carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年01月14日

三菱自動車、特別仕様車『コルト RALLIART Version-R Special』を一部改良して発売

三菱自動車は、2008年5月に発売した特別仕様車『コルト RALLIART Version-R Special(ラリーアート バージョンアール スペシャル)』を、2月18日(木)から再び発売する。
『コルト RALLIART Version-R Special』は、4つのドア開口部に「連続シーム溶接」を採用することでボディ剛性を大幅に高めたほか、外観・内装にも数々の専用装備を施した。
ベース車『コルト RALLIART Version-R』からの変更内容は以下の通り。
1.ボディ
●4つのドア開口部で、ボディパネル貼り合わせ部分の全周を、従来のスポット溶接に加えて、熟練工の手作業による「連続シーム溶接」を施した。これにより、従来のボディと比べて曲げ剛性で約10%向上し、車両のピッチング(縦揺れ)及びロール(横揺れ)が抑えられタイヤの接地性が向上。ドライバーの意図に忠実なステアリングレスポンス(操舵応答性)とトラクション(駆動力)性能を実現。
2.エクステリア
●ラリーアート社製のスポーツマフラーを採用。メインマフラー容量とパイプ径を増大させることにより排気効率を高め、重厚なスポーティサウンドを実現。また、メインマフラーからテールパイプまでを鏡面仕上げのステンレス製とすることで、迫力あるリヤビューを演出。
●専用のシルバー塗装を施した12本スポークデザインの16インチアルミホイールを採用し、足元の印象を引き締めた。(2008年5月発売車からの変更点)
●テールゲート右下部に専用バッジを装着。
●ボディカラーは、今回の再発売に伴い、チタニウムグレーメタリックを新たに設定したほか、レッドメタリック、ブラックマイカの3色展開とした。(2008年5月発売車からの変更点)
3.インテリア
●身体のホールド性を高めるレカロ社製のフロントバケットシートを採用。
●本革巻きのステアリングホイール及びシフトノブに、専用のシルバー色のステッチを施した。
●インストルメントパネルのセンターサイドパネル及びエアアウトレットリングをカーボン調とし、スポーティなドライビング空間を演出。
(三菱自動車 オフィシャルHP)
◆価格は、消費税込みで2,320,500円
20100114_1.jpg
posted by Carmode at 18:29 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。