carmode メーカープレスリリースは、
クルマ関連ニュースの中でお伝えしてまいります。

今後は、
新しいサイト(http://blog.carmode.net/carnews/)
でお楽しみください!

2010年04月26日

TOYOTA、カローラアクシオならびにカローラフィールダーの燃費を向上

TOYOTAは、カローラアクシオならびにカローラフィールダーを一部改良するとともに、カローラフィールダーに特別仕様車S“202”を設定し、4月26日より発売した。
今回の改良では、1.5L・2WD車(CVT)において、エンジン・トランスミッション制御の最適化などにより、燃費を20.0km/L(カローラアクシオ、カローラフィールダーともに従来型比+1.4km/L)に向上、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。
また、1.8L全車に新世代エンジン動弁機構「バルブマチック」を搭載したエンジンを新たに採用し、Super CVT-iと組み合わせることで、低燃費かつ爽快な走りを実現している。1.8L・2WD車は、燃費を18.6km/L(カローラアクシオ:従来型比+1.4km/L、カローラフィールダー:従来型比+1.8km/L)とし、「平成22年度燃費基準+15%」を達成したほか、1.8L・4WD車は、燃費を15.6km/L(カローラアクシオ、カローラフィールダーともに従来型比+1.2km/L)とし、「平成22年度燃費基準+20%」を達成している。
これにより、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税と自動車重量税が1.5L車で75%(従来型は50%)、1.8L車で50%減税される。
また、カローラアクシオ、カローラフィールダーの1.8L全車に、ステアリングオーディオスイッチを装備し、操作性を向上させた。
さらに、同時に発売するカローラフィールダー特別仕様車S“202”は、「S」をベースに、S“AEROTOURER”の装備に加え、デコクレ第3弾として昨年10月に発売したX“202”同様、「ブラック・レイヤード*5」をキーワードに、黒を基調とした特別装備を採用し、スタイリッシュかつファッショナブルな内外装としている。
【S“202” 特別装備】
●専用外板色 レイヤードブラック<202>
●ダークメタリックアルミホイール
●専用フロントグリル(専用色塗装)
●専用グレードエンブレム
●ピアノブラック塗装(センタークラスタ−パネル、パワーウインドウスイッチベース、インサイドドアハンドル)
●シンセティックレザー(コンソールボックス[フタ付・スライドアームレスト機能付]、ドアトリム)
●本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ(ホワイトステッチ入り)
●ホワイトパイピング入りシンセティックレザーシート表皮
●専用フロアマット(ホワイトアクセント入り・専用プレート付き)
●専用シートベルト(ホワイト)
◆価格は、消費税込みで1,395,000円〜2,440,000円(カローラアクシオ)/1,595,000円〜2,277,500円(カローラフィールダー)/2,205,000円〜2,373,000円(カローラフィールダー特別仕様車)
(トヨタ オフィシャルHP)
20100426_1.jpg
posted by Carmode at 17:54 | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。