carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年04月20日

TOYOTA、プレミオならびにアリオンをマイナーチェンジ

TOYOTAは、プレミオならびにアリオンをマイナーチェンジし、4月20日より発売した。
今回のマイナーチェンジでは、1.8L車に高い動力性能と優れた環境性能を両立した新世代エンジン動弁機構「バルブマチック」を新たに採用するとともに、フロントを中心とした外観の意匠変更や内装の質感向上により、プレミオは格調の高さ、アリオンは洗練さをより強めたデザインとしている。
具体的には、1.8L・2WD車で燃費を18.6km/L(従来型差+1.6km/L)、4WD車で15.6km/L(従来型差+1.2km/L)に向上し、2WD車は「平成22年度燃費基準+15%」、4WD車は「平成22年度燃費基準+20%」を達成。これにより1.5L車・1.8L車・2.0L車全てにおいて、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税・自動車重量税が50%減税される。
【プレミオ】
外装は、フロントグリル・リヤコンビネーションランプなどの意匠を変更するとともに、新意匠の15インチアルミホイールを設定。外板色には、新色ダークブルーマイカを含む、全7色を設定している。
内装は、シート表皮(ファブリック)の色と柄を変更するとともに、一部グレードにおいて木目調パネルに深みのあるダークブラウンを採用し、一段と上質感を高めている。
また、フロントグリル、メーター、本革シート表皮、木目調パネル(チークブラウン)に専用デザインを施すなど、一段と高級な仕様とした2.0G“SUPERIOR パッケージ(スペリア パッケージ)”を新たに設定するとともに、装備を厳選することでエントリー価格を引き下げるなど、より魅力的なラインアップとしている。
【アリオン】
外装は、めっき処理を施した横バー基調のラジエーターグリルや丸型3連ヘッドランプの採用により、精悍な表情を創り出すとともに、フォグランプ一体型のロアグリルにより低重心かつワイドな構えを表現し、新意匠の15インチアルミホイールを採用するなど、アリオンの洗練された高級感を強化したデザインとしている。また、A20“S パッケージ”・A18“S パッケージ”では、サイドマッドガードの専用装備など、スポーティ感に磨きをかけている。外板色には、新色ベージュメタリックを含む、全7色を設定している。
内装では、シート表皮(ファブリック)の色と柄を変更するとともに、一部グレードにおいて木目調パネルに深みのあるダークブラウンを採用し、一段と上質感を高めている。
また、主要グレードにおいて装備を厳選することで価格を抑え、魅力的なラインアップとしている。
◆価格は、消費税込みで1,700,000円〜2,700,000円(プレミオ)/1,690,000円〜2,400,000円(アリオン)
20100420_1_1.jpg 20100420_1_2.jpg
posted by Carmode at 17:43 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。