carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年01月14日

シロッコの高性能モデル「シロッコ R」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、コンパクトスポーツクーペ「シロッコ」に、スポーツチューニング仕様の“R”シリーズ「シロッコR」を導入し、2月5日より発売します。同時に「シロッコ 2.0TSI」の仕様を一部見直し、1月14日から販売を開始します。
日本における“R”シリーズとして、ゴルフ、パサート ヴァリアントに次ぐ第3弾となる「シロッコ R」は、2年連続クラス優勝を果たしたドイツのニュルブルクリンクサーキットでの24時間耐久レースで培った性能、安全性を盛り込んだハイパフォーマンスモデルです。「ゴルフ R」と同じ最高出力256PS、最大トルク330Nmの2リッター TSIエンジンと6速DSGを搭載。同じ2リッター TSIエンジンを搭載する「シロッコ 2.0TSI」よりもパワーで20%、トルクは18%向上しており、“R”シリーズらしいダイナミックな走りを可能にしています。また燃費についても、TSIとDSGの技術により13.0km/Lと、高性能モデルとしては極めて優れた値を実現。2010年の燃費基準も達成しています。
「シロッコ R」は、“R”シリーズ初のFFモデルです。専用チューニングを施したスポーツサスペンション、アダプティブシャシーコントロール“DCC”や、ゴルフ GTIに初搭載された電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”を採用。さらに電動パワーステアリングの特性はよりスポーティな設定に変更され、エンジンのパワーアップに合わせブレーキも強化されています。
エクステリア、インテリアにおいても数多くの専用装備が採用されています。低重心、ワイドトレッドで、前衛的な躍動感のあるデザインが特徴のシロッコに、専用エアロパーツが追加され、LEDのポジショニングライトや、左右出しのクロームツインデュアルエキゾーストパイプ、専用デザインのアルミホイールなどが、「シロッコ R」をプレミアムスポーツカーに仕立て上げています。インテリアでも、“R”ロゴ付の専用レザーシート、ステアリングホイール、ドアシルプレートなどの専用装備が採用されています。
また、シロッコですが、今回は上位グレードである「シロッコ 2.0TSI」のエンジンスペックを一部変更し、最高出力を200PSから211PSに11PSアップ。さらにナビゲーションシステムの機能を向上させました。
(フォルクスワーゲン オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで4,570,000円(シロッコ)/ 5,150,000円(シロッコR)
20100114_4.jpg
posted by Carmode at 18:24 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。