燃費が特徴のパワートレーン
新型ゴルフGTIに搭載されるのは、高性能と経済性が特徴的な新世代の直噴ターボエンジンである2.0L TSIエンジン。コンパクトな構造とすることで、摩擦ロスを減らし燃費向上を図るとともに、メンテナンス性の向上も実現。最高出力は155kW(211PS)/5,300-6,200rpmで先代GTIより11馬力向上。最大トルク280Nm(28.6kgm)は1700rpmという低回転から発生。トランスミッションは、燃費向上にも大きく貢献する湿式6速DSGを搭載することで10・15モード燃費は13.0km/Lと、歴代GTIで一番の低燃費を実現、2010年燃費基準を達成。
■新技術を採用したGTI専用シャシーがダイナミックな走りを可能に
GTI専用にチューニングされたスポーツサスペンションは、フロント22mm、リヤ15mmローダウンし、スプリングやダンパー、リヤスタビライザーが最適化されています。さらに、新型GTIには“XDS”と“DCC”という2つの新技術が採用されています。
■“GTI”のパフォーマンスを引き立てる専用のエクステリア
新型ゴルフGTIには、ラジエーターグリルにはハニカムデザインが採用され、その上下に伝統の赤いラインを配し“GTI”であることを主張。さらに専用バンパー中央部に組み込まれた大型のハニカムデザインのエアインレットや、両端に配された専用デザインの縦型フォグランプなどが、スポーティかつダイナミックなGTIを象徴。また、GTIには新設計のダイナミックコーナリングライト付きバイキセノンヘッドライトが標準装備されています。このバイキセノンヘッドライトには走行速度に応じて光軸を調整し配光パターンを自動調整する機能が採用されており、様々な速度域で常に最適な照射範囲を確保。夜間の安全走行をサポート。
■スポーティさとダイナミックさを演出する数々の専用インテリア
GTI専用のトップスポーツシートには、赤と白のラインが織り成すチェックのファブリックパターンが採用され、アルミのGTIロゴプレート付専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、レザーシフトノブ、レザーハンドブレーキグリップには、クロームのアクセントに加えて赤いステッチが施されています。さらに、アルミ調ペダルクラスターや、ブラックルーフライナーなどを採用することで通常のゴルフとの差別化を図り、インテリアでもスポーティさを表現。メーカーオプションとしては、レザーシート(運転席パワーシート)、電動ガラススライディングルーフの他、RNS 510(HDDナビゲーションシステム/地デジTV受信)とリヤビューカメラ”Rear Assist”のセットオプションを設定しています。
(フォルクスワーゲン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで3,660,000円
20090825_1.jpg
posted by Carmode at 14:58 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。